韓国専門家「韓国が出している案は、『相応』措置ではない」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

長期シリーズ(?)になった「輸出規制」エントリー、今日も続きます。

前にも同じ趣旨を書いたことがありますが、個人的に注目していることもありますが、韓国側の日本関連ニュースのほとんどが本件である・・という事情もあります。

今日は(今日も)聯合ニュースが「韓国政府の相応措置」について書いていて・・「日本からの輸入、日本への輸出を規制するなどの案もあるけど、事実上、具体的な話は何もない」とした後、

「それらの案は、そもそも『相応』措置ではない」という意見を紹介しています。

今回の日本の輸出規制はいままで(韓国に対して)便宜を図る制度を適用しなくなっただけで、日本に対して便宜を図る制度が無い韓国としては、『相応』措置そのものが無いという趣旨です。

この手の意見、日本側ではしょっちゅう見ましたけど、韓国の記事では初めて見た気もします。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・日本の報復措置を予想し「対応リスト」を準備してきたというのが(※韓国)政府の説明だが、具体的な対応策の言及は無い

・大統領府と政府内部からは、「率直に言って、適当なカードを見つけることは容易ではない」、「結局、外交で解決すべきだ」という言葉も聞こえてくる

・産業界の内外でも「相応の措置」として主要品目の対日輸出を制限したり、日本産の輸入に高い関税を賦課する案が議論されている

・農産物の輸入制限、厳しいビザ発給、送金制限など様々なアイデアが出てくるが、その効果は疑問だ

・キム・ヤンペン産業研究院研究員は「日本の今回の輸出規制措置は、いままでの輸出手続きに便宜を図ってくれたものを、ふたたび厳しくするとしたもので、輸出を禁止したのではない」とし「それに対して(韓国が日本に)関税を高くしたり、輸出制限をするのは、『相応の措置』ではない」と指摘した

https://news.v.daum.net/v/20190707060114214?d=y

 

私が知っているかぎり、韓国が日本への輸出に便宜を図る制度はありません。すなわち、韓国にとって「相応措置」そのものが存在しなかった、という意味になります。

日本に対してあれほど「報復措置」という言葉を使ってきた韓国ですが・・実は韓国が出している案が全て「相応」ではなく「報復」でしかないとなると、残念なブーメランですね、これは(これも)。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

186+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5