国土交通大臣「韓国は日本に文化を教えてくれた恩人の国」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

日比谷公園で開かれた「日韓交流おまつり」で、国土交通大臣の赤羽一嘉氏が、「韓国は日本に文化を伝えてくれた恩人の国」「韓国人の皆さんを心から歓迎する」などと話しました。

韓国のマスコミは赤羽氏(及び他の数人)の発言を、「韓国人観光客が急減したからだ」、「ほら、日本は韓国人観光客が急減して、追い込まれているぞ」というニュアンスで分析しています。

聯合ニュースの「韓国人急減で・・韓日祭りで『交流は揺らぎ無く』と口を揃えた日本政府」という題の記事も、その一つです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・日本政府は、徴用被害者の賠償判決や輸出規制の強化など、最近の韓日葛藤が拡散するきっかけとなった懸案に関しては「韓国が国際法に違反している」、「輸出規制は徴用判決と無関係だ」とし、韓国に責任を回している。

しかしそれらのせいで日本旅行拒否運動が拡散し、影響が大きくなると、民間交流は続けなければならないという点を強調しているのだ。この日、会場を訪れた日本の主要人物たちは、徴用判決など敏感な部分は具体的に言及していないで民間交流に焦点を当てたメッセージだけ投げた・・>

https://news.v.daum.net/v/20190928173744927

 

記事では、赤羽さん以外には、中山展宏外務省政務官、佐咲さやか文部科学省政務官、河村建夫日韓議員連盟幹事長も「民間交流を続けるべきだ」と話した・・となっていますが、

単に「民間交流を続ける」というだけなら、安倍総理も話したことがあります。

形式的にでも挨拶代わりにでも「民間交流は続けましょう」とだけ言っておけばよかったものを・・なんで「恩人」がどうとかと話したのでしょうか。

そういう発言は、「ほら、日本が追い込まれてきたぞ!」と韓国に利用されるだけです。内容が事実なのかどうか、本人がどういう趣旨で話したかなどは、韓国にとってはどうでもいいことです。

 

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5