石破茂幹事長「国民の支持のために相手国を悪く言ってはならない」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

東亜日報が石破茂幹事長とのインタビュー記事を載せました。「次の自民党総裁が、安倍総理を批判してくれた」という趣旨のものです。以下、インタビューの部分だけ、引用してみます。

本文に「輸出規制」となっていますが、まさか石破氏が「規制」と言ったはずはないと思われます。多分、東亜日報の「訳」の問題ではないでしょうか。

・輸出規制強化措置は正当だったと思うか

「安全保障上の問題があって対策したなら正しいと思う。もし、その措置に感情が入っているなら、異常なことだ」

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・日本政府が措置を発表するとき徴用問題に言及したが、時間が経つにつれ、しなくなった

「最初から言及してはいけないことだった。輸出規制は、歴史問題とは全く別の独立した安全保障の問題だ」

・ 徴用賠償問題をどのように解決すべきか。

「相手国を悪く言って、国内の支持を引き上げることをしてはいけない。政治家は、他国を悪く言って自分の責任から逃げてはいけない」

・もし首相になれば、徴用、輸出規制、軍事情報保護協定(GSOMIA)の問題をどのように処理するのか

「私は韓国の歴史をより明確に勉強したい。個人の間でも仲良くなるには相手を知らなければならない。別の国であるため、主張と国益は異なる。しかし、相手をよく知った上での交渉と何も知らずに交渉することは違う。誰が次の首相になろうと、韓国を勉強しなければならない」

・安倍政権の問題点は

「人間がすることなので、誰でもミスはある。おかしいと指摘された部分について明確に説明し、国民的理解を得ることが重要である。しかし、安倍政権はそれが足りないようだ」・・

https://news.v.daum.net/v/20200128030156633

 

石破氏のインタビュー内容には「安倍総理が他国を悪く言って支持率を上げた」とは言っていませんが、東亜日報の記事の題は『安倍、国民の支持を上げるために相手国家を悪く言ってはならない』になっています。

それが石破氏の政治の時論であるなら、それでいいでしょう。でも、必要なのは、「それを文在寅大統領及び歴代韓国大統領にも言えるのか」です。

日本のマスコミが石破氏に「問題をどう解決すべきか」と聞いたとき、例え文在寅氏を名指しはせずとも、同じこと(相手国の悪口を言って支持率を上げてはいけない)が言えるのかどうか。それが「器」のレベルというものでしょう。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、発売中(2019年12月27日発売)です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5