日本、韓国産炭酸カリウム輸入販売価格を調査・・問題ありなら反ダンピング関税

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

日本政府が、韓国産炭酸カリウムについて、不当な価格で輸入販売されていないか調査していることが分かりました。

炭酸カリウムは、液晶パネルを含めガラス、中華麺に添加する「かん水」などの原料になります。日本が輸入する韓国産炭酸カリウムは、5293t。日本内で使われる炭酸カリウムの約20%で、日本が外国から輸入する分(約6600t)においては、約80%となります。

以下、ファイナンシャルニュースの記事から、部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<日本政府が29日、韓国産炭酸カリウムの反ダンピング調査を開始した。29日、東京の外交筋や日本のマスコミによると、日本政府は、今後1年以内に韓国炭酸カリウム企業を対象に、輸出価格と通常価格等に関する調査を完了するという計画である。また、自国の産業に実質的な被害があるのかなどの結論を出す予定である。最終的にダンピングと判定する場合には、その製品の反ダンピング関税を課すことになる・・

・・今回日本政府に調査を依頼した企業らは、2016年、水酸化カリウムでも、日本政府に調査を要請したのと同じ会社である。当時、日本政府は、韓国産の水酸化カリウムがダンピング価格で輸出されたと、反ダンピング関税を課した。当時の企業が炭酸カリウムにも再び問題を提起したものである。対象となった韓国企業は1社であると伝えられた>

https://news.v.daum.net/v/20200629175541238

 

水酸化カリウムは、2016年8月から反ダンピング関税が賦課されています。記事では「対象になった韓国企業は1社だけ」としていますが、個人的に調べた結果によると、1社の一人勝ち状態です。株価分析などを見ると、韓国内炭酸カリウムではシェア90%とも。韓国語で유니드、英語でUNIDという会社です。記事では明記されていませんが、多分この会社だと思われます。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (132)

“日本、韓国産炭酸カリウム輸入販売価格を調査・・問題ありなら反ダンピング関税” への16件の返信

  1. 1社の一人勝ち状態の原因がダンピングであるならば、それは是正されるべきだな。それから日本には朝鮮と支那の御用聞き走狗が特に、特に、特に、政界には多いのでな、こういったところにだけ能力を発揮する無能な奴が隠然と圧力をかけているなども考えられる。
    ま、所謂、「代議士」だが、代議士風情がフザケタことを利権のためにやっている可能性もある。徹底的に調査すべきだな。可能性を排除できない。

  2. 元々、日韓の貿易は「行きは満載、帰りは空っぽでは片道分の輸送費が無駄になる」っていう意味合いが強いんですよね。
    付き合いの関係上仕方なく買っていたものが害を為すとなれば動くしかないと、

コメントは受け付けていません。