韓国地上波「日本は親日派養成に年1兆ウォンを使っている」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

世の中の気に入らない現実は、『私の正当な権利を、誰かが不当な方法で奪ったからだ』とする考え。それを「恨(ハン)」と言います。この考えがもっとも露骨に現れているのが、反日思想です。

そのせいもあって、韓国以外で反日がうまくいかないと、韓国は決まってこう言います。「日本のロビーのせいだ」。

その情けない主張がさらに悪化し、韓国では「日本が世界中でお金をばらまいて親日派を養成している」が定説になっています。本ブログでもエントリーしたことがあります(前にも保坂祐二氏が『日本が韓国人留学生たちにお金をばらまいている』とする内容でした)。

今度は韓国の地上波放送KBSが、「日本は海外の親日派養成に1兆ウォン(約1000億円)を使っている」と報道しました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

報道での主張は「平和の少女像(実は戦時の売女像ですが)」展示とかで、日本が海外でロビーしまくっている、親日派を育てるためにお金を使いまくっている、そんな内容です。証言者はマイク・ホンダ。

ただ、資料として紹介されているものは「戦略的広報」とか(用いる単語は違えど、どこの国も企業も普通にやっています)、シンクタンク支援など。

 

<・・理由は、まさに、日本のお金とロビーです。海外に親日勢力を作るために、日本政府が使うお金が1年に数千億ウォン、来年には1兆ウォンに達するとのことです。我々の公共外交予算の50倍です。

(キム・テファン・国立外交院教授の話)「世界の人々の心をひきつけることができる談論やストーリーを作るのは、一日で出来るものではありません。かなりの投資を通じて、研究を通じて出来上がるものです」。

 

来年度予算が史上初めて500兆ウォン台を超えると予想されている中で、日本の国際世論の前に対応公共外交予算も大幅に増やすべきだという意見が出てきています>

https://news.v.daum.net/v/20190816214712161

 

当然の痛みだと思って耐えろ・・と言っても無駄でしょうね(笑

教授はそんなつもりで言ったんじゃないでしょうけど(何かのプロジェクトの組み立てという意味で言ったのでしょうか?)、「ストーリー」という言葉に、ちょっと笑ってしまいました。韓国が海外に要求するのは歴史ではなく、小説のようなストーリーですから。

 

 

※新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>、早くも重版が決まりました。重版もいつもより多くの部数となり、嬉しい限りです。本当にありがとうございます!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5