韓国軍人権センター所長『ペク・ソンヨプは国立墓地ではなく靖国神社に埋葬するといい』

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

まだ亡くなったわけでもないのに、ペク・ソンヨプ(白善燁)氏の顕忠院(国立墓地)埋葬の可否に関し、激しい論争が起きています。

この前、与党国会議員が『国立墓地埋葬は許さない』と公言したばかりですが、韓国の『報勲処』が『関連法規上、ペク・ソンヨプ氏は、国立墓地に埋葬される対象者に間違いない』と話したことで、さらに論争がヒートアップしました。

ついに『靖国神社へ行け』『韓国人を拷問・レ◯プ・虐殺したことを謝れ(証拠なし)』という主張まで出てきました。神社に「埋葬」と言うのも不自然な話ですが・・・以下、韓国日報の記事から部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<イム・テフン軍人権センター所長は、1日、ペク・ソンヨプ将軍の死後の顕忠院埋葬問題を置いて、「自分の親日行為を公式謝罪しなければ、彼が埋葬されるべき場所は大韓民国の顕忠院ではなく、戦争犯罪者が合祀された日本の靖国神社だ」と明らかにした・・

・・ペク将軍は、最近、与党側を中心に過去親日行跡のせいで顕忠院に埋葬してはいけないという主張が出ている。ペク将軍は光復(※終戦)前に独立軍討伐の先頭に立った「間島特設隊」の活動履歴が知られ、2009年に政府の親日反民族行為真相究明委員会から親日反民族行為者に指名された・・

・・イム所長も与党側の主張に合わせペク将軍の親日行跡を問題視し始めたのだ。彼は「ペク将軍は死ぬ前に日本帝国軍中尉として間島特設隊で服務し、抗日独立軍と民間人を虐殺、強姦及び拷問及び略奪に加担した親日罪について公式謝罪しなければならない」と重ねて声を高めた>

https://news.v.daum.net/v/20200601140844220

 

コロナ19発生や黒人男性死亡事件に対しても謝罪しろと言うと、もっと効果的かもしれません・・かどうかはともかく、この韓国日報の記事、写真のチョイスが凄いです。2018年ペク将軍の誕生記念パーティーで、ハリス大使と挨拶している場面です(同記事からのキャプチャー)。この写真を選んだ意図は・・・さぁ、どうしたものでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。6月7日の産経新聞に広告が載ります!

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (138)

“韓国軍人権センター所長『ペク・ソンヨプは国立墓地ではなく靖国神社に埋葬するといい』” への85件の返信

  1. ペク・ソンヨプ(白善燁)氏を入れてくれと言っても、靖国神社の方もお断りだろう。

    韓国・朝鮮種族は、そうやって勢力が変わるたびに自民族の中の反対派を、貶め潰していけばいい。

    いつまでたっても、互いの呪い合いが絶えず、先進成熟国になることはない。民度が低いまま。

  2. アメリカはジャイアンだし、日本の正義とJusticeの違いはあるんだと思う。それでもあんな暴れん坊のアメリカを信用できるのは、日本と同じように亡くなられた軍人に対する敬意を強く持っていること。国家間のイベントで両国首脳がお互いの戦没者に礼を捧げるのはこの価値観を確かめるための行事のように思う。
    韓国は?もちろん言うまでもないですよね。
    世界の文化は違えどこの価値観を持てない国とは付き合うべきでは無いと思う。

  3. 白将軍「居ないものとどうやって戦えと言うのだ?」
    光復軍に対する見解
    更に反日が酷くなってますねぇ…
    先頭に立って突撃したり、艦砲射撃でしかタンクを倒せないからと囮にまでなったのになぁ
    報われませんなぁ…

  4. 白善燁氏が、いなかったら大韓民国という国は無かっただろうに。
    白善燁氏の記事を読んでいると、これぞ『朝鮮人』というのが凝縮されているなぁ~ と思う。
    無知蒙昧で、考える能力が無く妄想ばかり、人を貶める事が何よりの悦。

    幼い時に接した朝鮮人の人達との体験や、うちの祖母ちゃんと母ちゃんが言っていたことを思い出すと、「恨」のDNAとは、かくも恐ろしいものかと恐怖を感じる。

  5. “敵”なんて、その時々によって替わるもの、
    この場合、単に、軍人としての職務を全うしただけのように見えるのですが。
    これじゃあ、英雄なんて出てきません。
    本当に、ヘル朝鮮ですね。

  6.  白善燁さんがいなければ多くの韓国人がいまごろ「北朝鮮人民」として彼らと同じ生活をしていただろう。理念とか立場の違いを超えて韓国全体で感謝していい人物だと思う。

    >2018年ペク将軍の誕生記念パーティーで、ハリス大使と挨拶している場面です(同記事からのキャプチャー)。この写真を選んだ意図は・・・

     忌むべき「日系」米国人と握手をする「えせ」国家の英雄という感じをあますことなく表現している一枚です。

     米国人は敵であれ味方であれ、軍事において尊敬できる人物に敬意を払います。つぶれかけた韓国の士気を高揚し戦局を覆した「英雄」。同じ軍人であるハリス大使は惜しみない敬意を払っていると感じます。
     しかし、それは「北朝鮮シンパ」からするととんでもないことです。彼さえいなければ今頃統一国家として「正統な」主君を戴いていたのですから。
     どこかで彼を「悪」にしなければ左派の主張が通りません。英雄のままでは「歴史改変」ができません。

    ✄—— キ リ ト リ ——✄

     遠いようで近い話ですが、仮に文災害が「立法」「司法」「行政」「警察」「マスコミ」を手中にして、憲法改正する。それでも現状では「米国の許諾が無い限り」北朝鮮への身売りができません。
     中国・北朝鮮を味方にしても一緒です。両国とも正面から米国と衝突することは不可能です。また韓国のために犠牲は払いません。

     ただひとつ「韓国の民心がこぞって米国を嫌い離反した」場合のみ左派の理想が達成できます。ですから「反日」の向こうには「反米」があります。
     「反日」は揺るぎようもなく、権力を掌握しつつある文災害。最後のピースの「嫌米・離米」にむけてタネをまきます。

  7. 左派としては、白さんは自分たちの先輩を皆殺しにした連中の象徴みたいなものだし、当然かな

    犯罪者が多数派、或いは政権の主流派になった国を想像してみると良い

    その国では犯罪者が自由を求める
    警察機構は批判され、警察の功労者や高官は圧政者や人非人と叩かれ、荼毘に臥されつも墓まで暴かれる

    そして犯罪者たちは自由を手に入れる
    誰も彼らを批判出来なくなり、金が必要ならその辺りの銀行・企業に出させる

    それらが消えてなくなれば、裕福な市民から、裕福な市民が居なくなれば、より多くの貧しい市民から少しずつ

    そして何も無くなれば、犯罪者たちは他所の国から奪うか、自分たちの国まで売り渡すだろう

    1. 朝鮮戦争は韓国と北朝鮮が力を合わせて日本と戦った事になってます。

      勿論彼らの妄想。

  8. 白将軍も自分が生涯命がけで守ってきた祖国からこういう扱いを受けて今どう思ってるのかな?虚しさは感じてるのかな?

  9. 救えないなあ。国が国を救った人間にふさわしい
    英雄譚を用意できながら一体誰が祖国のために命を
    かけようと思えるだろう?ただの生け贄ではないか。
    将来、思ってる以上に因果応報を招くぞこれは。

    1. 北朝鮮の英雄を韓国の英雄とするんじゃない?
      それまで韓国があればの話だけど。

コメントは受け付けていません。