全斗煥政権でも無かった?・・大統領を批判する壁新聞を貼った大学生に罰金刑

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

金正恩>金与正>玉流館料理長>文在寅>大学生の図式が出来上がりました。

文在寅大統領を批判する、と言うか皮肉る内容の貼り紙(壁新聞)を大学内に貼った大学生が、不法侵入で有罪、罰金50万ウォンとなりました。大学側が、「私たちからすると『侵入』ではない」「処罰など望んでいない」と裁判所で話したにもかかわらず、そのまま罰金刑になった、とのことです。

去年11月、D大学内の4ヶ所に、文大統領の政策を批判する内容の壁新聞を貼りました。習近平主席が「私の忠犬、文災害(※文在寅)大統領」、「いいぞ、このまま韓国を植民地にしてしまえ」、「高位公職者犯罪捜査処を設置し、米軍を撤収させろ」、「中国留学生たちよ、韓国で文在寅大統領を批判するものたちを特定するのだ。韓国警察はお前たちの味方だ」などと話す、そんな内容です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

当時、大学側は、「業務協調の次元」で警察にこの件を知らせ、その際、「これは表現の自由であり、私たち(大学)は一切被害を受けていない」「私たちはこの行為を『侵入』されたと思っていないので、処罰は望まない」と話しました。裁判所でも、大学側は「何でこの問題が裁判所まで来たのか分からない」「通報したわけではなく、警察が『類似な事例があったら知らせてくれ』と頼んだので知らせただけだ」とするなど、明らかに処罰を望んでいないとしましたが・・しかし、犯人の大学生は、違法侵入で有罪(罰金50万ウォン)となりました。

https://news.v.daum.net/v/20200624170114099

 

この件で一つ、興味深いのは、大学内は基本的に開放されているので、全斗煥政権時代にも大学内に大統領批判ポスターなどを貼ったことで有罪となった記録は無いそうです。ここは韓国経済の記事です。

<・・大学キャンパスは、一般人も頻繁に出入りする開放された空間であるうえ、当該大学側も処罰を望まない立場を明らかにしている状況で、有罪判決が出たことで、議論が起きている。

ある野党人士はFacebookを介して、「全斗煥政権時代にも、大統領を嘲笑する壁新聞が大学内に溢れていたが、それが処罰されたことはない」とし「大統領を嘲弄する壁新聞を掲載したことで建造物侵入罪なんて、ありえない」と批判した。

法曹界でも、大学のキャンパスに入った行為を建造物侵入罪とした事例は見つけるのは難しいとの反応である・・>

https://news.v.daum.net/v/20200624093602243

 

記事は、「建造物侵入罪は、建物の管理者の意思に反して建物の中に入った場合のに、罪が成立する」としています。

文在寅大統領、金正恩氏と相性がいいのは知っていましたが・・ビラ(の類)に対する反応も、似ている気がします。いや、しかし・・あの全斗煥氏を超えるとは、なかなかのものですね。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (127)

“全斗煥政権でも無かった?・・大統領を批判する壁新聞を貼った大学生に罰金刑” への46件の返信

  1. 「建造物侵入罪」って意味わかりませんが、、、
    これで有罪になるなら、同じ時間に大学構内にいた大学関係者以外は全員この罪に問われることになる。
    刑事罰ですから証拠があれば事後的に逮捕できますね。通報や訴えがなくても。
    となると、極端な話、家に引きこもっていない限り、あらゆる人を恣意的に逮捕できます。
    公的、半公的な敷地でこうですから、例えば有料駐車場。車で乗り入れず、近道をするためにその敷地を通ったら逮捕されますね。現行犯でもそうですし、事後的な通報によっても可能。監視カメラさえいらないかもしれない。所有者が人物を特定し通報すればOKかな。
    怖いですねえ。韓国へ観光に行く時は(いつになるかわからないけど)みなさん要注意。浮石寺などにうっかり参拝したら通報される。

  2. わたしもその意見に賛成します。
    全てが損得で行動します。
    言葉は飾りでしかあり得ません。
    たしかに政権の損得で自由が規定されれば生きていくのは大変ですねえ。
    でもひとつだけ良いことが。単純に損得だけで判断される世界は基準が簡単なので此方も変数が少なくて良いかも。

    1. その「損得勘定」自体が、「政権としても、民族としても、個人としても、正気の沙汰じゃない」ので、簡単じゃありません。
      「どう考えても損としか思えない事」を、ホルホルしながら小躍りしてやってます。理解できないですよね。

      結局「良いこと」が「ひとつだけ」じゃなくて「ゼロ」になります。

  3. 忖度大好きな朝鮮人ですからねぇ。
    全斗煥氏と対応が異なるのは見ている方向が違うから。
    万一批判されたらまた三権分立?

  4.  いつも韓国のポータルサイトやSNSを観て不思議に思うのは「韓国の方が日本より自由だ」という論調の記事や書き込みが多いことです。日本を見知っていても「本気で」そう思っている韓国人が多い。

     日本の自由とは「自分の自由が侵されないこと」です。裏を返せば「誰かの自由を好き勝手に侵害してはいけないという制約」でもあります。
     韓国の自由とは「自分が好き放題できること」です。逆に「他者にも好き勝手される可能性」を常に内包しています。

     「道にゴミを捨てない」。日本人が他者の心地よさを侵害しない暗黙のコンセンサスですが、行動の制約でもあります。韓国人にとっては「ポイ捨て」の自由を侵害する窮屈な社会です。日本の朝鮮人居住区とされるところは他の日本の風景とは趣が全く違います。

     この記事は本質的には「行政権力の司法権掌握」の問題です。「表現の自由」に対して権力が「報復の自由」を行使したものです。
     罪状は「建造物侵入罪」です。侵入された方が「処罰を望んでいない」のに処罰される。
     これは「名誉棄損」にできません。そうした場合「朴槿恵ヌードポスター事件」との判断の整合性がとれなくなります。また「名誉棄損」は親告罪です。「建造物侵入罪」であれば文災害は赦したくても「裁判所の判断に従うしかない」といえます。

     「行政権力の司法権掌握」の問題と申しました。この司法判断はどう考えても無理筋です。裁判所を掌握している「上からの指示」があった。もしくは、下が上におもねるためにした行為と考えるのが妥当です。文災害が裁判所を掌握している。その意向が汲まれた一例です。

     本来ならここで、自由民主主義を標榜する国民は立ち上がらなくてはなりません。しかし、韓国人は「負け犬根性」を特質としています。一定以上の負荷がかかると危機意識が働き、敵対トーンが下がります。
     中国は常にこの負荷をかけ、日本はそこまでしないように努めました。その結果が現況です。韓国は「Underdog」に追い込む以外に安寧を得る道がないと感じるのはこういうことです。

     この件に関して食い下がることはなく、韓国マスコミは必ずトーンダウンします。フェイドアウトするといってもいいでしょう。韓国マスコミはテレビも含めて「青瓦台」が生殺与奪を握っています。一度文災害は「朝鮮日報」や「中央日報」に脅しをかけました。それから明らかに、批判が「ヒット&アウェイ」になっています。以前と変わらないようですが、権力にツブされないぎりぎりの線をなぞり、行きすぎたら撤退します。文災害はマスコミを「Underdog」に追い込んでいます。

     ずっと以前になりますが、未開な国の権力者は誘惑に勝てない。それは、「選挙への介入」と「敵対者の無理筋での除去」だと申し上げました。いま「選挙介入問題」が再燃しています。

     文災害の思考は「ホルポト」や「金正恩」に近いものです。「共産主義を標榜する独裁者」独特のものだと感じます。

    1. 日本と韓国の違いというより、もっと本質的な違いです。

      日本の自由と言われているものは、古典的自由主義と呼ばれるようなもので、社会(政府)によって自分の自由が侵されないことも含みます。自由は、社会から勝ち取ったものであり、自分で守らなければなりません。
      例えば、「表現の自由」が他の人の自由や権利を侵した場合、侵された人が「名誉棄損」などで自分を守らなければなりません。

      韓国の自由と言われているものは、社会自由主義と呼ばれるようなもので、社会(政府)が自由を保障します。保障された範囲では好き勝手できますが、社会が自由を取り上げる(政府に好き勝手される)可能性を内包しています。
      例えば、「表現の自由」が他の人の自由や権利を侵したと社会が判断した場合、社会がそうした「表現の自由」を制限します。

      日欧米の先進国は前者を基本としつつ両者を持ちます。(英米の場合は二大政党。日本の場合は「公私」(私的な自由が前者)。)

      しかし、前者は個人の自立(私的所有権や法の支配の確立に基づくもの)を前提しているもので、歴史的にそれを持ってた先進国が、その重要性を自覚することなく観念的な思想を世界に広めた結果、悲惨な結果を生みました。
      特に、前者を完全に排除した共産主義でより酷いことになったのは当然です。
      韓国の場合も、儒教と属国根性から後者と親和性が高く、日米からコピーした社会システムが無くなれば後者しか残りません。

      1. リプライありがとうございます。

         「共に民主党」は建前は「社会自由主義」政党です。「古典的自由主義」とは距離があります。古典的な自由主義への洞察の洗礼なしに、社会自由主義を標榜して、失敗しています。ご指摘の通りです。

         政治システムを捉えればそういえるかとは思います。私の申し上げているのはもっと単純な「自由」のとらえ方です。

        1. はい。単純な「自由」のとらえ方の問題です。
          単純ゆえ普遍的なものであり韓国に特殊なものではないと言いたかったのです。気を付けないと日本も韓国化する可能性があります。

  5. 韓国の司法って上から下までこんな判決出してりゃ
    そりゃ権威も何も無くなるし誰も法律や約束守らなくなりますわ

    大法院なんて大層な名乗りしてるけど判断力は小学生以下
    文の下僕

    1. 少し順序が違っているように思います。

      韓国では、約束を守らないことやウソをつくのは、損をしないために必要なことと広く認識されているようです。つまり、誰もがウソをついたり約束を守らないため、自分だけ正直なのは損をすると考えるようです。そうした社会では、損得で正義が定義され、法が執行されるように思います。公共の損得で正義が定義されるなら、それほど大きな問題にならないかもしれませんが、政権の損得なのが問題ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。