「なんで日本にだけ対抗措置を? いろいろ溜まったものがあるからだ」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

聯合ニュースが、全般的には韓国政府の措置を支持する論調ではあるものの、何かおかしいじゃないか、なんで日本にだけここまで対抗措置を取る?という反論にも結構な字数を割り当てています。

いろいろありますが、『外交の情報筋』さんの『日本には、いろいろ溜まったものがあるからだ』とする弁が特に印象的でした。

後半部(おかしくね?の部分)だけ、引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・しかし、韓国政府の(※日本に対して対抗措置を取る理由に関する)説明は、スムーズには受け入れがたいという指摘もある。

事前に話がなかったというけど、日本の関連措置は9日から始まるので、韓国側が準備する時間はあった。韓国に入国制限措置を取った100カ国の中で、韓国に事前通知せずに措置を取った国は日本だけではない。

また、「国民の不安を収めるため」(※と安倍総理が話した)は、防疫の重要な目標の一つとして見ることも出来るし、日本の立場では、東京オリンピックを控え、コロナ19確診患者が溢れている韓国からの旅行者が流入するのは不安だろうということである。

 

じゃ、むしろ韓国政府のほうが、日本にだけ強く対抗したことには、別の理由があるのではないかという推測も出来る。これと関連し、外交筋は「日本は輸出規制措置などで、これまで溜まったものがあるじゃないか」と述べた。強制徴用賠償判決と日本の輸出規制などで冷ややかな韓日関係の状況が、日本に強く対応する背景であることを示唆したものである。

中国に対して相応の措置をしていないことにも、説明を出した。外交部の関係者は、「外国の措置が、その国の防疫能力などを考慮すると、納得できることもあるが、そうでない国もある」という趣旨で説明した。中国は防疫能力が低いため、韓国人隔離措置が不当ではあるが理解できる面があるということである。

それなら、先進国であるオーストラリアに対してはなぜ相応の措置を取らないのか、という疑問が提起される。これに対して外交部当局者は「基本的に韓日関係と韓国・オーストラリアの関係が同じではないし、両国のコロナ19状況も違う」と説明した・・>

https://news.v.daum.net/v/20200306213107857

 

言い換えれば、韓国が日本にだけ相応の対抗措置を取った理由は、本当に『日本だから』しか無いわけです。ちなみに、『韓国には何の話も無く入国制限した』という話を特によく聞きますが、記事本文にもあるとおり、それは日本だけではありません。ベトナムの場合、急に韓国人入国制限措置をとったため、韓国からベトナムに飛んで行って着陸直前だったアシアナ航空機が、韓国に回航する騒ぎもありました。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (172)

71 Replies to “「なんで日本にだけ対抗措置を? いろいろ溜まったものがあるからだ」”

  1. シンシアリーさんも希に参照される”楽観”さんの受け売りだけど、日本は中国と事前に打ち合わせをして両者の承諾を得て互いに入国制限を設けたとのことで。
    それにより中国は自国に対する日本の措置に(中国も同様の措置を日本にしているので当然ではあるが)理解を示している。

    よって、宗主国中国と足踏みを揃えられていない韓国の今回の珍騒動は、従って以後勢いを失うだろう、少なくとも相当やりにくいだろう、との事。

    日本もこのような”外交”をやれるようになったのだなと。

  2. 道徳的に正しい事をしているのに結果が思わしくない韓国、道徳的に正しくないはずなのに韓国より結果の良い日本、道徳的に正しければ何事も上手くいくと信じる韓国人には認めがたい現実だと思う。現実を認めれば、韓国が日本より道徳的に劣る事になるからと考えるのだろう。
    韓国は儒教道徳と言う宗教国家と思えば納得できる。

    1. 日本人から見れば、韓国と道徳は真逆の存在、相反する物にしか見えないけどね。
      自分勝手な恨を道徳と呼ぶ、餓鬼道に落ちた人達。

    2. 彼らを見ていると、彼らの「道徳」とは70年前の戦争において決定した、日本は絶対悪の犯罪者で朝鮮は絶対正義の被害者という単純な法則としか思えない。それが覆ることは絶対ないしあってはならないと信じている。
      ところが、現実にはその法則で解決できる問題など皆無。むしろ、拗らせる要因にでしかない。だから彼らは憤る。わたしたちの法則が絶対正しいのになぜうまくいかない!と。
      その法則を歴代の為政者も覆す事などしなかった。そうして彼らは、日本がいつどこで誰に何をしていても犯罪者がのうのうとなんかしてやがる、としか見ることができない教育をされてきた。
      そんな呪いのような歪んだ正義感を信じ込まされて日本を恨み続け、結果として自らの首を絞め続けている事に気づかない彼らが時々哀れに思う。

  3. 「なんで日本にだけ対抗措置を?」

    >>何をやっても日本はやり返してこないことが分かっているから

    これだけじゃないでしょうが、これが無関係ということはあり得ないでしょう。

  4. 段々通用しなくなってきている事に気付こうよ…

    日本人攻略マニュアル
    1.日本人が反論してきたら、大きな声で怒鳴りつけろ。
    2.体面を気にする日本人は国際社会で叩けば金を出す。
    3.日本人に弱みを見せるな。
    4.生粋の日本人など居ないと奴らに吹き込めば従順になる。
    5.日本国内の公害も、言いがかりをつけて賠償させろ。
    6.日本人が正しいことを言い始めたら、関係の無い間違いを指摘してはぐらかせ。
    7.金も技術も無いときは甘い声で日本に近づけ。
    8.騙せない相手でも、一度は試してみることは常識だ。
    9・相手がうんざりするまで交渉は引き延ばせ。
    10.贈り物を拒否して困惑させろ、日本人ならもっといい物持ってくる。
    11.謝罪するくらいなら相手を訴えろ。
    12.日本人の前では困って見せろ。

    1. というか下に実際の動画との対比があるように、単に叱りつけている図が欲しかったのですね。
      お辞儀をしている最中の一連の動きの中での写真で、こうあるべき、あってほしいという場面ですね。
      本当はハリス大使にもしたいでしょうが、米国はそれを許さないでしょう。またその根性は政府にも外交部にもないのです。

      ともかく、七誌さんは喜んでいいところでは?
      一時的にとは言え、ビザ復活、韓国側からも距離を置いてくれるのです。
      (韓国側のビザは一時的なのか、今後交渉のカードにするのかはわかりませんが。対日カードがGSOMIAしかなかったので何か欲しいでしょうし)
      七誌さんの「断交」よりはるかに2国間の距離が開いているのです。
      ストレスなど感じずに、今日もホルホルして、美味しい夕飯食べましょう。

      (´・ω・) 健康と体力大事〜

        1. 七誌さんの断交論が、韓国との距離を考慮するより、上と下を考慮したものならば、今日も韓国の勝ち、日本の負けですね。
          でもそうでなく、距離を見るなら、日本だけでなく、韓国も距離を置き、離れゆく2国をみることができます。ここに喜びでなく悲しみを見出す必要などないのです。
          すぐにすり寄ってこようが、今は望んで互いに距離を取ったのです。断交を望むものなら喜ぶところです。(きっと

          で、断交しようが北朝鮮の上や下の価値観がかわるわけでなく、日本もまた韓国のそうした価値観に付き合ったり、変えさせることがないならば、開いた距離、それが大事なのです。
          まあそんなわけ。

          イチゴの美味しい季節になりました。
          モリモリ美味しいものを食べ、コロナや病気に備えましょう。

          1. gsomia破棄で上げたわたしの祝杯は何だったのか、全くの糠喜びだったね。

            こんなのでホルホルする、ミカゲや楽韓の気がしれねーよ、わたしはね。

          2. そういえば、GSOMIAの更新では、唯一空蝉さんが「更新の破棄は破棄される。だって韓国だもの」(意訳)と予想して当ててましたね。

            韓国が韓国である限り、七誌さんの望む勝利などないし、勝利したと思っても次の瞬間には「なんでこうなる」となるわけです。
            日々「今日も負けた」などストレスを貯めるのも健康上よくないので、ホルホルして元気に過ごしましょう。

            あと七誌さんの視点で負け続けているはずの日本が、何故か今、韓国と最も距離がとれているのです。
            そんなに現状悪くないよ、ということです。
            向こうは外交も経済もボロボロなのです。
            そして文大統領には、それらを立て直す術はないのです。
            残された手段の反日も先鋭化され、日本側もまたそれに反応し、2国間の溝がさらに深まるのです。
            何を悲しんでいるのかと。

            七誌さんが目指していたのは「断交による関係の希薄化」ではなく「断交を手段とした新たな上下関係の構築」だったということです。
            そうでないなら祝杯をあげてもいいのです。

            今に乾杯!そんなことよりコロナに感染しても弾ける健康体に!

            (´∀`)ノ【オレンジ】 カンパーイ!

          3. 今日もどうしてかなーおかしいなあーと延々と言いに来る。うんざり。 より:

            自分もブログを始めてから嘆いてはどうです?七誌さん

    1. 日本は特別な国、日韓関係は特別な夫婦の関係ですからね。

      だからこそ、断交が必要なのですよ。

      陛下の名代である大使が頭を下げる前で、韓国の大臣ごときが呼びつけてふんぞり返って叱責する関係を解消することこそが必要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。