(※少し追記しました)北朝鮮、人民革命軍創建日・・金正恩氏関連報道はまだ無し

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

死亡、脳死、療養中、すでに復帰、米国の陰謀、などなど様々な憶測が出ている、金正恩氏関連ニュース。

1つ分かっているのは、今日が北朝鮮の「人民革命軍」創建日だったことです。普通なら、金正恩氏が姿を現したはずですが・・まだ、そんな報道はありません。中央日報は、『もし(今日)姿を現したなら、明日は報道が出るはず。そうでないなら、健康異常説はさらに広がることになるだろう』としています。

以下、中央日報から部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<最近、健康異常説に包まれ、公式席上に姿を現さないでいるキム・ジョンウン北朝鮮国務委員長が25日、「第88周年人民革命軍創建日に」をきっかけに、公開活動に出るのか注目される。

人民革命軍は、金日成主席が抗日パルチザン活動中だった1932年4月25日、労働者、農民、青年学生を中心に組織された抗日武装軍である。これは、北朝鮮の正規軍である人民軍とは違う。人民軍は解放以後、ソ連軍出身の朝鮮人(※記事原文では『韓人』)を主軸に勢力を拡大し、1948年2月8日に創設された。北朝鮮はパルチザン世代が北朝鮮指導を主導した金主席執権期には、人民革命軍創建日を人民軍創建日と指定して記念した。しかし、金委員長執権後の2018年に入って、実際の人民軍創設ことを記念するとしながら、2月8日を人民軍創建日(建軍節)、4月25日を人民革命軍創建日に指定した。

 

正規軍ではないため、この日を大きな政治記念日と見ることはできない。しかし、最近、北朝鮮が「抗日精神」を強調してきただけに、金正恩委員長の動向が露出される可能性もある。また、金委員長の公開活動は、北朝鮮当局の立場からすると、彼の健在を対内外に確認させて関連した噂を払拭する確実な方法でもある・・>

https://news.v.daum.net/v/20200425104817099

 

記事によると、今日の式典に金正恩氏が参加したかどうかは、遅くても明日の北朝鮮の報道では確認できるだろう、ということです。さて、どうでしょう・・いまのところ、個人的に考えられる可能性は、三つ位あります。

「本当に重体または死亡に近いなにか」の可能性、「本当は北朝鮮でのコロナ19の影響が強く、どっかに隠れているだけ」の可能性、「(前から白頭血統という側面で弱点があったので)多少は金日成に反抗する姿をアピールしようとしている(健康を理由に金日成氏の誕生日イベントに参加せず、金日成の白頭血統の正統性そのものでもある抗日軍・人民革命軍関連イベントにも現れなかった)」の可能性、などが考えられます。

ただ、テ・ヨンホ氏も言ってましたが、いつも参加していた記念式で姿を見せることこそが、もっとも簡単で確実な『健在』アピールの方法でもあります。今日の人民革命軍創建日に参加したのかどうか、明日には分かることでしょう。

 

(※追記)どうやら、人民革命軍創建日にも姿を現さなかったようです。これで2週間も不明(?)状態になりますが、「40日間行方不明だったこともある」という話もありますので、まだなんとも・・

また、韓国のネットに、北朝鮮側が金正恩氏の死亡を報道したという画像が出回っているとのことですが、それは偽物(フェイクニュース)だと明らかになりました。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5