梨泰院関連感染者、38%が『梨泰院に行ってない』人たち

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

昨日、安倍総理が「こうなるといけない」の例えとしていた、韓国の梨泰院クラブ感染。全国に広がりつつあります。感染者は、昨日の18時時点で142人です。

もう、クラブを訪問した人より、そうでない感染者(訪問者によって梨泰院とは関係ないところで感染)のほうが多くなりました。以下、聯合ニュースの記事から部分引用します。

<ソウル龍山区梨泰院クラブで始まった新型コロナウイルス感染症(コロナ19)集団感染が、クラブに行かなかった人たちに広がっている。 2次、3次感染が本格化し、梨泰院クラブ関連の新規感染者は、クラブ訪問者よりも接触者の感染事例がより多くなった。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

15日、中央防疫対策本部(部屋台本)によると、イテウォンクラブ関連の新規感染者が発生面がクラブの訪問者から接触者を中心に変化している・・・14日には訪問者5人、接触者15人と、差がさらに広がった。前日の正午までに報告された累積確定者133人の中では、約38%(51人)が接触者に分類される(※14日18時時点で143人)・・

 

・・イテウォン・クラブ発の集団感染は、クラブに行ってきた確診者が、仕事、家庭などを中心に全国各地に広がっている。職場や家庭など日常生活をする場所だけでなく、カラオケのような場所を媒介にして拡散し、「3次感染」に見える事例も相次いでいる。

指標患者と推定されるヨンイン66番患者(※本件で最初に確診者となった青年)は、職場の同僚に感染させ、仁川ではクラブに行ってきた塾の講師のせいで塾の受講生、同僚講師、家庭教師の学生、保護者など中高生9人、大人5人が感染した。ソウル永登浦の病院では、クラブに訪れた作業療法士から他の従業員と入院患者が連鎖感染した・・

 

・・特に、クラブの訪問者のほとんどが社会的に活動が盛んな20〜30代である点も、懸念要因である。彼らは友人や同僚などとの交流が多く、活動範囲も広い方なので、接触者数が多いと推定されている・・>

https://news.v.daum.net/v/20200515060008444

さらに、高校生も梨泰院のクラブに通っていたことがわかり、一部では高校生も全数検査しろという無茶な意見が出ていたりします。不幸中の幸い、クラブに行っていた高3は陰性だったそうですが、他にも通う高校生が結構多いとのことでして。

いわゆる出口戦略において、『こういう事態だけは避けなければならない』、まさにその典型例が、韓国の梨泰院感染です。K(こういう事態だけは避けなければならない)防疫・・かどうかはともかく、世界各国が反面教師にすべき事案でありましょう。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5