韓国与党内で「基本条約破棄(1965年体制清算)」主張

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄が無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国与党内で、日本に対する強硬対応論が広がっています。特に、基本条約破棄(『1965年体制の清算』)主張が目立った、とのことです。

与党「共に民主党」の最高委員会議で、与党国会議員及び研究委員たちは、以下のように主張しました。

・東京を少なくとも旅行「自制」地域に(※留意<自制<撤収<禁止)

・8月15日に合わせて日本にGSOMIA破棄を通知

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・「ヒトラーを反面教師にしろ」など、安倍総理への強い非難

※国会議員ではなく研究委員の発言だとのことで、文大統領が好んで使う「自分の言いづらいことを誰かに言わせた」パターンのようです※

・基本条約(いわゆる「1965年体制」)の清算

 

以下、基本条約の部分だけ、引用してみます。

<・・1965年に締結された韓日請求権協定を見直す必要があるという指摘も出ている。チェ・ジェソン議員は「1965年協定を清算するための委員会は、名称が何であれ、必ず必要だと思う」、「1965年協定自体が、韓国が準備も情報も無しの競争劣位にある状態で、率直に言ってデタラメで作られたもの」と述べた。

イ・ジェジョン・スポークスマンも論評で「光復74年を迎える今日まで、私たち国民が日本の侵略と植民支配が残した傷などに対して謝罪も受けられずにいる最大の理由は、維新独裁政権(※朴正煕大統領時代)の屈辱的で拙速な韓日基本条約と請求権協定により、最初の一歩から間違えたからだ」と指摘した・・>

https://news.v.daum.net/v/20190805173600953

 

まだ韓国政府の公式案ではないにせよ、ついに国会議員たちの会議で基本条約の破棄が論じられるようになりました。

韓国、特に左派(朴正煕氏のこともあって、右派は立場的に基本条約には触れづらい)としては長い願いであった、基本条約の破棄。

どんな展開を見せるのか、注目したいと思います。

 

 

 

新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>が発売されました!発売日(8月2日)の書店めぐり、今回は日本橋のコレド日本橋の書店にお邪魔しました。書店で拙書を見つけるたびに、涙が出そうになります。本当にありがとうございます。

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5