韓国の戦時作戦統制権、2022年に米軍から韓国軍に移譲か

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

戦時作戦統制権の(米軍から韓国軍への)移譲が、2022年ではないかとの予測が出ました。文在寅大統領の任期も2022年までです。

<ソウル龍山(ヨンサン)米軍基地の韓米連合司令部が、2021年までに平沢(ピョンテック)米軍基地(キャンプ・ハンフリーズ)に移転される。

韓米が2021年末までに連合軍司令部を移転する計画を策定したのはムン・ジェイン政府の任期最後の年である2022年戦時作戦統制権(戦作権)転換を念頭に置いたものではないかという観測が出ている・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・政府のある関係者は、「今年のIOC(韓国軍基本運用能力)検証が終わり、2021年末までに連合司令部が平沢に移転することになると、戦作権転換も2022年には可能だろう」と話した>

https://news.v.daum.net/v/20190901080510387

 

前にも戦時作戦統制権関連エントリーでは欠かさず書いてきましたが、私は、これは米軍の「責任を減らす」ことではないか、と思っています。

責任を減らすことは、結局は米軍の規模減縮と繋がるでしょう。

私は、「次の大統領」も左派の人だろうと見ています。文政府で戦時作戦統制権の譲渡を済ませ、次は米軍減縮の話が本格化する・・そんな流れになるのではないでしょうか。

 

 

※新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>、早くも重版が決まりました。重版もいつもより多くの部数となり、嬉しい限りです。本当にありがとうございます!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5