役割分担?

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

トランプ氏がG7で、韓国関連で率直な(?)発言をしています。

昨日の朝早くには産経新聞に、トランプ氏が「韓国の態度はひどい。賢くない。彼らは金正恩)になめられている」「金氏は文氏を信用していないと言った」と話した、という記事が載りました。前者の発言は、安倍総理をちらっと見ながら話した、と(安倍総理は韓国には一切言及せず、笑みを浮かべただけだった、とも)。

https://www.sankei.com/politics/news/190826/plt1908260009-n1.html

それから続く流れを、韓国の反応含めて、時系列に(といっても2日間ですが)追ってみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

→その後、大統領府が「そんなことがあったなら産経だけに報道されるはずはない。産経の嘘はいつものことだ」と反応しました。

※「信用していない」発言は読売にも記事があります。

https://news.v.daum.net/v/20190826141452315

 

→ただ、少数意見ではありますが、韓国の専門家の中には「産経や読売が韓国に批判的ではあるが、フェイクニュースを載せるような新聞ではない」と、「嘘だ」とする動きを批判する人もいました。

https://news.v.daum.net/v/20190827002811316

 

→昨日は、文在寅氏のことで「なんで、あんな人が大統領になったんだろうか」と話、他の首脳たちがびっくりした、という報道がありました。

https://www.fnn.jp/posts/00423006cx/201908262030

それは確かにそうですが、大統領がG7で言ったことは衝撃的ですね(笑

 

→韓国では(今朝の時点では)ニュース・ピムというネットメディアで報道されているだけで、しかも最後は「フジTVは極右産経と同系列」としています。

http://www.newspim.com/news/view/20190827000164

 

→・・・でも、安倍総理は韓国関連発言が何もありませんでしたが、今日、ついに韓国関連で発言がありました。

<安倍晋三・日本総理は26日(現地時間)、「私は(韓国に)国家間の約束を守るようにと促したい」と主張したと、共同通信が伝えた。安倍総理はこの日、フランスビアリッツで閉幕したG7首脳会議後の記者会見で、韓日関係の悪化についての質問を受けて、「残念ながら、私たちは、両国間の相互信頼を傷つける措置を(韓国によって)とられた状況にある」と述べた。

安倍総理は23日にも韓国政府が日本とのGSOMIAを終了することに決定したことについて、「(韓国が)韓日請求権協定に違反するなど、国と国との間の信頼関係を損なう対応が残念ながら続いている」と主張した・・>

https://news.v.daum.net/v/20190827031926291

 

安倍総理が「ムンたんさーどうやって大統領になれたのだろうねー」と話した・・と思うと、何かイメージが合わない感があります。

トランプ氏が「国家間の約束を守りましょう」と言っても、なんか柄に合わないというか、そんな気がします。

そう考えると、二人がそれぞれよく合う発言をしたのではないでしょうか。

トランプ氏の発言は、実効というより話題性があるし、安倍総理の発言は地味に見えるかもしれませんが、G7後の記者会見のような場で「信頼」「国家間の約束」を強調したのは、とても効果的だったでしょう。

 

 

 

※新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>、早くも重版が決まりました。重版もいつもより多くの部数となり、嬉しい限りです。本当にありがとうございます!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5