「儒教徒たちの理想郷は朝鮮王朝で、その復活が北朝鮮である」

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

「抗日運動は『儒林(儒教徒たち)』勢力による抵抗であり、彼らが日本と戦った理由は、前近代的な朝鮮王朝のシステムこそが、朝鮮半島の儒教的に正しいものだったからにすぎない。そして、戦後、彼らが作ったもう一つの朝鮮王朝が、北朝鮮である」。そういう主張があります。

私はこの主張には価値があると思っていますが、韓国では、この主張はいつも「だから、正しい抗日運動は李承晩派のものでした!保守右派はいいぞ!うちの思想かわいい!」・・というとんでもない結論に向かってそのまま終わるのがほとんどです。

「反日は左派のせいだ」類の主張もそうですが、いいところまで突っ込んでおいて結局は「右派が正義」な結論になってしまうのは、実に残念なところであります。とはいえ、興味深い見方であるのは事実。前にも別の部分を引用したことがありますが「ペン アンド マイク」の記事から、該当部分を引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・閉鎖・孤立・鎖国を通じた封建秩序の存続を追求した朱子性理学(※以下、朱子学)たちは、朝鮮の両班官僚であり、両班官僚になるはずの儒教勢力であった。彼らはインドのカースト制度よりも残酷で過酷な朝鮮の身分構造を、王朝が滅亡するまで必死に守ろうとした・・

・・特定家門の勢道政治(※または世道政治。王の親族または側近になることで一族全員が権力を振るう政治システム)を通じた権力の相続、教育の世襲により、広大な土地を所有・数百〜数千の奴婢の労働力を搾取し、子々孫々強大な富を享受してきた集団が朱子学者たちであった・・

 

・・彼らの世界では、朝鮮王朝こそが地上楽園、ユートピアであった。同じ民族を奴婢として売買する悪質な奴隷国家という非難が提起されようと、民が次々と死んていこうと、それは彼らの知るところではなかった。自分の富と権力の享有と相続のためには、朝鮮王朝が絶対に必要だった。朱子学者たちは必死に近代化に抵抗し、改革開放勢力を無慈悲に弾圧した。賎民どもが近代化を知ると、抵抗勢力になる。個人の自由とか、議会とか、貴族と対等に話すとか、そんなことは大逆罪に該当する。彼らは開花勢力の人たちを、3代まで殲滅した・・

・・そのユートピア朝鮮を、改革・開放・近代化の名で踏みにじった悪魔は、人間の類にも入れない西洋の野蛮人たちと、西洋人の手先である「日本人」だった。特に、未開野蛮国だった倭奴チョクパリの朝鮮侵略は、朱子学者たちは到底許すことができない暴挙であった。彼らは義兵を起こしユートピアを守るために帝国主義日本に抵抗した。日本への抵抗の中心には、いつも朱子学者たちがいた・・

 

・・彼らが守ろうとしたものは、領土と民の生命と財産ではない。自分たちの既得権を維持するための王朝体制、身分制、搾取構造を合理化させてく朱子学・性理学的価値観であった。今日、北朝鮮こそが、完全なる朝鮮王朝の復活である。王朝創業者が李氏から金氏になっただけで、素晴らしい世襲システムと、朱子学に置き換わった不滅の主体思想と首領論で武装したファシズム全体主義の極致を、世界万国に誇っている・・

・・彼らの思想の根は閉鎖・鎖国であり、共産党が両班を代替した階級独裁だ。封建王朝体制維持のために、人民の移動の自由まで制限する地球上最悪の失敗国家だ。そんな世界をユートピアだとして憧れる主体教信者が、韓国にもいっぱいいる・・>

http://www.pennmike.com/news/articleView.html?idxno=33211

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5