言葉数

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

キリスト教・・というか「ウリスト」教徒だった頃、ソウルのべらぼうに大きな教会に通っていたときのことです。

メインの礼拝が終わった後の、同じ教会内のコミュニティーによる集会では、いつも「神様への祈りは出来る限り詳しく、具体的に」と教えられました。詳しく言えないなら、せめて何十回何百回も繰り返して、長く祈りを捧げる努力をしなさい、というのです。「せめて20~30分は祈れるようになりましょう」とも。私は、5分祈るだけでも時間があまり過ぎで、いつも困っていました。

それに、その後は、出来る限り大きな声でそれを読み上げながら祈りなさい、というのです。しかも、祈りを書いた用紙をランダムで配って、他の人の書いた祈りを読んで、他人のために祈りを捧げるというイベントもありました。それを、出来る限り大きな声で、神様に届くように大きな声で、泣き叫ぶ感じで祈れるようになりましょう、と。

韓国ではこういう「泣き叫ぶ」祈り方を痛声祈祷と言います。「あなたがそんなに苦しんでいるのに、神様があなたを放っておくはずがありません」という理屈のもと、もっともっと「痛い痛い」と叫びなさい、というのです。まずうるさいし、長く祈れといってもすぐネタ切れするし、だからって何度も言うと、「大事な話だからもう一回言いますね」なニュアンスになるじゃないですか。なんか、私の方から神様を困らせるような気がして、恐縮でもありました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ちなみに、聖書には1ヶ所だけ、イエスが直接「こう祈りなさい」と教えてた祈祷文があります。意外なことに、1ヶ所だけです。日本では「主の祈り」、英語では「The Lord’s Prayer」、韓国では「主祈祷文」と呼びます。

『天にまします我らの父よ。ねがわくは御名〔みな〕をあがめさせたまえ。
御国〔みくに〕を来たらせたまえ。みこころの天になるごとく、地にもなさせたまえ。我らの日用の糧〔かて〕を、今日〔きょう〕も与えたまえ。我らに罪をおかす者を、我らがゆるすごとく、我らの罪をもゆるしたまえ。我らをこころみにあわせず、悪より救いいだしたまえ。国と力と栄えとは、限りなくなんじのものなればなり。アーメン』(これは日本のネットからそのままコピペしました)。

ちなみに、欧米の人たちが食事の前の祈りにもっともよく使うフレーズ「今日の糧食に感謝します」もここからの引用になります。とにかく、全然長くありません。

 

それに、この祈祷文を教える前に、イエスはこう話しました。ここは私が勝手にやった訳ですので、日本語聖書とは表現が違うかもしれません。

『祈る際には、奥の部屋に入って、戸を閉じて、誰にも気づかれない場所から見ておられる貴方の父に祈りなさい。誰も知らないところでご覧になられる貴方の父が、必ず応じてくださることでしょう。祈る際に、異邦人のように、長々と祈ることはありません。彼らは、言葉数が多いほど、祈りも聞きいれられるものだと思っているようです。そんなことを真似する必要はありません。あなたの父である神は、貴方が求める前から、貴方に必要なものが何なのかをご存知なのです。だから、貴方は祈る際に、こう祈りなさい(この後、主の祈りを教えてくれます)』。

 

どう考えても「誰もいないところで静かに祈りなさい」な内容です。「もっと長く!泣け叫べ!後10分祈れないやつはキリステるぞゴルァ」とは書いてません。でも、だからといって教会の講師たちに「おい異邦人、話が違うぞ」と突っ込むわけにもいかないし、いろいろ気まずくて、2~3ヶ月後には、礼拝だけ参加するようにしました。

 

日本に来て、神社でご祈祷を受けるようになったとき、事前にHPをチェックしていたら、願いを「書く」じゃなくて、「該当するものにチェックしてください」と書いてあって、ビックリしました。しかもカテゴリーがかなり曖昧で、「これ以外は『心願成就』にしてください」と。

神社で参拝するときだって、二礼二拍手一礼の間に「具体的に、長く、叫ぶ声で」願いを言うなんて不可能です。まさに『心願(心から願っている)』として成立するものなら、それを口にする必要は無いということでしょうか。心願でもないものを口にするのはさらに必要ないのでしょうし。私の場合は、二拍手の後に「ありがとうございます」とだけ申し上げます。

 

キリスト教会と日本の神社はぜんぜん違うはずなのに、あの時に聖書で読んだイエスの教えと一脈相通ずるのは、韓国キリスト教で十数年も教えられたことではなく、むしろ日本に来てから神社で見て、感じた何かではないのか・・ふっとそう思う、今日この頃です。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、発売中(2019年12月27日発売)です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (167)

“言葉数” への117件の返信

  1. >cieさんへ

    >ユダヤ教の戒律が厳しい理由を考えてみました。

    >結論から言うと、滅亡を経験した民だからだと思います。

    現代の(現代版にアレンジされたユダヤ教)ではなく、
    あくまでも紀元前のキリスト教の元になったユダヤ教をベースに限った話ですが、

    ユダヤ教は背景が奴隷の宗教なんですよ。
    戒律が厳しく、むしろ日常の行動を
    厳しく制限した宗教です。
    そのなかには、
    食事の前に手を洗ってはいけない。
    トイレの後ではおしりをふいてはいけないという
    疫病が蔓延するだろうになんで?と、
    思うものがあります。なので現代の
    ユダヤ教徒はおそらく守ってないかと思われます。

    最も大きな特徴に、やがて救世主が
    出現してわれわれを助けてくれる。
    というのがありました。
    これは奴隷の境遇から助けてくれる。
    死後の魂の救済ではなく、
    いつかは現世に強い王様が出現して、
    ユダヤ人の奴隷解放を行ってくれるという、願望の宗教なんです。
    国を持たない、自分で法律を決められない境遇だった。
    だから(約束の地)と(神に選ばれた選民思想)とメシアの出現に生きていく希望を託した宗教なんです。
    ここが他の民族の宗教と多く異なる相違点です。

    あと自分達の立場を(神の忠実なる下僕)としているところも特徴です。
    エジプト人の奴隷に生まれついたわけではないことを否定するために、
    それを誇りとしたからですよ。
    本で読んだものですが
    現代のユダヤ人にこんなエピソードがあります。

    1. 日本の家族とユダヤ人の家族が
      隣り合って住んでいた。仲がよかった。
      ある時、ユダヤ人が「今月は特別に予期せぬ出費が加算で、教会に納めるお金の捻出が苦しい」。この十分の一税は全収入に対してかかるもので、これが国に納める税金と別にあるのだという。
      で、日本人の 奥さんがユダヤ人にこういった。「今月苦しいから、後々必ず今月未納の分を払いますから、今月はひとつこれだけで勘弁してください。って、金額を減らせばいいんじゃないの?だって、ユダヤの神様は父何でしょ?親ならば、子供の苦労をわかってくれるでしょ?えっそれはできない話なの?ユダヤ人の神様ってみずくさいのね」
      ユダヤ人絶句「日本人の神様に対する考え方が理解できない」と。
      深田裕介さんの本だったか、海外駐在中の体験談だったかと。

      海外翻訳掲示板を見ていても、
      イスラム教の人が、「日本人はイスラム教徒じゃないのに、まるでイスラム教徒みたい」と、誉め言葉の意味で使ってますが、その前提として(まるでお互いの宗教の教義は異なっているけど)が、
      省略されていてその上で(でも、わかりあえる。理解しあえる)という意味かと思われます。

      そして今のユダヤ教徒が紀元前のユダヤ教徒と同じだとは思っていません。
      イスラエルでは、中国人や黒人のユダヤ教徒がいるそうです。もう民族に関係なくユダヤ教に改宗すれば誰でもユダヤ人として認められるそうです。し、
      先祖代々両親ともに生粋のユダヤ人であっても、キリスト教に改宗したら、
      ユダヤ国籍剥奪という(実際に裁判でユダヤ人にも宗教の自由を認めて欲しいと裁判している人がいます)
      国籍と宗教がセットになっているのだそうです。

      1. >神様、融通効かない
        契約の神ですものね。

        イスラム教のユダヤ人、ユダヤ教のアラブ人。確かにあんまし聞かないですね。
        いそうでいないというか前者はユダヤ人辞めちゃって、後者はアラブ人辞めた(?)ようなものなのですかね。
        んー、ユダヤ教のアラブ人はいてもいいのかな?

        おしりふかない戒律(?)は、ウオッシュレットでなら守れそう。
        敬虔なユダヤ教徒の間でウオッシュレット(温風付き)大普及してたりは・・・ないかー

        1. 「神様、今月急な出費で苦しいのですが、なんとかなりませんでしょうか?」
          神「大丈夫。分割でもいいんやで?」

          「というわけで、分割で・・・」
          人「ならぬ。まかりならぬ!(てか誰の声聞いてるんだ!)」

          世知辛い世の中ですよね。

          1. 「なんならおまえの身体で払ってもいいんだぜ。」
            もふもふもふもふもふもふ。(あ 幸せ ♡ )

            猫より強いもの無し!

    2. 私も紀元前の話ししたんだけどなぁ。

      ここのコメント欄程度で、眠り猫さんに納得してもらえることが言えるとは思いません。
      なのです、私も本を一冊紹介して、この議論を閉じようと思います。

      アラブ人とユダヤ人―「約束の地」はだれのものか
      デイヴィッド・K. シプラー

      ニューヨークタイムズの記者である著者が、イスラエルに移住して、様々な立場のアラブ人、ユダヤ人双方のインタビューと共にパレスチナ問題を浮き彫りにしていくという形のものです。

      かなり分厚く値段も安くはないので、無理にとは言いませんが、ユダヤ人を理解するためには必要な一冊と思います。
      1990年発行の著作なので、今から見ると見通しの甘さは見られますが。

      日韓の問題が、他国の人には分かりにくいように、中東も日本人には分かりにくい。
      海外掲示板のイスラム教徒のことを書いておられますが、それもある意味危険な偏見でしかないと思います。
      (「わかりあえる」といのが、お互いの類似点、相違点の両方を理解した上で付き合っていけるという意味であれば、問題ありませんが。)

      下↓でも言いましたが、類似点もあれば、相違点もある。
      それだけのことです。

  2. まぁ神社は「神様へお願い」しに行く場所ではなく、「神様へお礼と感謝を伝える」場所ですからね。

  3. キリスト教など世界宗教の土着化は、なにも韓国特有のことではありません。
    キリスト教は元々、ローマに土着化したユダヤ教ですから。(笑)

    世界各地には、明らかに土着の神と融合、習合したイエス像、マリア像も多々見られます。( 南米やフィリピン等、歴史的にそうするしかなかったという事実もあるのですが。)
    ガーナやコンゴに赴任していた友人( 神父)の話しによると、ミサ中に鳥っぽい歓喜の声を上げて踊るのはアフリカでは当たり前だそうです。
    ♪───O(≧∇≦)O────♪

    逆に土着化しなければ、その地に定着する事はできません。
    なので、土着化ということに関しては問題ないのです。

    問題は、入信の仕方です。
    韓国では、儒教からキリスト教へ鞍替えが家族ぐるみで行われた例が、数多くあるとのことです。
    儒教祭祀の煩雑さや、親族とのトラブルなどで儒教を辞めて、かと言って宗教がないのもなんだからという理由で、キリスト教に移る。
    確かシンシアリーさんの旧ブログで読んだのが最初だったと思います。
    家族で話し合って、キリスト教に移るのを決めた、というのはかなり衝撃でした。

    これは、家族の誰か一人がキリスト教に入信して、とても良いからと他のメンバーを誘って、一家全員キリスト教徒になる。というのとは全く違います。

    韓国にキリスト教徒が多いのは、キリスト教がいいからではなく、儒教がダメだからなのです。
    儒教がダメというか・・・。

    このパターン、たぶん韓国だけです。

    結局、宗教一つとっても、とろいやさんが仰っている空っぽの「理」と同じですね。

  4. さすがは韓国ウリスト教。
    ローマ教皇から、「たましいから生まれ変わるように」諭されるだけのことはある。
    それとも、自分達を「キリスト教徒」だと自称するのは韓国人たち自身だけで、他国のキリスト教徒からは別の宗教だと考えられているのかな?
    どっちにしても、邪教の匂いがプンプンしてくる。

    1. >>匿名 様
      聞くところによりますと、韓国の(新興系)キリスト教はカトリック・プロテスタント双方から異教、邪教扱いされているようですよ
      そこまでではないものでも、シン様が言うように本来のキリスト教からかけ離れているのですから、白い目で見られているでしょう
      何しろ韓国の宗教って「現世利益」ばかりを説き、それを金で買うように仕向けてますから
      このとにかく長く大声で喚き散らして神の注目を得ようというのも、それに類するでしょう

      マタイ伝によれば、「天国への門は狭く、正しく過ごすものこそそこを通れる」と説いているというのに、ねえ
      ここで言う「正しく過ごす」というのは、神に従い、律法に従って、ということが主体のようです
      同時に、「この世のもの(財産他)」を持っていくことは出来ない、とも説いていると

コメントは受け付けていません。