韓国外交部、また「GSOMIAを終了するぞ。日本は急いで輸出規制を撤回せよ」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国外交部が、また「GSOMIAを終了する」という話を持ち出しました。聯合ニュースや朝鮮日報など大手が一斉に報道しています。でも、妙なのは、カン・ギョンファ外交部長官が、まったく同じことを2月6日にも言いました。6日ぶりにまた同じことを言う理由があるのでしょうか。

まず、聯合ニュースの記事から部分引用します。

<政府は12日、韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)終了延期が一時的であるという点を強調し、日本の輸出規制の撤回を改めて要求した。外交部当局者は「昨年11月22日の韓日両国間の合意の趣旨に基づいて、日本政府に、私たちに対する輸出規制措置を早急に撤回することを再度、促す」と述べた。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

先に政府は、日本が昨年7月以降、相次いで韓国への輸出規制措置を取ることで、同年8月23日GSOMIA終了を通知したが、日本が輸出規制措置の問題を解決するための対話に乗り出すことを条件にGSOMIA終了を猶予している。外交部当局者は「政府の当時の措置は暫定的であったことを想起したい」と語った・・>

https://news.v.daum.net/v/20200212110907033

 

6日のカン・ギョンファ氏の発言のときにも、『なんで国内記者会見で言ったのかな。対外(日本へ)の形ですればいいのに』と思いましたが、今回もまた「外交部当局者が話した」としか書いてませんでした。朝鮮日報の記事も読んでみましたが、同じく「外交部当局者」だけです。

多くの新聞に同時に記事が載ったということは、外交部当局者が話したというのは本当でしょう。公式の場ではなく、多分記者たちと会った場で話した、または外交部担当記者たちにメールでも送ったのでしょうか。6日と同じことを思いました。外交部が行う定例ブリーフィングか何かで、日本に対して公式に言えばいいはずなのに、なんでわざわざ外交部当局者が記者たちにこんな話を広げる必要があったのでしょうか。しかも、長官が言ってから1週間も経ってないのに。

GSOMIA終了を猶予するという発表のあと、韓国は「日本側の発表内容が事前合意と違う」とし、日本側は「何も違わない」としました。すると韓国側は、「日本側が謝罪した」と主張しました。でも、日本側は「謝罪した事実は無い」と。その際、韓国大統領府はこう言いました。「謝罪してないなら、謝罪したと言う私たちに、日本が公式に抗議したはずだ。公式に抗議してこないのが証拠だ」。韓国側は、今日の件で、日本に公式に抗議しているのでしょうか。まだしてないなら、なんで国内記者たちにだけ、こんな話を広げているのでしょうか。それに、「韓国は、米国側とGSOMIA終了の可能性について話している」というニュースもまた、まったくありません。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。※画像は単行本版のものです※

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5