基地と報復と文宣大院君

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

昨日の「基地返せ」エントリーの内容に関して、韓国の安保関連シンクタンクが「米国に対する報復措置だ」と話しました。

特に、普通は基地の「移転」と言うのに、わざわざ「返還」と言ったのは、反米な考えをそのまま表したものだ、とも分析しています。

また、引用部分にはありませんが、この基地返還を促す動きは、韓国のNSC(大統領も参加する安全保障会議)で出てきた案件であり、シンクタンク側はこう指摘しています。

『北朝鮮が挑発(ミサイル発射など)したときにも無かった安全保障会議をわざわざやって、このタイミングでこの話を持ち出す理由がわからない』。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・青瓦台が、NSCで在韓米軍基地の問題を議論し、これを公開したこと自体が普通あることではない。

シン・ボムチョルアサン政策研究院安保統一センター長は「最近、韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄について、米国の不満が公然と出てくる状況で、米国に向けた一種の報復措置と見られる」とした。

軍関係者は、「大統領府の発表は、まるで米軍が約束を守らないでいるような問題提起であり、米国に圧力を加かけようとする形」とし「韓米関係が良くない状況で『基地移転』ではなく『基地返還』という用語まで使ったのは、反米のイメージを浮き彫りにさせようとしているのではないか、と心配になる」と話した・・>

http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/08/31/2019083100081.html

 

ちなみに、保守寄りとされる「正しい未来党」のハ・テギョン最高委員がこの件で、「GSOMIA破棄の帰着点は反日ではなく反米だ」「むしろ米国と日本は仲が良くなりつつある」としながら、文大統領のことを「文宣大院君(ムンソンデウォングン)にでもなろうとしているのか」と皮肉りました。

過激な鎖国政策を行った高宗の実父「興宣大院君(フンソンデウォングン)」にちなんでのものです。

略して文君はどうでしょうか。

http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/08/31/2019083100540.html

 

 

※新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>、早くも重版が決まりました。重版もいつもより多くの部数となり、嬉しい限りです。本当にありがとうございます!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5