韓国紙「日本の勝利を主張するのは、敗北したからこそ精神勝利のためのもの」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

左派マスコミの代表格であるハンギョレ新聞が、GSOMIAに関する日本側の主張は「精神勝利のためのもの」という記事を載せました。

GSOMIA関連で結構な数の記事を読んでみましたが、どんどん「ネットの書き込み」とレベルの差が無くなってきた感じがします。

<・・ハン・スンドン元ハンギョレ論説委員は、日本のマスコミの「パーフェクトゲーム」報道と関連し、「韓国の完璧な勝利とすることはできないけど、(私たちの政府の評価のように)韓国の方が少なくとも判定勝ちをした」、「むしろ日本の失敗は、ほとんど完全に近い失敗」と評価した。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

日本が輸出を規制すれば、韓国が経済的に困難な状況に直面すると見ていたけど、韓国の経済的打撃は日本より大きくなかったし、むしろ不買運動で、日本の観光産業などが打撃を受けた。半導体輸出規制もむしろ日本が優位を占めていた先端材料の部分で韓国の「脱日本」を促して、「韓国という『大事なお客様』が離れていく、取り返しのつかないダメージを受けた」と診断した。

ハン元論説委員は、「輸出規制とGSOMIAをきっかけに韓国がそう甘い国ではない、勝手に揺さぶることもできない、力がある国だと示すことができた」とし「結果的に、米国も韓国が動かしたのだ」と評価した。彼は、「韓国政府がGSOMIAを戦略的な取引品目として持ち出したのはは賢明だった」とし「ムン・ジェイン政府の戦略が、完全とは言えないものの、判定勝ちの中にも、上級判定勝ちを収めたのだ」と付け加えた。

 

ソン・ハンヨン先任記者は「戦いは安倍政府がしかけたが、私たちの政府が材料部品機器産業を活性化するきっかけにし、アメリカを動かして日本の無理な要求を調整している」とし「いくら計算してみても、私たちの判定勝ちだが、日本がパーフェクトゲームで勝ったというのは、日本と安倍政府の精神勝利法」と評価した。「敗北するほど、大きく包装しなければならない状況に置かれたのだ」ということだ・・>

http://v.media.daum.net/v/20191127103607721

いつものこと、「~」の中の部分の「日本」を「韓国」に適当に入れ替えるだけでそこそこ文章が成立するようで、オチとかは書かないことにします。

ちなみに、来月、GSOMIA破棄を要求する「ろうそく集会」があるとのことです。

 

 

 

※「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5