韓国大統領府首席秘書官「最高裁判決に反論する人は親日派と呼ぶべき」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

最近、本ブログのネタ元としてそこそこ活躍(?)しているチョ・グック民政首席(大統領府の首席秘書官の一人)が、「(いわゆる強制徴用で日本企業の賠償判決を下した)最高裁判決を否定する人は『親日派』と呼ぶべきだ」とSNSに投稿しました。

<チョ・グック青瓦台民政首席は20日、「1965年以降、一貫性のある韓国政府の立場と、2012年と2018年の最高裁判決を否定、非難、歪曲、罵倒することは日本政府の立場そのものであり、このような主張をする韓国人を当然『親日派』と呼ぶべきだと思っている」と述べた。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

チョ首席はこの日、フェイスブックの記事でこのように述べ、「韓国を支配した日本の不法性を認めるかが、すべての事案の根」と強調した。

チョ首席は、まず1965年の日韓請求権協定当時の経済協力を促進するために、日本から受けた3億ドルを取り上げ、「これは戦争犯罪に対する賠償を受けたわけではない」と述べた・・>

https://www.yna.co.kr/view/AKR20190720042500001

 

引用した部分にはありませんが、SNS原文には「賠償は違法なことに~補償はそうではない~」と、本ブログで書いてきたことも指摘されています。

日本は韓国に賠償すべきことをやっていません。だから賠償はありません。ただ、それでも日韓は基本条約で「これで両国の間の請求権は完全かつ最終的に解決」と条約を結びました。すなわち、賠償だろうが補償だろうが、個人賠償が残っていようがいまいが、これからは国内問題であり、韓国が日本に、日本が韓国に請求することはもう出来ないというのが、基本条約の内容です。いまさらですが、「気に入らなければ文句言っていいよ。国内で」という、良し悪しは別にして両方かなり苦労しただろうな・・とも思えます。

首席秘書官ともあろう方が、これを本当に知らないのか、それとも知ってはいけないのか・・

 

最近の韓国の「精神論で勝つ」スタンスを見ていると、「情(ジョン)」と似ているところが多いな・・と思ってしまいます。

私、韓国が二大民族情緒とする「恨(ハン)」と「情(ジョン)」は、それぞれ「他人を絶対許すな」と「ウリを絶対に許せ」の現れでしかない、と見ています。ウリを絶対に許すためには、法よりもウリ(情)を上にする必要があります。

 

そのせいもあってか、韓国社会は、違法なこと(客観的な基準を破ったこと)を罪とする人はそういません。逆に、主観的に「~であるべき」としている概念に反することを罪とする人は、多すぎます。

法律的に問題無いことでも、個人的に気に入らないことならあるでしょう。でも、それが「そのこと」が処罰されるべき理由にはなりません。人が他人に「罪人」のレッテルを貼っていくと、そこには誰もいられなくなります。だから法が必要です。韓国社会は、それが理解できていません。

ある法学者の意見として「韓国社会で遵法精神が弱いのは、国民全員が裁判官を気取っているから」とする意見を紹介したことがありますが・・チョ首席の件も、そんな韓国社会をよく表していると言えましょう。日本だったら、今回の件で閣僚の解任の話も出てくるのでは?

 

韓国の精神論は、それすなわち「違法を合法といい、合法を違法とすること」とし、反論(ナム)を許さないことなのか・・と思ってみると、法より上にあると言われている、あの「国民感情」を思い出します。そう、もはや韓国の法もまた、国民感情という名の精神論の「下っ端」でしかない、と見ていいでしょう。

そう、いま韓国が騒いでいるのは、精神論ですらありません。数千万人規模まで膨れ上がってしまった、哀れな感情論なのです。最高裁判決も、その結果の1つ。私は親日派で結構です。いまさらですが。新刊にはこういう一行があります。「韓国が言う『愛国』というものを完全に捨てないかぎり、韓国人が反日から自由になれる方法は無い」。そういうことです。

 

 

参議院選挙の日です。

シンシアリーはある政治家を応援していますが、彼の某任期中に選挙権が得られるかどうか(帰化を申し込むには在留期間があと3年は必要です)。政治家を応援するのは生まれて初めの経験でもあり、選挙の日に力になれないのは残念無念です。

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

187+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5