「なんで日本にだけ対抗措置を? いろいろ溜まったものがあるからだ」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

聯合ニュースが、全般的には韓国政府の措置を支持する論調ではあるものの、何かおかしいじゃないか、なんで日本にだけここまで対抗措置を取る?という反論にも結構な字数を割り当てています。

いろいろありますが、『外交の情報筋』さんの『日本には、いろいろ溜まったものがあるからだ』とする弁が特に印象的でした。

後半部(おかしくね?の部分)だけ、引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・しかし、韓国政府の(※日本に対して対抗措置を取る理由に関する)説明は、スムーズには受け入れがたいという指摘もある。

事前に話がなかったというけど、日本の関連措置は9日から始まるので、韓国側が準備する時間はあった。韓国に入国制限措置を取った100カ国の中で、韓国に事前通知せずに措置を取った国は日本だけではない。

また、「国民の不安を収めるため」(※と安倍総理が話した)は、防疫の重要な目標の一つとして見ることも出来るし、日本の立場では、東京オリンピックを控え、コロナ19確診患者が溢れている韓国からの旅行者が流入するのは不安だろうということである。

 

じゃ、むしろ韓国政府のほうが、日本にだけ強く対抗したことには、別の理由があるのではないかという推測も出来る。これと関連し、外交筋は「日本は輸出規制措置などで、これまで溜まったものがあるじゃないか」と述べた。強制徴用賠償判決と日本の輸出規制などで冷ややかな韓日関係の状況が、日本に強く対応する背景であることを示唆したものである。

中国に対して相応の措置をしていないことにも、説明を出した。外交部の関係者は、「外国の措置が、その国の防疫能力などを考慮すると、納得できることもあるが、そうでない国もある」という趣旨で説明した。中国は防疫能力が低いため、韓国人隔離措置が不当ではあるが理解できる面があるということである。

それなら、先進国であるオーストラリアに対してはなぜ相応の措置を取らないのか、という疑問が提起される。これに対して外交部当局者は「基本的に韓日関係と韓国・オーストラリアの関係が同じではないし、両国のコロナ19状況も違う」と説明した・・>

https://news.v.daum.net/v/20200306213107857

 

言い換えれば、韓国が日本にだけ相応の対抗措置を取った理由は、本当に『日本だから』しか無いわけです。ちなみに、『韓国には何の話も無く入国制限した』という話を特によく聞きますが、記事本文にもあるとおり、それは日本だけではありません。ベトナムの場合、急に韓国人入国制限措置をとったため、韓国からベトナムに飛んで行って着陸直前だったアシアナ航空機が、韓国に回航する騒ぎもありました。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5