韓国、北朝鮮に対して無茶苦茶おとなしい反応

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

なんというか、つい笑ってしまいましたので、おすそ分け(?)します。

北朝鮮の外務省が、露骨に「これじゃ、南朝鮮との話し合いなんかできない」としました。テレビや新聞でもなく外務省が直接このようなことを話したにもかかわらず、韓国は「韓米軍事訓練への不満なのでしょう」と、ものすごく落ち着いた反応を見せました。

不北運動(?)とかしないのでしょうか。

ニュース1の記事から、部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<北朝鮮外務省が11日、韓国政府が連合軍事訓練を中止または解明しないと、これからの南北の接触は難しいだろうと警告したことに対して、大統領府は、北朝鮮側が韓米連合訓練に通常の不満を提起したと述べた。

青瓦台関係者はこの日の午前ニュース1との通話で、「北朝鮮が韓米連合訓練に対する不満を表出したもので、初めてこのような立場を出したわけでもなく、現在までに公式に明らかに来た立場と同じだ」と言った。

 

先立って(※北朝鮮の)外務省のグォン・ジョングン米国担当局長は、韓米連合指揮所訓練初日のこの日、午前の談話を通じて「こんな軍事演習を完全に蹴っ片付けたり、(または)軍事演習をしたことに対してせめてもっともらしい言い訳や釈明でもしなければならない」とし、 「そうするまで、北南間の接触自体が難しいというと思うべきである」と述べた。

青瓦台関係者は「韓米軍事訓練に対する北側の立場は、特に変わらないようだ」と話した。続いて「北朝鮮で外務省談話のほか、別の立場を伝えられたか」という質問には「知らない」と答えながら、我々の政府の「南北対話基調」が変わるのかどうかには言葉を慎んだ。

北朝鮮外務省の談話に下手に対応して南・北・米関係に無理を与えるよりは、今後北側の追加的な動きを見守って落ち着いて対応する方針だと解釈される・・>

https://news.v.daum.net/v/20190811102918690

 

「ウリは、法を超えて許さなければならない。ナムは、法を超えて許してはならない」。

本当にわかりやすい反応であります。

ちなみに、金正恩氏は南北首脳会談の際には「韓米軍事訓練に相応の理解を示す」と話していた・・と言われています。そう言ったこと自体が嘘なのか、それとも金正恩氏が嘘をついたのか。

 

 

 

新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>が発売されました!書店で拙書を見つけるたびに、涙が出そうになります。本当にありがとうございます。

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5