記事『日本が韓国に情報をお願いしてきた!』→防疫本部『違います』

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

昨日、「外交では強がりな日本だけど、実は韓国に診断ノウハウをお願いしていた」とする記事がありました。ソウル経済の『外交葛藤日本、裏では韓国にコロナ検診情報SOS』などがそうです。昨日の午後に読みましたが、ダウムだけでコメントが9000個もありました。

そのあと、記事が盛り上がりすぎたせいか、韓国防疫当局が「そんなことは無かった」と説明しました。以下、ニュース1の記事、短いので全訳してみます。

<最近、日本が韓国疾病管理本部に新型コロナウイルス感染症(コロナ19)診断のノウハウを要請したという報道があった。防疫当局はこれに対して「そんなことはない」という説明を出した。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

中央防疫対策本部は13日、報道資料を通じてこのように明らかにした。報道された内容の1つは、米国疾病管理予防センター(CDC)が、韓国疾病管理本部を訪問し、協力を要請したというものである。

防疫対策本部はこれに対して、「駐韓米国大使館の疾病管理センター派遣官が最近赴任したことで、大使館の活動の一環として、私たち疾病管理本部に防疫情報などを問い合わせたことなら、ある」、「ただ、米国疾病管理予防センター当局者が訪問したわけではない」と説明した。

 

もう一つ報道は、日本が韓国疾病管理本部にコロナ19診断ノウハウを要請したという内容だ。これに対して防疫対策本部は、「日本と韓国は、世界保健機関、国際保健規則(WHO IHR)に基づいて、国際的なネットワークを介してコロナ19の現況、診断、検査等に関する情報を共有している」、「ただ、日本が私たち疾病管理本部に診断テストのノウハウを要請したという内容は、事実ではない」と述べた>

https://news.v.daum.net/v/20200313202727803

 

すなわち、各国の各部署がいつもどおりやっていただけのことだ、という内容です。しかし、それでも、今日もまた、一部で「安倍が困っているのがよくわかる」などとする記事がいくつか目につきます。昨日「SOS」で大ヒットを飛ばしたソウル経済は、「それでも韓国に情報を聞いたのは事実。安倍が困っている証拠だ」とする記事を載せました。昼に読みましたが、それでもまた5000以上のコメントがついていました。「絶対教えるな」「日本は歴史的にいつも韓国に教えを請う」などなど。

これもまた、結局は「違う」と分かり、「お前の後頭部は何色だ」と怒る・・いつものパターンになるのでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (193)

111 Replies to “記事『日本が韓国に情報をお願いしてきた!』→防疫本部『違います』”

  1. そして、
    「日本がコロナで困った時に韓国が助けてやったのに」
    となるのですね。
    いつものように。

  2. 日本が困っている、安倍首相が困っているというのは(事実かどうかは関係なく)韓国的には嬉しいことなんですから、是非ともその方向で走っちゃって下さい。どうせ彼らに事実を突きつけたって、信じたいものしか信じないのだから、説得するだけ無駄です。一生、夢の中にいれば幸せでいられるでしょ。

  3. 日本は歴史的にいつも韓国に教えを請う
    そうか!大八車や水車も作れなかった朝鮮になにを教わったのかな?
    日本は韓国に米作りや色々教えたが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。