何も変わっていない韓国・・1995年の「破墓」関連記事

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

いまでは左派思想の本拠地とも言える光州(クァンジュ)ですが、ソース記事が書かれた1995年(5月18日)には、まだ光州といえども、行政・公安当局は反共思想が強い状態でした。それを背景にお読みください。

一つ前のエントリーで、いわゆる親日派たちの破墓関連の動きをお伝えしましたが、実は1995年、「反共」を理由に、似たような事件がありました。

非転向長期囚というものがあります。例えば、朝鮮戦争のときに韓国軍の捕虜になって、それから思想の転向を認めず、ずっと囚人となっていた人たちです。そのまま亡くなったり、さすがに年を取りすぎで釈放となったりもしました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

その非転向長期囚の一人、ユン・ギナムという人の墓は、光州の518墓域(光州民主化運動関連者たちの墓地)にありました。合法的なものではありますが、その時、市民団体がユン氏の葬式で『愛国の闘士』と話したり、なんで非転向長期囚が518墓域に眠るのかなどで、かなり論争がありました(確かに、非転向長期囚の墓を何故518墓域に作ったのでしょうか?)。軍事政権だったなら、絶対にダメだったでしょう。それから約2ヶ月後、ユン氏の墓が、破墓され、何の法的手続きも無しに別のところに移転となりました。妻など、遺族も韓国に住んでいましたが、誰にも何の連絡も無かった、とのこと。

 

ちょうど、軍事政権が数々の不正で終わり、518墓域も民主化運動として注目を浴びていた頃です。518墓域を訪れる人たちが、非転向長期囚の墓にまで頭を下げるのを、黙ってみているわけにはいかなかった、そんな理由だったと言われています。その際の、ハンギョレ新聞の記事を一つ紹介します。

<光州市民たちは、去る15日(1995年5月)にマンウォルの518墓域から、非転向長期囚であるユン・ギナム氏の墓が違法的に掘り返された事件に、衝撃を受けている。公権力が、すでに命を亡くした人の思想を理由に、倫理と法律を無視したまま独断を起こしたからだ。光州地域の行政・公安当局が破墓を敢行した理由は簡単だ。民主聖地化しつつある518墓域に眠る資格など、非転向長期囚には無いというのだ。大勢の公職者と追悼客が頭を下げる518犠牲者たちの中に、非転向長期囚の墓が含まれるなど受け入れられないというのだ・・>

 

一つ前のエントリーの件は、法律を作ろうとしているから『違法的なもの』ではないかもしれません。ある意味、法を勝手に作るというのがもっとも恐ろしい違法とも言えますが・・

どうであれ、「公権力が、すでに命を亡くした人の思想を理由に、倫理と法律を無視したまま独断を起こした」こと、「(思想が合わない人の墓に)人たちが頭を下げるのを、受け入れるわけにはいかない」こと。すべては、1995年の保守派がやったことも、2020年に左派がやろうとしていることも、同じではないでしょうか。

たかが死んだ位で、許されると思うな・・・恨(ハン)の恐ろしさ、そして醜さがよくわかる、そんな内容です。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (109)

“何も変わっていない韓国・・1995年の「破墓」関連記事” への34件の返信

  1. 日本人には理解できない話です。
    高野山に行くと織田信長の墓があり、明智光秀の墓があり、豊富秀吉の墓がある。韓国人には理解できない話でしょうね。まったく思考様式が違うのです。

  2. 国のために命を懸けて戦い、そして残り少ない余生を生きている英雄に対して、この胸糞悪くなる非道な仕打ち。
    そりゃあ日本人が靖国神社を参拝する気持ちなんて、彼らに微塵も理解できないでしょうよ。
    心底下衆で反吐の出るような行いに、言いようのない嫌悪を感じます。

  3. 破墓のような相手が亡くなってから恨みを晴らそうとする心情は私には理解できません。己が弱者であり、ひたすら服従するしかなかった過去への歪んだ抵抗なのでしょうか?墓荒らしをするくらいですから歴史を改竄することなど何とも思っていないのでしょう。

  4. 復讐の連鎖。醜くおぞましい気違い民族。
    相手にするのも汚らわしいい。

  5. ユン・ギナム氏は朝鮮戦争の捕虜?共産主義マンセーの韓国人?
    どちらにせよ、光州事件の墓域にある事が、先日に取り上げていた米国の「共産主義に扇動された云々」の話とも合点がいきます。
    破墓について「倫理」という単語が出ているだけマシではないのでしょうか?
    遺族に対する配慮もある訳ですしね。
    倫理の退廃と愚民化が進行しているような・・・

  6. 丁寧な無視。此しか無い
    実に不快。
    対等な関係が成り立たない。
    対等な関係を理解しない。出来ない。

  7. 中国もそうですが、小中華と言われる韓国も、権力者が変われば、過去の権力者の歴史に関わるものは廃棄されてきたかと思います。しかし、墓まで荒らすとなると人間の尊厳をなんだと思っているのかと感じます。まあ、歴史を書き換えた本人もやがて衰え、歴史を書き換えられるのですから、自業自得と言えるかも知れません。にしても歴史的なものが何もない薄っぺらな国になってしまっては子孫がかわいそうとは思わないのでしょうか?まあ、ウリの事しか考えてないんでしょうね。

  8. (自称)保守も(自称)進歩も根っこは一緒ですね
    米国のアーリントン墓地も理解できないんだろうか?
    靖国神社を理解するのは無理だね

    以下 アーリントン墓地 wiki より
    政教分離の観点から無宗教施設と説明されることがあるものの、正確にはあらゆる宗教・宗派、宗旨(無宗教も可)による埋葬を許容しており、特定の宗教形式を押し付けず、「信仰の自由」を保障することで多様な宗教性を受け入れている[2]。事実、専属契約する聖職者の大半はプロテスタント系であるものの、カトリックの司祭やユダヤ教のラビなどとも提携関係があり、また埋葬者の希望に応じて、あらゆる宗教形式が選択できる[2]。

  9. 今回の件は待ちに待った敵討ちという気持ちなのか
    どちらにしても不快
    死者の尊厳とか韓国では保てないようだ
    それでムン大統領は人権派弁護士出身だそうで韓国人らしい人権保護活動をしてきたんでしょう
    ある意味韓国人がなんでも大統領のせいにする意味がわかった
    彼が言えば止めることができる案件だ

コメントは受け付けていません。