憲法裁判所「審議対象ではない」「慰安婦合意で韓国や被害者に何かの義務が生じたわけでも権利が消えたわけでもない」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

憲法裁判所が4年かけて出した結論は、「こっちに聞かないでくれ」でした。1つ前のエントリーにも少し書きましたが、「憲法裁判所が審議する対象ではない」というのです。

ただ、その内容に、無視できない内容が含まれています。「慰安婦合意によって、韓国や日本に何かの義務が出来たとも、権利が消えたとも認められない」、という内容です。

もはや、国家間合意とも認めていないようなニュアンスです。以下、ニューシースの記事から、部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<憲法裁判所が、2015年韓国と日本政府の慰安婦合意は、憲法訴願審判対象ではないと判断した。憲法裁判所は、日本軍慰安婦問題の合意を発表、違憲確認審判請求事件について27日却下決定を下した。却下とは、訴訟要件を備えなかったため、本案の判断をせず、審理を終結することをいう。

この事件の争点は、大韓民国外交部長官と日本外務大臣が、過去2015年12月28日の共同発表した日本軍慰安婦被害者問題に関する合意内容が、被害者の基本権を侵害したかどうかだ。しかし、憲法裁は韓日慰安婦合意が憲法訴願審判の対象ではないと判断した。

 

憲法裁判所は、「一般的な条約が書面の形式で締結されるのに、韓日慰安婦合意は口頭によるもの」、「韓国は記者会見、日本は記者発表という用語を使用して、一般的な条約の表題とは異なる名称を付けた」と説明した。

続いて「口頭発表の表現とホームページに上がってきた発表内容の表現さえ一致しない部分が存在した」、「閣僚会議の審議や国会の同意など、憲法上の条約締結の手続きを経ていない」と強調した。

憲法裁判所はまた、韓日慰安婦合意の内容上、両国の具体的な権利・義務が出来たかは不明であると強調した。慰安婦被害者の権利救済を目的としているかどうかが明らかでないため、法的な意味を確定することは難しく、被害回復のための法的措置に該当するとも見るのが難しいとした。

憲法裁判所は、「韓日慰安婦合意の手続きと形式においても、実質においても、具体的権利・義務の創設が認められない」とし「これにより、慰安婦被害者の権利が処分されたか、大韓民国政府の外交的保護権が消滅したと見ることができない」と説明した・・>

https://news.v.daum.net/v/20191227153913539

 

一部、「韓国が慰安婦合意の違憲判断を却下した」という、題だけを強調する記事が出回るかもしれません。

確かに「違憲だ」と言い切ったわけではありません。しかし、韓国の憲法裁判所が出した結論は、決して「合憲だ」ではありません。

慰安婦合意を両国間の合意だとする事実そのものを否定するハードな内容ばかりです。本当に注目すべきは「却下」という言葉ではありません。「法的措置ではない」「被害者の権利が消えたわけではない」「国家に何かの義務が出来たわけではない」とする、その判決の内容です。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が発売中(2019年12月27日)です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5