文書は韓国の敵?

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

「ノムたん」盧武鉉大統領の頃、日韓基本条約関連の文書の一部を「公開するぞ?公開するぞ?いいのか?いいのか?」としながら、ついに公開したことがあります。でも、その中身は、韓国民が期待していたものとは、違うものでした。日本が「本当に個人補償はしなくていい?」、韓国が「いいて、政府が全部処理するから気にするなよ」と話していたことなどが明らかになり、結局、韓国政府が個人補償を行ったりしました(「慰安婦・原爆・サハリン残留同胞問題」は解決されていないと無茶を言っていた盧武鉉政府ですが、それでも個人賠償だけはもう終わったと認めました)。

同じ流れとして、韓国の市民団体はは米国政府に対して「518(光州民衆化運動)関連機密文書を公開せよ!公開せよ!」と要請してきました。一部を消したバージョンなら公開されていましたが、実は1~2年前から韓国「政府」も米国側に同じ要請をするようになり、40年ぶりに、先週、さらに文書の一部が公開となりました。ですが、その内容が、韓国側が期待していたものとはちょっと違うようです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

まず、個人ブログなどで話題になっている内容の中、確実にソースが見つかるものだけ、2ヶ所、紹介します。マスコミからはほとんど情報が無いので個人的に調べたものとなります。今回公開されたものなのか、それとも前回公開されたものが今になって話題になったのかも不確かです(タイミングからすると間違いなく今回公開されたものだと思われますが)。その点、ご了解ください。

 

以下、POKG ISSUES ITS OFFICIAL REPORT ON KWANGJU INCIDENT(1980年6月3日)という文書の一部です。全文リンクは「U.S. Embassy & Consulate
in the Republic of Korea」の「Our relationship」の「May 18 Documents」の一つです。外部リンクとなるのでご注意ください

 

まず、まっさきに目に入るのは、「2」の、光州民衆化運動を「riot」と書いている点です。これは、「暴動」という意味で、韓国側がもっとも聞きたくないと思っているものです。

また、professionally instigated and attained proportions of [mass hysteria]で、「専門的に扇動された」という記述も気になります。これもまた、韓国大好きな「市民の自発」という側面とは相反するものです。

さらに気になるのは3で、暴動は「共産主義者(communist agents)」と「金大中支持者」によるものだ、となっています。ここ、一部のマスコミで「金大中の支持者によるもの」の部分は紹介されましたが、共産主義者という内容は報道を見た記憶がありません(私が見てないだけかもしれません)。

とはいえ、別に何の問題もなく、話題にもならず、いつもどおり「518マンセー」です。大統領は次の憲法前文に入れると公言していますし、文句を言う人もいません。不思議なもんですね。「安倍によるもの」と書いてあったら今頃大騒ぎになったかも・・

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (169)

74 Replies to “文書は韓国の敵?”

  1. 韓国の、ものを歪める動力が見えた気がする。最初は期待。明らかにせよ、公開せよと燃え上がる。公開すると期待とは違う。するとその動力はそのまま、事実に触れないように、かわすように突き進んでいく。結果、歪む。
    動力の先には必ず日本や安倍さんが視界に入るようになっている。
    ねじれ猪突猛進とでもいうのか。都合が悪ければ無視。どうあっても立ち止まるってことをしないようです。

  2.  韓国では歴史を「固着」して凍結すれば勝ちです。さっそくその動きが出てきました。韓国与党は「5・18歪曲処罰法を作る」という動きに出ました。(ttp://japan.hani.co.kr/arti/politics/36675.html)

     5・18はその理念がどうあれ、「暴動」であって「市民の自発」による合法的な抗議活動ではないと認識しています。

     韓国は歴史を「固着」するのが大切だと先に何度も述べました。「虚偽」と「ねつ造」で作られる歴史です。「客観」や「事実」でその妥当性を担保できません。認識の「固着」こそが唯一無二の「正当な」歴史となります。
     映画を歴史の「文化的な証拠」と言ってみたりする。日本人にはとうてい理解できないこの感覚。「固着」こそ歴史だという認識の上にあるものです。慰安婦像や徴用工像もこれにあたります。モニュメントによって歴史を「固着」する。
     「固着」した後は、法律によって「凍結」する。これで韓国の歴史のできあがりです。韓国における右派と左派の歴史認識論争も結局は、「どちらが歴史を固着させられるか」という問題に過ぎません。

     「帝国の慰安婦」も「反日種族主義」も韓国の「正当な」歴史認識の方法に逆らったという罪で断罪されます。もし学問や史料における客観性で「いままでの」歴史認識が覆されたら韓国という国のアイデンティティが崩壊します。
     これらの著作は、一般の韓国人にとって歴史の検証ではありません。韓国のアイデンティティへの挑戦です。韓国では断罪されてしかるべきものです。

     このようなアイデンティティを持った社会で、日本や西洋諸国がイメージするような人文系の学問は成立しません。当然のように慰安婦を売春婦だと言った教授はその責を負わされます。

    >文書は韓国の敵?

     「?」はいりません。「文書(客観的証拠)」は「韓国のアイデンティティ」の敵です。
     

    1. 「がんばれ韓国。真実に負けるな」っていうフレーズがありますが、
      この21世紀のネット社会においても、為政者が情報隠蔽に成功すれば、
      嘘の上に成り立つ国が存続できるんだなっていう一種の驚きです。

    2. そもそも中華世界では、中華以外が歴史書を作るのなんて死刑値する罪なのです。

      実は韓国は、この伝統を忠実に守っているに過ぎないのです。
      歴史を書き変えようとする朝鮮人こそが、韓国の保守なのです。

      1. そう?
        左派も保守もそれぞれの都合に応じ歴史書き換えしようとしてますね。
        あと別に中国の歴史に韓国が合わせているわけでもないですよ。
        中華に合わせると、古代から日本の併合まで属国になります。
        韓国の歴史は、中華ファンタジーではなくウリナラファンタジーなわけです。

        1. 多分、韓国人の中では「我こそ中華」の設定が、まだ生きてるんですね。

          「漢人は蛮族の満人に征服されて、中華の正統たる資格を失った。となれば、ウリナラこそ、まさしく『中華』ニダ」と、ファンタジーの世界では最強の設定です。なんでもやり放題。

          現実の世界では、状況を直視すると自我が崩壊するので、目をつぶって暮らしています。だけど、時々ファンタジーと現実が入り混じってしまうのです。

          この「ファンタジーの世界」から「現実世界」に混入してきた声が、もしも聞こえたら、ありがたく御高説を拝聴しなければいけません。矛盾を指摘するなど、もってのほか。
          ファンタジーの世界に矛盾は有り得ないのです。
          あなたはそれを理解するべき!

          1. あー小中華ですね。

            (´^Д^)b ←理解した

            そして、韓国内において、韓国人のウリナラファンタジーの歴史を書き換えようとするのは保守だ、ということにつながるのでしょうが、別にそこまで韓国人の視点に立たなくても。まあそれが七誌さんと言えばそうなのでしょうが…。

        2. どんな事実が出て来ようが
          韓国に取って問題ありません。
          ウリの書きたい様に書けば真実になる魔法の国だって事を大統領が示せばいいだけです。
          都合に合わせて行くうちに不都合が出ようとも、韓国では公に追及するのはタブーだってみんな分かってらっしゃるんでしょう。
          騙された(誰に?)被害者イアン婆さんの年齢が毎回変わった事くらい皆さんご存知だったでしょうが、大学教授の先生方も
          足し算引き算を放棄なさるワンダーランドですもん。
          正論の剣も敵いません。
          実態の無い空気と戦うようなものです。
          いっそ憲法前文のどこかにアベガーを入れるのも、韓国の歴史は時空をかっとぶのが常だから、それも良いと思うなー。
          あ、日本のフジテレビも2ヶ月前の原宿の映像を放送2日前の映像として流す程度に時空が歪んだ放送局のようです。

          1. ↑投稿する位置間違えちゃいました。
            上の方々への返信としてではありません。

  3. 当時の文書記録や歴史の一次資料は、史実を改変、曲解、捏造するのを困難にする。
    よって、これらの物は韓国が唱える歴史を否定することが多々ある。
    韓国が唱える歴史を否定する物は韓国の敵だ、ということらしい。

    1. これ、個人的な見解なんですが。
      現在の報道などにも、この事が影響を与えていますよね。
      明らかに誤った内容なのに、さも事実のように報道する姿勢。

      現在、彼らの妄想の歴史が資料によって否定されている事を教訓に、自らに都合の良い内容(もちろんフェイク)を垂れ流しています。
      未来から見て、「ほら新聞に報道があるだろ」と言う為に。

      1. 映画監督が「真実を証明するためにこの映画をこの作った」
        って真面目な顔していう人達ですからね。
        ちょっと人類として見るのはムリかなー、私は。

      2.  歴史から学ぶために、史実の確認と分析には客観性を求められます。そのため、記録に主観がないか注意する必要があります。だが、その上で行う史実の評価は主観的なものと思います。
         韓国は、記録を曲解するだけでなく捏造します。また、新聞の例は記録に主観があるかないか検討していないこと、「映画が証拠だ」の例は歴史的二次資料を一次資料として扱っていると思います。
        (私は素人のくせにこんな難しく書いたので、知恵熱が出てきてもう限界です)

  4. 光州事件は、金大中の支持者によるものではなく、金大中によるもの(金大中が復権のために意図して支持者を生贄にしたもの)だと思っています。政府を倒すためではなく、政府に弾圧させるための暴動です。
    ttps://www.sankei.com/column/news/150702/clm1507020008-n1.html
    ttps://www.sankei.com/column/news/150702/clm1507020008-n2.html

  5. 中華の考え方だと金大中をウリとする人達が械闘をしたともとれるので、アメリカ人には械闘が暴動に見えたのかもね(笑)

    「械闘」の解説↓
    特別番組「中国人の善と悪はなぜ逆さまか~宗族と一族イズム」石平 倉山満
    youtube.com/watch?v=OIKKE71Xp-s&list=PLz6u5u1Bel627y1wjQXbQmv3RY2UIcBnq&index=2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。