韓国、外国人船員たちを『強制労働』か

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

この前、外国人船員の問題をお伝えしたことがありますが、同じ問題がまた指摘されました。まだという方は、過去エントリー(韓国のことは後半部です)をまずお読みください。

以下、MBCニュースから部分引用します。いつもより引用が長く、ほぼ全訳となります。

<・・(※外国人船員が働いている韓国の船の)デッキの上にぽっかりあいている穴。下に降りて行くと、暗く狭い空間に、靴と寝具が散らばっています。外国人船員が生活する場所です。韓国人船員とは異なり、陸地に宿泊施設が無いので、3年でも4年でも、ここで暮らします。トイレはありますが、便器は壊れて久しいです。食事はプラスチックバスケットに入れられたご飯と卵焼き一枚、これで全てです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

(インドネシア人船員Aさん)「ご飯を食べ終わる前にまた仕事をして、おかずはほとんどなく、ご飯と水だけで食べます」・・このように働いても、給料もまともにもらえません。この船の船主は、過去4年間、インドネシア船員24人に賃金5億ウォンを払わず、当局の調査を受けています。

現在、韓国漁船で働く外国人船員は2万1千人程度です。MBC取材陣は、韓国船に乗っ外国船員を直接会うために、インドネシア船員だけ1,000人以上集まって住んでいる慶尚南道統営(トンヨン)市に向かいました。記者が来るという知らせに、船員たちが集まっました。下手な韓国語で挨拶します。韓国語が話せるのか、話せるなら(※韓国人から)聞いて覚えた韓国語は何なのかと聞いてみました。(※船員)「このXXめ、XXやろう、早くしろ、家に家帰っちまえ、・・・」・・(インドネシア船員Bさん)「社長は、私たちに出ていけと言う。私たちを無視するような・・動物として扱うような気がします」。

韓国語が下手という理由で韓国船員に殴られることもあります。(インドネシア船員Jさん)「少しでも間違えると、殴られる、殴られる・・顔も殴られる・・鉄で出来たトンバル(※うけ、筌)で潰される・・」

 

彼らの乗っている韓国遠洋漁船の労働の強度は、想像を超越します。(韓国遠洋漁船に乗ったことのある外国人船員)「二日間、眠らせてもらえなかったこともあります。結構眠れたとしても2時間がやっとでした」

米国大学の研究グループが、過去2012年から2018年度までの25カ国、16,000隻の遠洋漁船の衛星航跡図を分析したところ、一年間で最も長い操業をする船、最も遠くまで行く船、最も長い間海の上にある船は、全て韓国遠洋漁船でした。

(韓国遠洋漁船に乗っていた外国人船員)「インドネシアに戻るまでの2年間、船柄一度も降りられなかったです」

(ギャビン・マクドナルド/米国カリフォルニア州サンタバーバラ大学の研究者)「韓国の船舶は、規制が非常に少ない遠い海域まで行って操業をします。このような船舶で働く人々は、非常に脆弱な状態に置かれます」。

実際、昨年2月、違法操業でアルゼンチンで拿捕された韓国国籍遠洋漁船の場合、労働搾取の疑惑が提起され、現地でも問題になりました。

アルゼンチンローカルニュース(2019年2月): 「韓国の遠洋漁船は、いくつかの海外地域で労働搾取の疑いを受けています」

 

MBCはこの船に乗っていたインドネシア船員の証言映像を入手しました。

(韓国遠洋漁船に乗っていた外国人船員)「副船長は、悪魔でした。XXめ何してやがるXXめと言いながら、私の胸ぐらをつかんで・・私の顔を潰してしまいました」

 

遠洋漁船の外国人船員の多くの給料は月500ドル、月60万ウォン程度にしかなりません。韓国人船員の10分の1程度です。政府が、遠洋漁船外国人船員は最低賃金の適用対象から除外させたからです。このインドネシアの船員も4年間船に乗ったのに、給料は300ドルがすべてでした。

(インドネシア船員Cさん)「給料は少ないのに、働く時間は長すぎて、苦しいです。だから、(※不満を言う私たちに)怒らないでください」

現行法上、漁獲量が増えれば、船主は乗組員と利益を分かち合うことになっていますが、外国人船員たちは、その対象からも除外されています・・

 

・・さらに、外国人船員は、韓国の船に乗るには、斡旋業者に最大1,000万ウォンほどのお金を払わなければなりません。インドネシアでは、家を一軒買うことができるお金です。さらに土地文書まで担保にされ、彼らのほとんどはパスポートと通帳を奪われます。外国人船員たちが、どんな扱いをされようが、脱出も、通報もできない理由です。

(インドネシア船員)「韓国に来るために全てを売って、借金までしました。何を言われようと家には帰れません」。

米国国務省は、過去2012年以来、世界人身売買報告書で、韓国の船舶の外国人船員の問題を指摘してきましたが、政府は最近になってようやく対策に乗り出した。

(ベトナム船員)「貧しくてぼろ服しか着れなくなっても、もう韓国を夢見ることはないでしょう」

2018年を基準に、韓国遠洋漁船の外国人船員の割合は、70%を超えています。彼らがいなければ、産業自体が維持できないでしょう。しかし、政府が目を閉じている間、外国人船員の人権は海の上を漂流しています。>

https://news.v.daum.net/v/20200608201910912

 

旧ブログのときに書いた、女性たちを「奴隷」とする韓国社会の闇とまったく同じです。借金させて、監禁状態にし、奴隷とする。今回の船員さんたちのそうですが、そんな韓国の「奴隷」たちこそが、韓国が日本に対して口から泡を吐き出しながら主張している『性奴隷』や『強制労働』の姿のはずですが・・なぜか、韓国が彼らに謝罪と賠償するという話は聞いたことがありません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。6月7日の産経新聞に広告が載ります!

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5