韓国大統領府の元政治局長『香港保安法は主権行使。香港で保安法反対デモをやるのは、韓国で親日デモをやるのと同じ』

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

仁川(インチョン)のローカル・ニュースサイト、仁川ニュースからの引用です。書いたのは元大統領付の政治局長で、平昌冬季オリンピックで民間団体協議会の長を努めたクォン・ギシク教授です。記事のプロフィールで知りましたが、今は韓中都市友好協会長で、日本の静岡県立大学でも講義していたとか。

さて、大統領付の政治局長までやった人が、香港保安法についてどう思っているのか。それは、「主権の行使」だそうです。教授は、香港保安法で逮捕された人たちを「韓国で日の丸を掲げて親日デモを行ったのと同じだ」としながら、中国を擁護しています。見方にもよりますが、これも間接的に『親日デモは逮捕してDNA採取しろ』という意味にもなると言えましょう。

以下、仁川ニュースから引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・米国は中国の主権を尊重しない覇権の道を選択した。これに対して、中国の指導部は、主権を選んだ・・

・・香港の保安法は、一部の猛烈な反中勢力の主権侵害行為が触発したものである。彼らは、米国と英国など外国勢力を、香港の問題に引き込んで、五星紅旗を破り、星条旗とユニオンジャックを振った。中国の主権を毀損し、中国人の自尊心を傷つけた。韓国で日の丸を振って親日デモを行ったのと同様である。

中国の主権は香港返還協定よりも重要である。一国二制度でも何でも主権より優位にあるものなど無い。中国の主権を尊重しなければならない>

http://www.incheonnews.com/news/articleView.html?idxno=123876

 

一国両制を約束したのは中国です。本当に主権国家なら、例え自分の思い通りにいかなかったとしても、その約束を守るべきです。自分の言葉に責任を持つことこそが、全ての主権行使の始まりなのです。それが出来ていない韓国が、同じく出来ていない中国の主権を言い出すのは、ある意味、とても自然な流れかもしれません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (129)

“韓国大統領府の元政治局長『香港保安法は主権行使。香港で保安法反対デモをやるのは、韓国で親日デモをやるのと同じ』” への45件の返信

  1. 国の主権というものは、自然権ではなく、国際法によって担保されているものだと認識していましたが、そうではないのですかね?

  2. >自分の言葉に責任を持つことこそが、全ての主権行使の始まりなのです。

    主権を持つ = 他者に従属しない = 他者に守ってもらえない = 責任から逃れられない、ということなので、責任から逃れられない覚悟を持つ = 責任を持つ、ということだと思います。
    だから、主権国家としては「約束を守るべき」ではなく「約束を破った場合の責任から逃れられない」ということなのです。甘受できないほどの被害があるなら「約束を守る」ことを選択するだけです。

    中国は分かっていて、欧米からの制裁を受ける覚悟で香港に対する主権を主張しています。
    香港人は自らの生命・財産を賭ける覚悟で自由(民の主権)を主張しています。
    欧米は中国の反発を受ける覚悟で国際秩序の維持(欧米にとって自らの主権を守る基盤)を主張しています。
    愚かかもしれませんが、主権を持つ(主権を主張する)主体としての行動として、どれもおかしくありません。

    しかし、韓国(元政治局長)は、中国がその主張を通した場合にそれに乗っかる(中国に守ってもらう)つもりなのです。中国と同じでは全くありません。

    こうしたエントリでは、シンシアリーさんに違和感があります。
    「どうするべきか」という正誤の問題ではなく、「どうするといいか(得か)」の賢愚の問題です。
    賢い行動を「そうするべき」規範にしていても、それに従えば常に賢い行動になるとは限りません。主権を持つ者は、常に「どうするといいか」を判断し続けないといけないのです。

  3. >静岡県立大学でも講義していたとか
    講義ってゆうか洗脳だよね?
    普通の大学生って先生に異議申し立てって殆どしない。
    アジテーターにとっては凄く居心地が良い場所なのに、
    そういった事への配慮って無いなぁ。

  4. >中国の主権は香港返還協定よりも重要である。一国二制度でも何でも主権より優位にあるものなど無い。中国の主権を尊重しなければならない>

    「中国」を「民族」に書き換えると
    民族の主権は米韓同盟よりも重要である。半島二政府でも何でも主権より優位にあるものなど無い。民族の主権を尊重しなければならない。
    民族の主権=主族 ですね。

  5. 元々年数経てばすんなり中国の一部になっていた。中国の主権の行使というはまあ間違いじゃない。しかし約束の年限を勝手に繰り上げたのは、つけいる隙きがある。欧米に反中国のムードが出来ている時だし、これを突破口にして人権とか色々燻っている問題を重ねて欧米は中国にダメージを与えたい。
    何故か。人権や民主主義などの思想?考えを欧米とともに共有しないのに、世界の舞台で好き勝手やっているから。

    簡単な人権問題とかじゃない。人権問題で動くならウイグルチベットでとっくに動くはず。

    突き詰めていえば、欧米は中国が嫌い(中国の金は好き)。だから隙きみて叩く

コメントは受け付けていません。