鳩山元総理、また韓国で謝罪・・何度目ですか、これ

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

鳩山さんが、また韓国に来て様々な「マニュアル通り」の発言を残しました。

「2000万人の朝鮮人の800万人を強制動員した」

「日本は韓国、中国の成長に嫉妬している」

「個人請求権は消えていない」

「安倍政権は世界の常識から外れている」などなどです。

どれも韓国では「鉄板」なマニュアルで、ソース記事の題も鳩山さんを「謝罪の定番」としています。

その中で、「私は最近、影響力が弱くなって日本のマスコミはちゃんと報道してくれない」という話もありました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・彼は、日本での自分の影響力について冷静に診断した。

鳩山元総理は「元はと言えば、私だ現職総理だったときに、もっと謝罪をしなければならなかった」、「現在、日本では、私の影響力が下がっているのは事実。現政権下で、日本のメディアは、私のこのような行動(謝罪)について報道していないのが事実だ」と伝えた。

それでも彼は訪韓して謝罪を続けていくことは、「リベラル(進歩的)考えを国民に知らせることが自らの役割だと思う」と説明した。

彼は訪韓中に見て感じたことを集会やメディアを介して、自国にも伝播する計画だと明らかにした・・>

https://news.v.daum.net/v/20191012122915505

 

それは、「現政権」だから報道しなくなったのではなく、さすがに日本のマスコミも「飽きた」のではないでしょうか。ブログを書いている私すらも、同じことを強く感じています。

特に鳩山さんの場合は、「彼だけの持論」といえるものがあまりなく、「どこかで聞いた話」ばかりですから。今日も、「マニュアル通りに言った」内容が特にそうです。

 

9日、保守系列のデモに、主催者が「1000万人集まった」と発表して、大笑いしたことがあります(記事URLだけ紹介します)。

https://news.v.daum.net/v/20191009175921574

すると、同日だったか翌日だったか、ソース記事とは別の、韓国の某SNSで、「ソウル人口が980万人なのに、光化門に1000万人集まったって何の冗談だ」というツッコミがありました。

すると、その集会を支持する人が、「ソウルの人口が980万人なのに1000万人も集まったなんて、すごいことじゃないですか」と反論しました。

それと同じ気がします。

 

北朝鮮の労働新聞が「強制動員840万人」を主張し、韓国側でも強制労働は800万人を前後だとする主張が強くなっています。

でも、「朝鮮半島の人口って、1940年時点で2500万人にならなかったはず」という反論が、日本側を中心に提起され、800万人説はバカにされました。

それを、鳩山さんはこう言っているわけです。

「2000万人しかいなかったのに、800万人も動員したなんて!」。

 

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5