日本防衛白書、『韓国軍と自衛隊との幅広い防衛協力』初の削除、『北朝鮮の日本への核攻撃能力』初の明記

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

今日はこのエントリーで更新終了です。明日の朝、梅雨に負けない曇ったエントリーでお愛(会い)しましょう。

それはともかく、日本防衛白書が韓国で大人気(?)です。なにせ、『韓国軍と日本防衛省・自衛隊との幅広い防衛協力』が削除されました。いままで日本公式文書・記述などから韓国関連情報が削除されたり部分的に復活したりしましたが、『価値観を共有する』の削除以降、もっとも興味深い変化となります。なぜなら、いままで日本には「韓国と幅広く協力して当然」という認識があったからです。それが、毎年繰り返される様々な問題により、やっと非現実的なものであるとされ、消されたわけです。

聯合ニュースの「日本防衛白書、また韓国を冷遇・・『幅広い協力』削除」という記事から、部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・(※日本防衛白書は)昨年は「防衛省・自衛隊としては、韓国との幅広い分野での防衛協力を推進するとともに、連帯の基盤を確立するために努力する方針だ」との関係改善の意志を強調したが、今年は、このような記述を削除して、両国が北朝鮮の核・ミサイル問題などに直面しているとの共同の課題を説明するにとどまった。

防衛省は「韓国との防衛協力・交流の意義など」という項目で、2018年10月、海上自衛隊護衛艦の旭日旗掲揚の問題により、日本が韓国で開かれた観艦式参加を保留したこと、同じ年の12月に東海(※日本海のこと)上で発生した韓国海軍駆逐艦と日本の海上自衛隊P-1哨戒機の葛藤を取り上げた。

また、韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)締結と韓国政府の終了(※破棄のこと)通知と終了通知の効力停止などについて説明した。防衛省は、GSOMIAを韓日協力の成果だと技術したが、両国の葛藤の材料であったことを考慮すると、韓日防衛交流で扱った内容は、ほとんどが葛藤事案であるわけだ・・>

https://news.v.daum.net/v/20200714102546080

 

また、「北朝鮮は核兵器の小型化・弾頭化に成功、弾道ミサイルで日本を攻撃できる能力を備えている」という内容が初めて明記されました。去年までは「小型化・弾頭化が実現されたと思われる」な趣旨だったとのことで、ずっと現実的な脅威としての記述になっています。こちらはMBNです。

https://news.v.daum.net/v/20200714113528521

韓国政府は、このような記述には何も興味を示さず、『竹島は日本の領土』となっている部分だけクローズアップさせ、日本大使館の相馬弘尚総括公使を呼び、強く抗議しました。

 

ここからは心の曇ったブログ主の邪推でございますが・・同盟国である米国との関係を考えると、日本防衛省が防衛白書の『韓国との防衛関係に関する内容』を、米国側と何の相談も無しに削除したとは思えません。韓国政府とて、そういうところに気がついていないはずはありませんが・・政府側の声明にも関連記事にも、そういう指摘は一切ありません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5