「客観性も重要だが、どこの国の言論かがもっと大事」????

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

今朝にも同じ趣旨のエントリーでしたが・・今回のいわゆる輸出規制の件で、「愛国マスコミ」と「親日マスコミ」が二分されています。

YTNにちょうどわかりやすい記事があったので、紹介します。ラジオ番組に市民団体の幹部が出演して話す内容となります。

記事の題は「日本が怒るのもわかると報道する韓国の言論?」で、今回の件で「日本が怒るのもわかる」とした韓国側の記事を、「韓国の言論?(=韓国の言論ではないというニュアンス)」と指摘しています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・経済報復が始まった7月1日から4日まで、新聞社の社説のタイトルと主な内容を比較してみると、一応、すべてのメディアが日本側を批判しています。

京郷新聞は「禁止線を越える妄動である」、東亜日報は「自分で(※日本が)損をする手にすぎない」、朝鮮日報は「不当で稚拙な措置」中央日​​報は「器が小さい」、ハンギョレは「拙劣な報復措置」などと表現しました。しかし、朝中東(※朝鮮、中央、東亜)と経済紙は、同時に、韓国政府の責任を指摘しています・・

 

・・特に朝鮮日報ははっきり両非論を論じています。 7月4日、朝鮮日報は日本政府と韓国政府を批判する社説を並べ載せました。韓国政府を「問題解決能力がない無能であり、無責任」と強く批判しましたが、それに比べて日本政府を批判する社説の論理は明確ではありません・・>

https://news.v.daum.net/v/20190715110604658?d=y

 

記事は朝鮮日報が「日本が怒るのも理解できなくもない」としたこと、そして「日本ヤフーで朝鮮日報の記事が紹介されることが多い」などで、こう指摘しています。

(直訳)『客観的な論調というのも重要ではありますけどね。朝鮮日報ってどこの国の言論なんでしょうかね』。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

165+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5