野党議員(去年)「韓国の外換保有庫は何かあれば一気に無くなる」

コメント欄が表示されないなどブログ表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

2008年あたりから、韓国銀行の外換保有庫(外貨保有高)のことで、『実はすぐ使える分は多くないのではないか』という話がありました。でも2009年からは嘘のようにこのような指摘が消え、結構探してみても、相応の資料は見つかりません。違うなら、~が~だから違う、と早めに言っておけばいいのに。

最近、またもやスワップがワップワップ(なんだそれは)していて、何か外貨保有高の内訳に関して新しい情報は無いだろうか、とちょっと探してみました。でも、『無かった』が結論です。でも、せっかく調べたので載せてみます。「ふーん」な気持ちでお読みください(雑談カテゴリーにしました)。

さて、ここから本文となりますが、そこそこ関連していると思われる最近(去年と今年)の記事を2つ、部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

まず、去年6月、自由韓国党(現・未来統合党)チョン・テオク議員が、韓国の外貨保有高に対して『一気に無くなる恐れもある』と話したことがあります。ニュース・ワークス(※ウィークスではありません)というネットメディア、2019年6月17日の記事です。

<自由韓国党チョン・テオク議員は17日、論評を通じて「(韓国の)外換保有庫は4000億ドルだが、(これの)ほとんどは、外国人が政府国債と私たちの企業の株式として保有するもので、私たちの経済が危険となると、数千億ドルが一時に離脱することもある」と警告した。チョン議員は「韓国経済は、小規模開放経済」だとしながら、このように指摘した・・

・・また、「(韓国は)危機時にお金を刷ることができる米国のような基軸通貨国でもない」、「日本は政府の債務のほとんどは日本国民が持っている。日本の負債が200%といっても、私たちとは境遇が違う」と厳しい忠告を与えた・・>

http://www.newsworks.co.kr/news/articleView.html?idxno=368777

これが、私が知りたかったものともっとも近いニュアンスの記事ですが、探してみてもこれ以上はありませんでした。というか、記事にしているのもネットメディアばかりでした。危ないサイトではないと思われますが、直リンは致しません。

 

もう一つは、『外貨保有高』ではなく、『韓国銀行の外貨資産』の構成に関する内容です。セゾン大学キム・デジョン教授の主張です。今年3月17日、ニューデイリー経済の記事から、部分引用します。

<・・キム教授は、韓国銀行の外貨準備高運用も問題視した。韓国銀行外貨資産構成をみると、国債36%、政府機関債21%、社債14%、資産流動化債権(MBS)13%、株式7.7%である。

社債とMBSは不渡りの危険がある危険資産であるというのがキム教授の説明だ。キム教授は、「韓国銀行は、いつでも引き出せる現金と国債を中心に運用しなければならない」とし「投資の3大原則は、安全性・収益性・換金性であるため、(韓銀は)住宅ローン債権などは売って、国債とドルの割合を高めなければならない」と助言した。>

http://biz.newdaily.co.kr/site/data/html/2020/03/17/2020031700243.html

 

ちなみに、日本銀行のものはこちらです(PDFファイルとなります)。韓国銀行の場合、記事の数字を全部合わせると91.7%ですから、現金は8.3%未満ということでしょうか。日本銀行の場合、現金(預け金)の比率がずっと高い事がわかります(※日本の外貨準備高は去年時点で1,322,279百万ドルです)。

https://www.boj.or.jp/statistics/boj/other/other_gai/gai1909.pdf

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (126)

36 Replies to “野党議員(去年)「韓国の外換保有庫は何かあれば一気に無くなる」”

  1.  大韓民国は支払う利子があまりに高過ぎるのも一因ではないか、為替スワップでアメリカからの借金への応募額が限度額に達しなかったのは。

    いうのがどこかの誰かが書いてました。

     日米為替スワップ(ハードカレンシーと基軸通貨のスワップ)

    約2.5倍の利子は高いかねぇ~~(紙屑ウォンはリスクだらけ、仕方がない?)

  2. これってイマイチ理解出来てないんだけど。

    韓国家の家庭収支
    お父さんが小遣いが足りなくなりました。なのでサラ金で金を借りて足りない分を賄いました。家庭外借金が増えました。

    日本家の家庭収支
    お父さんが小遣いが足りなくなりました。
    なのでお母さんに小遣いの前借りして足りない分を賄いました。家庭内借金が増えました。

    みたいな感じかな?
    教えてエロい人!

    1. エロくはないけど、
      日本の場合は、日本政府が
      日本国民に借金しているわけ

      で、海外にいっぱい貸付て
      超低金利ながらも、金利が入ってくる。
      その金利は日本政府の純資産

      もちろん日本政府は、国民に
      お金を返さないといけないけど。

      お金を印刷して返すこともできる。
      物価が上がるので、国民は怒るけど。

      韓国の借金は、海外から借りている。
      韓国の家庭の借金は増えていく。
      韓国でお金を印刷して返すことは
      できない。
      そして借りたお金は返さないといけないけど。韓国は借り換えして
      金利のみ返済している。

      でも金利は膨れあがり、
      限界に近づいています。

      言葉は忘れたけど、
      経済成長が金利を上回る限りは大丈夫だけど

      経済成長率が金利以下になると
      国家経済破産する

      1. 物価上がりますかね?
        戦後の物資設備不足と復興需要と戦時国債償還でも、今の日銀異次元緩和でも、物価が上がらない。
        金があってもモノを買う物欲が無い以上、インフレにならずに金融資産のデジタル数値が上がるだけでしょう。

        もはや、金融理論より精神の理由で。

    2.  バンカーとか大金持ちになったつもりになると分かりますよ。
       庶民(貧乏人)に銀行がお金を貸すことはなかった。
       銀行は、住宅ローンなどというチンケなのは相手にしなかった、そもそも住宅ローンそのものがなかった。
       銀行がお金を貸すのは大金持ちだけ。
      たから庶民には大借金(国債)の話は難しい。
       大金持ちは、借金は返すつもりがない。銀行も返して貰うつもりがない、
       高い利息を稼いでナンボだから元本ポンと返されたら困る。いつまでも優良客には借金していて貰いたい。
       大金持ち
      国債を買っている大金持ち(年金機構や証券会社や銀行や郵貯や生保や損保等々)は、国債を償還されたら困る、資産運用に困る。
       永遠に世界一安全で大金持ち日本国政府に凄まじい大金を貸し付けたまま配当金をもらい続けたい。
       満期がきたら借り替えさせてくれなきゃ困る、全ての金融機関が困る。満期に現金化などとんでもない。
       日本の国債は国民が貸しているというのは、大蔵省の嘘(国民一人当たりの借金が何百万円という)嘘捏造に対抗するための理屈であって、
       実際に国債を買ってきたのも保有してるのも巨大金融機関。
       国民は、年金機構や郵貯などを通して間接的に保有しているようなもの。

      ういう牧歌的なのは超大国の日本とアメリカぐらい。
       超貧乏後進国(ギリシャ・大韓民国)は、我が国と真逆。

    3. 「日本政府は海外ではなく日本国民に借金している」という金融専門家の言い回しには、少しゴマカシがあります。だって私も日本国民だけど、政府に借金なんかさせた覚えはないよ?
      日本政府が借金している相手は一般個人の日本国民ではなく、正確には「日本国債を保持している金融機関」ですよね。海外諸国と違って、日本政府は、海外の金融機関にはほとんど国債が売れてない。
      つまりは江戸時代の幕府や藩と同じような財政状態で、両替屋など大規模商家からの巨額の借金を抱え、それを常態化している。貸し方も借り方も返済する(してもらう)つもりは当分はない。借金の清算が必要ないうちは、次々借り換えしながら、余裕があるときだけ一部返済していけば何とかなります。
      でも何らかの理由で清算が必要となった場合は大変なことになる。例えば忠臣蔵で浅野藩が取り潰しと決まった際、浅野藩へ貸し付けていたメイン・バンクの両替屋は倒産、浅野藩の発行していた通貨(藩札)は、グローバル通貨の幕府発行小判等に換金されたけど額面の6割とか7割とかだった。まあそれでも紙屑になるよりはマシだったけど。
      その「清算が必要となるリスク」をどう考えるかによって、財政赤字に対する懸念は異なるよね。MMT論者だったら「そんなの気にする必要なし」って、米国の女性経済学者が言ってるけど。
      財務省は一貫して「万一の場合に備えろ」と警告してる。でも本当に財政収支が大幅改善したら、ただでさえ円高で苦しいところが「スーパー円高」になってしまって、国内輸出産業は壊滅するだろう。

      1. >日本政府は海外ではなく日本国民に借金している」という金融専門家の言い回しには、少しゴマカシがあります。だって私も日本国民だけど、政府に借金なんかさせた覚えはないよ?

        政府は日本国民に借金しているのです。
        そもそも日本円の信用の根拠というのは、日本人全体の信用なのですね。

        おかねの価値というのは、交換性と永続性。
        日本が生産力のある国であれば、その生産物を購入できる円の価値はあがり、日本全体の資産が増えれば、日本がデフォルトする可能性が減るために、日本円の信用は上がるのです。

  3. 端的に言うと

     韓国の問題は、すぐに換金できないことと、ウォンが極めてローカルカレンシーであること、外資が入りやすく引き上げやすい構造になっていることです。

     この指摘はずいぶん前から各所でなされていました。とくにIMF管理以降の「外資が入りやすく引き上げやすい構造」への転換は、韓国の成長を促す反面、生殺与奪の権限をハゲタカに与えることです。

    >でも2009年からは嘘のようにこのような指摘が消え、結構探してみても、相応の資料は見つかりません。

     これが問題です。警鐘を鳴らし続ければそれに対する備えもできますが、隠蔽し続ければ「備え」はないことになります。「備えれば」シンシアリーさんご指摘のように「破綻しない理由と対応を述べればいいだけ」ですから。

     「中央日報」が「韓米通貨スワップのドル供給、応札は設定額以下…その意味は?」という記事で落札の少ないことを

    >米連邦準備制度理事会(FRB)が世界にドルの流動性を供給する政策を持続的に展開し、韓国を含む世界証券市場がやや安定したことで、ドルを確保する必要性が弱まったと、専門家らは分析した。  (ttps://japanese.joins.com/JArticle/264609?sectcode=300&servcode=300)

    と分析しています。「需要はあったけど、応札基準に満たなかった」という分析はないのでしょうか?韓国のドル不足は「流動性危機」の前からです。

     市中銀行に対して「ウォン建てで110%の資産価値となる担保が必要」としています。2008年時も担保が必要でした。
     しかも「この当初の担保のポジションは為替レート、金利の変動によって変化する。毎週再評価される担保の価値が、ドルローンをウォン換算した価値の105%未満になったら、銀行は110%以上になるようにウォン建て担保を追加で補填する義務がある。」
    ということです。
    (ttps://money1.jp/archives/16168 の「韓国銀行」プレリリースの英語の日本語翻訳です)

     担保要件が厳しい上に、追い証まで要求されては応札基準を満たす市中銀行は少ないのではと思います。逆に言えば「基準を満たす市中銀行が少ないこと」こそ問題の深刻さを露呈しています。

     「危機の警鐘に関わる分析」よりも「こうあって欲しい安心の分析」が優先することが韓国らしいです。「観たくない現実」より「そうあって欲しい現実」を大切にします。

     「観たくない歴史の事実」より「そうあって欲しい歴史の真実」を大切にします。一事が万事ですが、結果が出てから後悔します。その後悔も転嫁したり忘れたりで長続きしません。いやむしろ、後悔すらも「そうあって欲しい現実」に上書きされます。

     「負けという現実」を受け止めないですし「負けという現実」はすぐに「勝ったという幻想」に上書きされます。

    偉大で誇り高い韓国に「負け」はありません。

     

    1. じわたねほ 様

      <偉大で誇り高い韓国に「負け」はありません>。
      独自の解説、有難う御座います。何が偉大なのですか?
      インドネシアの様に独立戦争をした事すらない超汚染人ですよ!

      真っ赤な文在寅政権による超汚染人の「国家破産街道進行中」ニダ
      機能的文盲のハングル愚民には、理解できません!
      米軍のおかげで「棚ぼた独立」その後、李承晩による大虐殺!
      北超汚染と南超汚染の両者による相互虐殺で最低300万人が死亡!
      日本は「非韓3原則」ニダ!

  4. 韓国の外貨準備高のうち、現金は韓国の公表を信じるなら2月末時点で200億ドル程度だったかと。
    最近の動きから見ると既に現金も危険水域なのでは。

  5. これを機会に、調べてみました。
    為替介入は財務大臣が行う。実務を日銀に指示し、日銀為替課が、財務省外為特会の資金を使って行う。そして外為特会と日銀保有外貨の合計を外貨準備高と言います。外貨準備高1兆3千億ドルのうち日銀保有外貨はシンシアリーさんのURLでは6600億円(660億ドル)とほんの僅かで為替介入には使わない。その使用目的は(1)国際金融協力(2)邦銀へのドル供給(3)(海外?)外貨建て投融資資金供給の3つ。(日銀HP)今回の米韓通貨スワップはこの(2)の業務に類するものでしょう。

    外為特会のほとんどは米国債です。
    4/7現在の外貨準備の表(財務省HP)に外貨は
    (a)証券1兆1千億ドル
      内 本邦発行体分 0ドル
    (b)預金1千億ドル
    とあります。
    この本邦発行体分が「外国人が政府国債と私たちの企業の株式として保有するもの」な当たるのでしょう。外貨建て国債を売ったか国債を外国に売ったかしたんでしょう。民間企業の外貨建て債券もウォンに漢銀が交換してそのドルが外為特会に入るんでしょう。サムソンなどが株式を海外で発行することもあるからそれを国内に持ち込むときに外為特会にドルが貯まる。つまり国や企業の債務がドルの形になっているだけなので返済を求められれば消えてしまう。

    「日本銀行は、財務大臣の代理人として、財務大臣の指示に基づき、財務省所管の「外国為替資金特別会計」(後述。以下、「外為特会」)の資金によって為替介入を行っています」
    「日本銀行は、財務大臣の代理人として為替介入を実行しますが、そのフロント事務を担うのが金融市場局為替課(以下、日銀為替課)」(ここまで日銀HP)
    「外貨準備高とは各国の通貨当局(日本の場合=日本銀行+外国為替資金特別会計)が保有する流動性の高い外貨建て資産(外国債券や外貨建定期預金など)の残高のこと」(野村証券)

    1. なお日本の外為特会の膨大なドルはほとんどがかっての円高の時の為替介入で貯まったものです。売る円は、政府債を発行してつまり銀行などに販売して揃えたものです。国債か、のようなもので銀行に払う利息より米国債の利息が高いのでどんどんドルが増えていつのまにか1兆3千億ドルです。1兆ドル超えましたというニュースを覚えている。その後一切為替介入してませんから全部利子で増えちゃった。
      韓国の場合ドルで持っていると同じ仕組みなら銀行に払う利子が高いからどんどん減っていきます。多くをユーロで持っていると聞いています。ユーロの利子は0%です。ドルで持つより減っていく。それで利子の高いジャンク債で持ってるんじゃないんでしょうか?今頃暴落して悲惨な状態かも。

      「日本銀行が財務大臣の代理人として行う為替介入は、すべて政府の外為特会5の資金を用いて行われます。例えば、ドル買い・円売り介入の場合には、「政府短期証券(FB)」を発行することによって円資金を調達し、これを売却してドルを買い入れる一方、ドル売り・円買い介入の場合には、外為特会の保有するドル資金を売却して、円を買い入れることになります。」(日銀HP)

  6. どうでもいいけど、
    「韓日通貨スワップは、困っている日本を助けすだけで、韓国が損する」
    て、キャンペーンやってたのにね。

  7. 韓国は史上最大の外貨保有高があるので日韓通貨スワップは必要ないとして延長しなかったのですよね。でも内実は現金ではなかったため、外貨が足りなくなった。だから盛んに金融委員会のトップや国務総理が、日韓通貨スワップの必要性を言っていたのでしょう。経済専門家や韓国の経済界は、韓国の外貨保有高の内実をよく分かっていたのでずっと日韓通貨スワップの再開を言っていたのでしょう。
    しかし今の状況では日本がそれに応じる可能性はまずない。この間の韓国がやってきたことで日本は韓国を信頼しなくなったからです。平気で国同士の約束を破るような国を誰が信用しますか。信頼を失うのは一瞬だが信頼を得るのは長い時間がかかります。

  8. 全般的に言ってる事が良く分からない。
    外国人が政府国債と私たちの企業の株式として保有するもの
    →国が使えるお金じゃないよね。
    韓国の国債と株に投資している、外国人資金の事?
    外国人の保有している外貨を、韓国政府の外貨保有高にしている?
    良く分からない。
    日本と外貨保有高の概念が、違うのでしょうか。

    1.  本当に何を言っているのか不明ですが、嘗て読んだことによると(この一文の解釈ではないが)、
       大韓民国や支那共産党の外貨準備金は
      (日本とは全然違って)外国人が持ち込んだドル(投資したドル)を外貨準備高に計上している。←立読みの記憶
       アメリカ人でも韓民国の株はウォンで買うほかない。大韓民国の銀行でアメリカから持ち込んだドルをウォンに交換する。(あるいはドルを担保にウォンを借りる)
       こうした銀行のドルを外貨準備高としているということでしょう。

      上 記憶からの戯言でした

  9. いや、別に今更シンシアリー氏に指摘されるような事ではなく
    日本からも再三に渡って指摘されている事だ
    韓国の外貨準備高4000億ドルというが
    実際は八割から九割が有価証券が占め
    すぐに資金として換金できるものではないと
    実際、アメリカの中央銀行の為替スワップをすぐに使ったところを観れば、もう使える資金は残っていないのだろう
    現在は新型コロナ問題でリーマンショックを超えた金融危機が起き始めている。
    これに対抗できる実弾は、韓国には、もうほとんどないのだろう
    選挙期間中はさすがに難しいかも知れないが
    選挙が終われば韓国の政権の日本への擦り寄りが始まるでしょうけど
    恐らく徴用工問題とかで譲歩する事はない
    過去、慰安婦像撤去を約束して通貨スワップを結んだが
    協定締結の翌日には、公然とそれを反故にした挙句、慰安婦告げ口外交を活発に行った
    その苦い経験があるだけに、日本はスワップ締結は徴用工問題などで明確な姿勢を韓国側が行わない限りは締結はやらないだろう

    最近、新型コロナ対策の成功国だと、日本のメディアが盛んに韓国を持ち上げているが
    韓国と協力して、対応した方がよいって日本の媚韓メディアがアピールしているのだろうな
    それで韓国が外交に優位に立とうとしているのは見え見え
    アホらしくて相手にならん

コメントは受け付けていません。