韓国、ユニクロのCMに憤慨・・「80年以上前のことを覚えているわけないだろう」の部分

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

最近、ユニクロのCMに、ファッショナブルなおばあさんが「私と同じ頃にはどんなファッションしていたんですか?」とする女の子の質問に「80年以上前のことをおぼえているわけないでしょう」と答える内容があります。

答えるというか、いまさら若い子に見せるほどのものじゃないから「誤魔化した」ように見えましたが・・

この内容が、韓国で騒ぎになっています。80年前なら併合時代。それを覚えているわけないというのは、韓国不買運動をバカにしているのだ。そういう理屈です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・日本のユニクロのTV広告が論議に包まれた。広告の中で登場する「80年以上前のことを覚えているわけない」という発言が、日帝強占期時代を意味するものだという疑惑である。

論難は大きくなり、オンライン上では再び非難の世論が形成され、不買運動をさらに強力にする必要があるという声まで出ている・・

 

・・映像の中で言及されて80年前の1939年には、韓国が日本の弾圧を受けた日帝強占期である。特に1939年は、日本が「国家総動員法」を根拠に強制徴用を本格化した時期でもある。その年から1945年の解放直前まで強制徴用に動員された人口は700万人にのぼる。当初、日本産不買運動を触発させたのも、強制徴用判決からである・・>

https://news.v.daum.net/v/20191018111524636

 

日本の漫画やアニメによくありますが・・とんでもない理由で怒る人の背景に、何かが爆発し、飛ばされる周辺の人たちを描く表現があります。

ちょうどそんな感じで、CMの中の二人が吹き飛ばされるシーンが、シンシアリーの頭の中で描かれています。

 

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5