日本防衛白書、『韓国軍と自衛隊との幅広い防衛協力』初の削除、『北朝鮮の日本への核攻撃能力』初の明記

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

今日はこのエントリーで更新終了です。明日の朝、梅雨に負けない曇ったエントリーでお愛(会い)しましょう。

それはともかく、日本防衛白書が韓国で大人気(?)です。なにせ、『韓国軍と日本防衛省・自衛隊との幅広い防衛協力』が削除されました。いままで日本公式文書・記述などから韓国関連情報が削除されたり部分的に復活したりしましたが、『価値観を共有する』の削除以降、もっとも興味深い変化となります。なぜなら、いままで日本には「韓国と幅広く協力して当然」という認識があったからです。それが、毎年繰り返される様々な問題により、やっと非現実的なものであるとされ、消されたわけです。

聯合ニュースの「日本防衛白書、また韓国を冷遇・・『幅広い協力』削除」という記事から、部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・(※日本防衛白書は)昨年は「防衛省・自衛隊としては、韓国との幅広い分野での防衛協力を推進するとともに、連帯の基盤を確立するために努力する方針だ」との関係改善の意志を強調したが、今年は、このような記述を削除して、両国が北朝鮮の核・ミサイル問題などに直面しているとの共同の課題を説明するにとどまった。

防衛省は「韓国との防衛協力・交流の意義など」という項目で、2018年10月、海上自衛隊護衛艦の旭日旗掲揚の問題により、日本が韓国で開かれた観艦式参加を保留したこと、同じ年の12月に東海(※日本海のこと)上で発生した韓国海軍駆逐艦と日本の海上自衛隊P-1哨戒機の葛藤を取り上げた。

また、韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)締結と韓国政府の終了(※破棄のこと)通知と終了通知の効力停止などについて説明した。防衛省は、GSOMIAを韓日協力の成果だと技術したが、両国の葛藤の材料であったことを考慮すると、韓日防衛交流で扱った内容は、ほとんどが葛藤事案であるわけだ・・>

https://news.v.daum.net/v/20200714102546080

 

また、「北朝鮮は核兵器の小型化・弾頭化に成功、弾道ミサイルで日本を攻撃できる能力を備えている」という内容が初めて明記されました。去年までは「小型化・弾頭化が実現されたと思われる」な趣旨だったとのことで、ずっと現実的な脅威としての記述になっています。こちらはMBNです。

https://news.v.daum.net/v/20200714113528521

韓国政府は、このような記述には何も興味を示さず、『竹島は日本の領土』となっている部分だけクローズアップさせ、日本大使館の相馬弘尚総括公使を呼び、強く抗議しました。

 

ここからは心の曇ったブログ主の邪推でございますが・・同盟国である米国との関係を考えると、日本防衛省が防衛白書の『韓国との防衛関係に関する内容』を、米国側と何の相談も無しに削除したとは思えません。韓国政府とて、そういうところに気がついていないはずはありませんが・・政府側の声明にも関連記事にも、そういう指摘は一切ありません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (166)

“日本防衛白書、『韓国軍と自衛隊との幅広い防衛協力』初の削除、『北朝鮮の日本への核攻撃能力』初の明記” への76件の返信

  1.  日米韓三国の同盟で極東アジアの安定を築き、日本の安全保障を守るのが日本の基本政策だったはずです。言うまでもなく、日米安保、米韓安保条約が基底にあります。その上で、日本は、その関係を崩さないように韓国の無茶降りに譲歩させられ、言わば子守を押しつけられてきたと認識しています。

     日本がその枠組みから外へと踏み出したように見えますが、実は米韓関係の綻びの余波ではないかと思います。米国自身が米韓同盟維持が難しいと考え始め、極東アジア戦略を見直し始めた結果ではないでしょうか。日本の動きはそれに追随しただけと思います。少なくとも、日本が先頭に立ってそっちに引っ張ったと言えるような結果ではないと思います。

     韓国が日本に敵意を持つ外国として、朝鮮半島が日本への脅威として、今後の日本の外交政策上位置付けられる事が表に出た一つだろうと思います。少しずつ、ですが着実にそっちに動いている事に期待したいです。韓国を特別扱いするのはオシマイ。ホワイト国から無色国へ。日韓併合は精算済です。ツケは一切ありません。

  2. 韓国軍との幅広い協力などあり得ない。
    ブログ主さんには申し訳ないけれど間違いなく韓国は敵国です。
    旭日旗に対するいわれなき侮辱も許しませんよ。

  3. 「防衛省・自衛隊としては、韓国との幅広い分野での防衛協力を推進するとともに、連帯の基盤を確立するために努力する方針だ」ったんですが、それを拒んだのは韓国であって日本ではないです。

    韓国政府も韓国マスコミも現実を受け入れられないことが、後日自らを不幸に招くことになるとは今はまだ分かっていないでしょうね。

  4. うんまあ、そりゃ現実見てたらいかな本邦のお役人でもそう書かざるを得ないだろ、と言うことですな
    それだけ日本全土で韓国への不信感が高まっていると言うことかと
    既にとろいや師匠ご指摘の通り、ビーガン米国務副長官兼対北朝鮮政策特別代表がこの時期にわざわざ韓国経由で日本に来たのも、韓国に踏み絵を迫り、その結果を基に日本と以後の対応を協議した結果もありそうです

    いやあ、韓国、ソウル市長の葬儀云々で揉めてる場合じゃ無いと思うんですけどねえ?
    でも李朝末期、併合される直前でも、その前の超時空太閤ヒデヨシの朝鮮征伐の時も、現実無視して身内で相争ってましたね
    この前のエントリでじわたねほ様がご指摘されてましたが、「極直近の利のみを考え、僅かな長期的考えが出来ない」悪癖がここでも出ているように感じます
    「利よりも理で考える」日本がこう表明した、ってことは半島にとってかなりマズイと思うんですけどね

    1. 念のために
      「ビーガンうんぬん」は、私が指摘したのではないですが…

      せっかくだから、ネタにしました。
      「イルボンが、ウリナラを~~~」
      「アメリカも、これは承知してるはず…」
      「ビーガンの機嫌を損ねるような事を、しなかったか?」
      「そういえば、イスが安物だったような気が…」
      「それだ!」

      今、青瓦台では「ビーガン接待」の責任者が吊るされようとしているのです…

      1. 失礼しました

        先に指摘された 匿名 様 と とろいや師匠 にお詫び致します

        なお、とろいや師匠のネタは確実に現実になってるでしょうな
        というか、椅子はともかく外交関係でしくじったヤツは必ず詰め腹切らされますな、あの英国での「ライオンがじゃれついたらどうなるか、ごご理解下さい」の例もありますし
        それが命に直結しているかどうかが、特亜と他の世界との差でしょうね

      2. 「そういえば、ちゃんと野菜のみの食事にした?お肉入れてなかった?」
        「それだ!」
        今、青瓦台では「ビーガン接待」の責任者が吊るされようとしているのです…(エコー)

        (´ーωー) そのビーガンじゃなくて…ヴィーガン?

      3. 「大統領閣下、ビーガン接待の担当が、自殺しました」
        「責任を取ったのだ」
        「立派な人だ…」
        「チョッパリに殺されたも同然!」
        「英雄だ!」
        「国立墓地に葬るべきだ」
        「その前に、5日間の国葬を!」
        「それより、敵討ちだ!」

        「ABC今日のニュースです。韓国大統領府の貴賓室担当清掃係・パクさん(仮名)の死去により、険悪化していた日本と韓国が、戦争に突入しました」
        「なぜ、清掃係が死ぬと戦争になるのかしら?」
        「ベティ、ぼくに韓国人の考えが分かると思うかい?」
        「ああ、そうねジャック。誰にも分からないわね」
        「なお、ムン大統領は、キム委員長に支援を求めている、という情報が入っています」
        「ホワイトハウスは、どうしてるのかしら?」
        「みんなで、笑ってるってさ」
        「なぜなの?戦争なのよ」
        「韓国が、日本への宣戦布告と同時に、【日本に】軍需物資の援助を求めたのは知らなかったかい?」
        「(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!ジーザス!」

  5. 都合の良い事は変わらないと、井の中の蛙は、外を見ようとしませんでした。
    その間にすっかり周りの景色は、変わっていました。
    それでも、蛙達は井戸の淵だけを、気にしているようです。
    もう井戸を出ると、周りが敵で一杯だという事も知らずに。

  6. 来年の防衛白書では、
    「同盟国リスト」や「友好国リスト」からはもちろん、「周辺国リスト」からも、韓国が消えて、
    「敵対国リスト」にも載らず。

    「どこにもウリナラが載ってないニダ!」
    「心配するな、ここに載ってる」
    つ【絶滅危惧国リスト】

    1. いよいよですかね、ミサイルぶっぱ。
      空母も近辺に居ますので北爆もありえます。
      韓国に見切りを付けていれば、いつでも逝ける体制です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。