韓国外交部長官「いつでもGSOMIAを終了(破棄)できる」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

しばらく聞かなかった韓国側の必殺技(?)「いつでもGSOMIA破棄(韓国では『終了』とします)可能」を、カン・ギョンファ外交部長官がまた口にしました。ただ、なぜか内信(韓国内メディア)を対象にした記者会見で話した、となっています。どうせなら日本の記者たちもいるところで話せばよかったのでは。

中央日報は記事の題で「去年は日本も了解したと言ったじゃないか」と、迂回的に疑問を提起しています。以下、中央日報から、カン長官の発言をまとめてみます。

・「現状は、明らかに、私たちが望んでいる、去年 7月1日以前への復帰(※輸出管理厳格化の解除)ではない」

・「昨年11月末、私たちが日本側と了解した終了猶予の措置は、暫定的な措置」

・「私たちは、いつでも終了の効果を再稼働でき、基本的に私たちの国益に基づいて行使するだろう」

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・「私たちは、日本側と了解事項を発表したときの基本的な目的である輸出規制撤回を明らかに再確認し、輸出当局は輸出当局で、外交当局は外交当局として継続的な協議をする」

・「現金化(※日本企業の韓国内資産売却)時点が、最終的には、カギになるだろうけど、政府としては、司法の手続きの一部に介入するとか、時点を予断することができない状況だ」

・「現金化になるなら、それ以前の交渉戦略とその後の交渉戦略が変わらなければならないと思う」

https://news.v.daum.net/v/20200206163220544

 

国益もなにも、11月になると、GSOMIAはまた1年延長となります。やるならその前にやるべきでしょう。なぜやらないのでしょうか。

そして、現金化のことで「政府は介入できない」としたのは、1月14日に文在寅大統領が「あまり時間が無いから日本は急いで解決策を容易すべきだ」と話したことと、そのまま繋がる発言となります。すなわち、「現金化を容認した」というメッセージだと見て間違いないでしょう。「現金化以前の交渉戦略と現金化の後の交渉戦略は違う」と言ったのも、すでにその後を既成事実化しているという意味です。

※ちょっとだけ追記致します。1つ前のエントリーで紹介した局長級一部完ですが、やはり、何の進展もなく終わったそうです。

https://news.v.daum.net/v/20200206192954610

 

 

※告知が遅くなって申し訳ありません。7日(金曜日)は、夜まで更新できません※

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。※画像は単行本版のものです

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (197)

81 Replies to “韓国外交部長官「いつでもGSOMIAを終了(破棄)できる」”

  1. >「いつでもGSOMIAを終了(破棄)できる」
     ↑
    早く「破棄」しな。
    ::(^v^′)::

  2. アメリカ大統領選2020 日程

    3月  3日 スーパーチューズデー(指名争いの山場)
    7月 13日 民主党全国大会
    8月 24日 共和党全国大会
    9月 29日 民主党と共和党による討論会
    11月  3日 投開票

    よく考えて、「再破棄」しましょうね~。

    日本を見ている場合じゃないのよ~。

  3. なにぃ~!?
    もうとっくに破棄してたかと思ってたぞ(*´∀`*)
    なにやってんだよ!
    早くとっとと破棄しろよ
    日本の顔色ばかり窺ってないで(^O^)

  4. 現金化に日本国政府は遺憾砲だけ。

    れが最強、最高の制裁、南朝鮮を世界最貧地区へ導く最強の制裁。

    間企業を一切救わない遺憾砲、企業の自己責任に徹する我が国の遺憾砲だけが最高にして最強の制裁。

    民国を貧窮李氏朝鮮時代に引き戻す最強の遺憾砲。我が国の政府が遺憾砲だけで我慢できるだろうか。

    憾砲以外なんら制裁しなければ朝鮮半島は極貧半島へ逆戻り…なんだけどねぇ~

コメントは受け付けていません。