白鳥と富士山

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

今日は、山中湖に行ってきました。

晴天に恵まれ、良い写真が撮れました。レナの写真も撮れましたけど、2枚しかないし、後でレナスレでまとめるとして、今日は風景写真だけです。

東京駅から河口湖まで行って、乗り換えで山中湖へ。交通は便利ですが、さすがに日帰りできるにはギリギリの距離です。しかも、河口湖、山中湖は、太陽の位置的に、できれば正午までは写真が撮りたい(13時過ぎでも富士山の一部が逆光になってしまう)・・ということもあって、ものすごく早い時間から動きました。

さすがにちょっと眠かったけど、午前中に写真を撮ることができました。天気も快晴です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

白鳥発見。

10年以上前、日本で買った富士山の写真集に富士山+山中湖+白鳥の写真があって、「ああ、山中湖いいな」と思いましたが・・実際に来るまで10年以上かかりました。

素晴らしい景色です。

白鳥を近くで見るのは初めてです。思ったよりちょっと大きい(笑

河口湖に比べて、「遮るものが無い」感じです。本エントリーの写真は「山中湖」バス停から湖を時計回りに「長池」のほうに歩きながら撮りました。

 

 

「金鳥居」です。逆光なのが残念ですが、「富士山」と書いてあります。河口湖~忍野八海・山中湖の間を運行するバスで行けます。

 

それでは、今日はもう寝ます(さすがに疲れました)。

夢でまた富士山が見れますように・・(・∀・)ノ

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日(アマゾン発売日基準)に発売です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5