韓国「日米は『友邦』なのか」世論調査結果

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

国民日報が、「米国、日本を友邦だと思っているのか」という世論調査を行いました。

友邦の辞典的意味は、韓国でも「友好国」と大差ありません。でも、韓国社会での友邦のニュアンスは、「好きか・嫌いか」ではなく、「北朝鮮の味方なのか、韓国の味方なのか」で分けるのが一般的でした。どちらかというと、安保関連のニュアンスが強い表現になります。

逆に、「友好国」は、言葉通りの意味で、いろいろ仲がいい国同士、というニュアンスになります。辞典的な意味と実際のニュアンスに多少のギャップがある、とでも言いましょうか。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

最近はそうでもありませんが、まだ反日より反共思想が強力だった頃、「友邦」ずいぶん長くそんな(安保面での)ニュアンスだったので、いまでも40代以上の人たちはそういう認識になっています。

彼らにとって、日本は間違いなく「友邦」ですが、「友好国」ではない、とも言えるでしょう。ちなみに、特に韓国の保守右派でこういう観点から日韓関係を述べる人が多いです。ある意味、「用日」という言葉と一脈相通ずる気もします。

 

そんな韓国で、日米を「友邦」と思っているのかどうか、の世論調査がありました。どんな結果になったのか、国民日報の記事から部分引用してみます。

米国は友邦、日本も友邦・・28.2%

米国は友邦、日本は友邦ではない・・34.8%

米国は友邦ではない、日本は友邦・・2.8%

米国は友邦ではない、日本も友邦ではない・・28.0%

よくわからない・・6.2%

https://news.v.daum.net/v/20191209193105489

※エントリー投稿の時点でURLが抜けてありました。国民日報の記事、引用部分はソース記事もっとも下の画像となります※

最近、反日関連で文在寅政府を批判している韓国内の保守右派勢力は、一番上の「米国は友邦、日本も友邦」が、その典型的な考え方になります。繰り返しになりますが、彼らは日本を「友好(な仲の)国」とは思っているのかは別ですが。

逆に、私が先に書いた「友邦」という言葉の韓国社会でのニュアンス的な意味からして・・30%が「米国は友邦ではない」と思っているとなると、これもまた微妙な結果です。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日(アマゾン発売日基準)に発売です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5