韓国国会議員「ハリス大使は、韓国が間違っていると言う。母の実家が恋しいのか」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

駐韓米国大使ハリス氏が、「文在寅大統領は従北左派に囲まれていると聞く。この点についてどう思うのか」と韓国の国会議員たちに質問し、話題になっています。

この件を報道している韓国のマスコミの一部は、ハリス氏が「日本系米国人」であることを強調しています。ある国会議員は、「外家(母の実家)が恋しいのか」と話し、本件とは別ですが、ある国会議員はハリス氏が脅迫や扇動的マスコミインタビューをしているとし、「追放すべきだ」と極端な主張までしました。

複数の記事から、部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<日系米国人で、北朝鮮の核問題に強硬な見解を表明してきたハリー・ハリス駐韓米国大使が、複数の与・野党国会議員に会った席で、「文在寅大統領が従北左派に囲まれているという話があるが、どう思うのか」と尋ねた。

去る28日午後放送されたJTBCメインニュース「ニュースルーム」は、ハリス大使が9月末、自分の大使館(ハビブハウス)で与・野党国会議員9人に会った席で、このような質問を投げたと伝えた。この席に参加したある議員は、JTBCに「とんでもない質問だった。駐韓米国大使の認識に驚いた」と話した・・

・・(ハリス大使は)8月に政府が韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)終了を宣言すると、突然の公式日程をキャンセルしてハンバーガー店で食事をし、外交欠礼議論を巻き起こした。またGSOMIA終了と関連し、「失望した」と一方的メディアインタビュー行い、外交部に招致されたりもした・・>

https://news.v.daum.net/v/20191129165152320

 

この件、「日本」を強調する内容が多く目立ちます。

韓国日報もおなじで、代案新党パク・チウォンある国会議員は「韓日関係においても、(※ハリス大使は)韓国が間違っていると狙って指摘する」、「母が日本人だから、母の実家が恋しいのだろう」と話しています。

https://news.v.daum.net/v/20191129114729615

代案新党は、まだ創党準備中の党で、チョン・ドンヨン氏の「民主平和党」から分かれて出来た党です。

 

また、本件とは別ですが、国会議員が一人だけの「民衆党」のキム・ジョンフン議員は国会で、ハリス大使を「外交忌避人物」に指定、追放すべきだと主張しました。いくら弱小政党とはいえ、国会議員は国会議員。国会でこんなこと言っていいのでしょうか。

https://news.v.daum.net/v/20191129152102204

とりあえず、相当嫌われているようです。ハリスさん。

よくわからないけど、「韓国は間違っている」「文在寅大統領の周辺には従北左派が多いと聞く」と話すと、それは「日本のせい」になるようです。

 

 

 

※「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5