「日本」以外のニュースはまったく話題にならない韓国

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

「日本より、中国の問題をなんとかしろ」という記事がありました。米中貿易摩擦などにより、韓国の中国輸出・中国でのシェアなどが大幅に下落したからです。

単純に中国の輸入シェアでいうと、韓国は1.1%減少。米国(1.3%減少)以外では中国の主要輸入国の中では最大の下げ幅でした。日本は0.3%減少。

本題はちょっと別の視点ですが、まずアジア経済の記事を部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<今年上半期、中国の輸入市場で韓国の市場シェアが最も大幅に下落した。韓国が米中貿易紛争で最も大きな打撃を受けた犠牲者になったのが、数値で明らかになった。米中が為替戦争まで繰り広げ、貿易紛争が激化される中、もっと急ぐべき対策は日本ではなく、中国との指摘が出ている・・

・・今年上半期の主要国の中国の輸入市場シェアは韓国8.5%、日本8.2%、台湾8.0%、米国6.0%、オーストラリア5.7%となった。昨年に比べて、韓国は1.1%ポイントの市場シェアが減少した。日本と台湾(それぞれ0.3%ポイント減)に比べて下げ幅が大きい。韓国は中国と直接衝突している米国(1.3%ポイント減)に続いて二番目に落ちた・・

 

・・品目別にみると、上半期韓国の対中輸出で4分の1以上を占める半導体の場合、輸出が27.4%減った、ディスプレイは19.7%減少した。韓国の大衆主力輸出品目は製造業景気に敏感な品目が多数を占め、中国の製造業の減速に影響をもろに受けてしまったという説明だ。中国は米国以外、韓国を除いた他の国々から農産物、石油製品、貴金属などの輸入を増やした・・>

https://news.v.daum.net/v/20190810074009674

 

 

中国に関する記事をソースにしていますが、実は本エントリーの本題(私の書きたかったこと)は、「日本以外は話題にならない」点です。

「日本が韓国を恐れている」「不買運動が日本に大ダメージを与えている」「韓国は日本を攻める無数のカードがある」「すでに国産化に成功」などなどの記事が溢れ、それらの記事への反論も、事実上、不可能な状態の韓国。

その中に、「日本」以外の記事・・例えば本ソース記事のように「他にも問題がある」とする記事すらも、完全に無視されてしまっています。

特に不思議なのは、無理な最低賃金引き上げ問題など、「国内への不満」に関するニュースが、一気に消えたことです。

 

 

 

新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>が発売されました!書店で拙書を見つけるたびに、涙が出そうになります。本当にありがとうございます。

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5