文大統領、「愛国ファンド」購入

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

文大統領のGSOMIA破棄、竹島軍事訓練の後の「抗日」は、愛国ファンド購入だそうです。

愛国ファンドってなんだ?と思って読んでみたら、「政府が愛国を決める→愛国を煽る商売が活発化→大統領が助太刀する」のいつものパターンでした。

今回の件とは似て非なるものですが、この手の流れは映画でよく見られます。「政府が臨時政府臨時政府と騒ぐ→タイミングよく臨時政府に関する映画が公開される→財閥企業パワーで大ヒット→大統領が映画を観覧したり、演説に引用したりする→大統領人気上昇」パターンです。

それと同じ流れで、ファンドができたみたいです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<ムン・ジェイン大統領が26日、素材・部品・機器分野の国内企業に投資する株式型ファンドに加入した。日本との経済・安全保障葛藤が高まっている状況で、韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)終了(22日)と、大規模な独島防御訓練(25日)に続く、対日攻勢を強化する動きとみられる。

文大統領はこの日の午前、ソウル中区NH農協銀行本店を訪れ、NH-アムンディ資産運用が14日に発売した「必勝コリアファンド」に加入した。このファンドは、素材部品装備分野の国内企業に投資して運用報酬の50%を基礎科学分野の発展のための奨学金などの公益基金として積み立てるもので、発売後に「愛国ファンド」という愛称で呼ばれている・・>

 

ソース記事の文化日報は多少否定的な見方をしているようで、この件をこう書いています。

<・・文大統領の歩みは、日本との葛藤と南北関係の膠着以降、一層強くなった。危機的状況で実利より原則と名分を強調する文大統領のスタイルに起因したものではないかという解釈が出ている。

青瓦台の関係者は、「文大統領の原則は、日本の経済報復措置後、一度も揺れたことがない」と述べた。しかし、専門家は、このような国政運営の基調は、高い対価を支払うこともあると懸念している・・>

https://news.v.daum.net/v/20190826120213024

 

ファンド購入で「対日攻勢を強化する」という時点ですでにおかしな話ですが・・

「危機状況で実利より原則と名分を取る」というのも妙ですね。私には、そんなふうにも見えませんけど。原則を守ることはほとんどの場合において、実利とも繋がります。文政府は、むしろ、国家間の約束を守るという「原則の中の原則」を守ってないから、実利も失ったのではないでしょうか。

他に記事で注目すべきは、いままでは「経済」「貿易」とされていたものが、「日本との経済・安全保障葛藤」と表現されている点です。そこに「安保」が加わったのも、GSOMIA破棄の自業自得でしょうに。

 

 

 

※新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>、早くも重版が決まりました。重版もいつもより多くの部数となり、嬉しい限りです。本当にありがとうございます!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5