大統領府関係者、米国に反論・・「独島がどこの国の領土なのかを、誰かに認めてもらう必要なんか無い」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国大統領府関係者が、米国が韓国による竹島周辺軍事訓練を「生産的ではないことだ」批判したことに対して、「独島(竹島)がどこの国の領土なのか、誰かに認めてもらう必要はない」と話しました。

米国が同盟国の領土問題に公式意見を表明したのも珍しいことですが、韓国のこの反応もまた異例の中の異例となります。

「大統領府関係者」とは言うものの、「春秋館(大統領府のプレスセンターのようなところ)で記者たちと会って」話したということでして・・信憑性はかなり高いと言えましょう。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<大統領府が、米国側の、独島と韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)関連の言及に対して積極的に反論した。

青瓦台の関係者は28日、春秋館で記者たちと会って、米国国務省が私たちの東海領土守護訓練(独島防御訓練)を置いて「韓日両国の問題を解決するために生産的でない」としたことと関連し、「誰に認めてもらわないといけないタン(※この場合『領土』の意味)ではないと思う」と述べた。

彼は「独島は、誰の領土なのか」と反問し、「ある国が自国の主権、安全と危機を保護するためにする行為について、気軽に話すべきではない」と説明した・・>

https://news.v.daum.net/v/20190828180156470

後半部は、いつもの「GSOMIA終了は日本のせいだ」な内容です。

 

さて、「「「「あえて」」」」韓国の立場から考えてみるとしても、これは、韓国にとって何の得があるのでしょうか。

この前、GSOMIAが支所迷子と誤訳されることを笑いのネタとして紹介したことがありますが・・韓国は、本当に「迷子」にでもなっているようです。

支所はどこでしょうか?「高麗連邦南側支所」だったりして。

 

 

 

今日、更新がちょっと遅れるかもしれません(無意味にレインボー

※新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>、早くも重版が決まりました。重版もいつもより多くの部数となり、嬉しい限りです。本当にありがとうございます!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5