日本人観光客「もうしばらく韓国を訪れることはないだろう」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

この前、「韓国が日本製品を不買すると言っているが、日本企業も韓国企業を避けるようになった」という趣旨のエントリーを書いたことがあります。

実はこれ、旅行でも同じのようで、「韓国を訪れる日本人観光客が急に減少した」というニュースがありました。旅行会社によっては半減した、とも。

記事本文にはありませんが、この件はまだデータとして現れたわけではありません。6月までは増加したとニュースになっていました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・旅行業界によると、23日、韓国で日本不買運動と日本旅行ボイコット運動が起きているのと同様に、日本でも韓国製品不買運動と韓国旅行ボイコット雰囲気が広がっている。 日本専門インバウンド旅行会社Aの代表は、「今年の秋の予約数が、前年同期に比べて半分まで落ちた」、「まだ既存の予約分の日本人旅行者がいて被害はないが、新規予約が急減しており、事態が長期化する場合、業界全体に深刻な打撃を受けることができる」と述べた。

特にA旅行社は、「収益性が良いインセンティブ団体(※報奨旅行、インセンティブ・ツアーのこと)の予約問い合わせがほとんどないのが問題」とし「今回の事態が長期化する場合、既存の予約もキャンセルになるのではないか」と懸念した。

 

明洞や弘大、景福宮など日本人観光客が主に訪れるところでも日本人観光客の姿が消えている。去る21日、ソウルを訪れた日本人Bさんは、「韓国に来てみると、日本への反感を強く感じる」とし「今回帰国すると、当分の間、韓国を訪れないつもりだ」と明らかにした。明洞で露天商を運営するC氏は「日本人観光客の数が減ったようには見えないけど、以前より確実に慎重になっている」と述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20190723153824050

 

インセンティブ・ツアーというのは主に企業側が行うものですから、この前の「日本企業が韓国を避けるようになった」件と同じ流れだと見ることもできるでしょう。

仁川にある、日本人観光客がよく訪れる某ホテルが、ホテルに外してある国旗から日の丸を外し、日本人は受け入れないと話した・・というニュースもありました。こんな中、日本人観光客が減らないことを期待すること自体、無理があるのでしょう。

でも、多分韓国側はこう言うでしょう。「韓国人は日本旅行に行かなくて当たり前だ。でも、日本人はなんで韓国に来ないんだ?」。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

228+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5