文大統領、「自主的にやるべきだけど、まだそんな状況ではない」と意味深な発言

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

文大統領が「615南北共同宣言」20周年記念で、メッセージを出しました。でも、具体的なことは何もありません。あるとすれば「ビラはダメ」だけです。

ただ、いつものことですが文大統領なりに「意味深」なことも言っています。「南北が自主的に、自らやっていくべきだ」とか、「(しかし)まだ朝鮮半島はそんな状況ではない」とか。何気に、「私たちが北朝鮮と仲良く出来ないのは『南北ではない何か(多分、米国)』のせいです」と言ってるニュアンスでもあります。

以下、ニュース1の記事です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<文在寅大統領は6・15南北共同宣言20周年を迎えた15日、南北関係と関連して「私たちの運命を私たち自身で開拓しなければならない」とし「南と北が一緒にやるべきことだ」と述べた。

文大統領はこの日の午後、~(※地名省略)の統一展望台で開かれた6・15南北共同宣言20周年記念式映像メッセージを通じて「平和は短期間で出来るものではない。難しいけど、小さなことから、可能なことから、始めなければならない。平和は、他の誰かが持ってきてくれるものではない」とし、こう言った。

文大統領のこのような言及は、ビデオメッセージに先立って、大統領府で開かれた首席・補佐官会議メッセージの延長線だと解釈される・・

・・文在寅大統領は「韓半島はまだ、南と北の意志だけで思いのままに走っていける状況ではない。遅くても、国際社会の合意を得て進めなければならない」とし「しかし、南と北が自主的に行うことができる事業も確かにある。何よりも重要なのは、南北間の信頼だ。絶え間ない対話で南北間の信頼を育てていかなければならない」と力説した・・>

https://news.v.daum.net/v/20200615192512335

 

文大統領は、「外国勢力さえ無ければ、南北は共に走っていける」と言いたいようですが・・その外国勢力とやらが無かったなら、大韓民国というものが存在できたのでしょうか。

引用部分にはありませんが、「ビラ禁止は首脳会談の合意だから守らないといけない」と話しています。それ以外は、何一つ具体的な内容はありません。具体的なものは、「鉄道・道路連結」「離散家族再会」「金剛山観光」「開城工業団地」「南北首脳会談」「米朝首脳会談」などです(~などが出来た!とする内容)。でも、その「具体的なこと」の中、今も続いているものは一つもありません。それに、再開の可能性もありません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5