お知らせだけのエントリー

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

25日は、桜を見に行ってきます。ただ、家の近くを何か所か回ってみるつもりで、ブログに写真は載せることが出来ないと思います。午後遅くからの更新になりますので、前もってお知らせ致します。

最近、雑談ばかりだったけど、多くのコメント、ありがとうございます。実は、本の原稿にするために書いたものの草稿ですが、相応の自信を持つ事ができました。

今書いている本には、一部だけですが、(日本のことで)神国という言葉が出てきます。『神国』という単語にはいくつか意味がありますが、単に、神々が宿る国という意味になります。「『宿』る」だけに、ホテルなどに喩えて書いた部分もあり、今まで書いた原稿の中で、一番楽しく書くことができました。まだ終わってないけど。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

外国では、日本の神道(Shintoism)を「宗教でない宗教」だとします。外国人の目には日本人のほとんどが神道を信じている、その教えを守っているように見えるのに、いざ日本人の中に「うちの宗教は神道です」と言う人はそういない、というのです。韓国にも、儒教思想というものがあって、外国から同じことを言われます。「どうみても儒教の教義を守っているのに、自分の宗教を儒教だと言う人はそういない」、と。

 

あくまで韓国で私が経験したことに限ってのことですが(そうでないならこんなふうに書けません)、人間中心の儒教と、神中心のキリスト教ですが、共通する部分もあるにはあります。儒教もキリスト教も、とにかく「敬」を示せ、というのは同じです。徳(身分は生まれ持った徳で決まるものだとします)が高い人に敬の意を示せ、自分が徳の低い人間だと認めろ。罪を赦してくれる神様に敬の意を示せ、自分は罪人だと認めろ、と。

それに、『人が正しい生き方をする』には他の方法が無く、ある意味、とても一方通行です。身分だから諦めろ、または「イエスを介さないと救援など無い」などなど。逆の方向には、『敬』を示しても意味がない、究極的には何も変わらないことになっています。むしろ、双方向性を望むことは、世の中の理に反することなのだ、というニュアンスすら感じられます。

私は、韓国で、ざっと四十年間、実生活のの中で、これら二つの思想を経験しました。そして、いまハッキリ覚えているのは、「疲れた」という感覚だけです。

 

いまだ私が「イエスは素敵な方だった」と思っていながらも、キリスト教徒をギブアップしたのは、神に疲れたわけではありません。神の名で愛を語りながら、矛盾した言動しか示さなかった、教会の「人」たちに失望し、疲れたからです。儒教に対しても、いまでは「韓国の社会悪」としか思っていません。相手を見下すことで人より上になれると信じる人たちを量産してしまったからです。孔子のせいでも徳のせいでもありません。ただ、人のせいで嫌になりました。疲れました。

 

真の神国とは、神が人間との共存を受け入れ、人間が神との共存を受け入れた国のことではないでしょうか。人が人に、人が神に、神が人に、敬を示してくれる国。それが神国です。私は、その関係を支える大きな柱の一つこそが、日本語だと思っています。ふっと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。在留資格や帰化を「文章」だとするなら、「行間」にあたいするものは何か。書いてないからといって何かを見落としていないか、そんな本です。

多少不安なところもありましたが、最近続いた雑談のコメント欄を読んで、安心できました。もう追い込みに入ります。桜を見てから。

それでは  (・∀・)ノ

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (143)

“お知らせだけのエントリー” への61件の返信

  1. 神国って表現は、ちょっと誤解を招くのであんまり好きではないですね。

  2. こういう話の時は、日本だけ見ずにインドあたりを噛ませるといいと思うんですけどね。
    日本は仏教を媒介に影響を受けているわけで、神々の性格などは似た部分がありますが(例えば、シヴァ(大黒天)~ 大国主、スサノオ)、日本社会とインドの社会はかなり違うわけで。

  3. シンシアリー様

    扉の桜の写真なんですけど、その前は菜の花、富士山、
    とずっと見て来たのですけど不可解な事が有ります。
    観る回数か?後で段々と写真が精細化して、細かいところまで見えるようになるのです、私だけでしょうか? 
    富士山の登山道とか、最初はお持ちにカメラに似合わない画質ですけど、最後にはホーと感じます。
    なにか、工夫をしてるのでしょうか?

    1. ・・・・いいえ。でも、もしそうなら嬉しい限りです。レナのことも含めて。

    2. 携帯電話の通信の最適化で、混雑している時間帯に観ると画質が落とされます。

      一旦、空いている時間に観て高画質な画像が携帯電話内のキャッシュに保存されると、それからはキャッシュの期限切れで破棄されるまで高画質のままですね。

  4. 俺個人の話しだが、キリスト教について考えるときは常に歴史としてとらえることが多い。イエス様については二千年前のナザレに実際に居た大工のおっさんだと思っていて、誠に失礼かとは思うが最高神という考え、または感情は生じない。誤解の無きようにしたいが、最高神、或いはキリスト教そのものを侮辱するという意味ではない。
    お主は知っているだろうか、イエス様の肖像画を描く女性を。
    動画サイトにあるので良かったら探してみてくれ。

    アメリカでの話だが、少年が事故だか何かで生死をさまよう事態になったそうだ。その時その少年は天国と思しき場所、確か教会のような場所だったと記憶しているが、行ったそうだ。そこで一人の大人の男性と合った。どうやら神様らしいのだ。目が覚めてこっちの世界に戻ってきたある時にイエス様の肖像画を見た少年は、僕が天国?であった男の人はこの人だよと。
    騒然となったそうだ。

    俺はその肖像画がイエス様だと知った時、不覚にも泣いてしまったことを白状しておく。何故かは分からん。が、神が目の前に居るということに驚いたのかもしれない。

    1. イエスは最高神ではないけどね。彼は神の子であって、神そのものではないです。
      というかアブラハムの宗教では神はただ一人しかいないので、最高もなにもありません。

      1. >彼は神の子であって、神そのものではないです。
        その説明はおかしい。
        キリスト教のうち、正当主流派を占めているカソリック、プロテスタント諸派の多く、及び東方正教会においては、「父(=父なる神・主権)、子(=神の子・子なるキリスト)、霊(=聖霊・聖神)」が三位一体で不可分であることが重要な教義として主張されている。
        もちろん三位一体を認めない「異端派」もあるけど。

  5. 日本の神様というのは、常に荒魂と和魂という2面性を持つ。純粋な善の神とか、悪の神とかいうのはほとんどない。

    例外的に祟り神があるが、日本ではむしろ祟り神こそ厚く祀られる場合が多い。
    むしろ荒魂を祀るのが、たいていの神社の役割かもしれないほど。

    日本では、祟る神も、それを鎮める人には加護を与えるし、善き神もそれを穢すものには罰を与える。

    これは日本人の心の有り様が反映されたものだと思っていますけれど。

コメントは受け付けていません。