「ウリ」の恐ろしさ・・『パク市長は自殺で秘書を守ろうとしたのだ』

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

特にソウル市と親しかった与党関係者たちに、「ウリ(私側の人間)だから、なにがあっても擁護しなければ」という圧迫があるのは分かりますが・・「自殺で模範を示してくれた」「自殺することで、秘書を守ろうとしたのだ(うるうる」というやりすぎな発言があったので、紹介します。

ソウル市の行政副市長出身で、現共に民主党国会議員、ユン・ジュンビョン氏の発言です。京郷新聞の記事です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<共に民主党ユン・ジュンビョン議員が、朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長の極端な選択と関連して「故人は死によって、彼自身が描いてきたme too 処理の模範を実践した」とし、「故人の名誉をこれ以上毀損しないでほしい」と話した。ユン議員は、自分の文が議論になると、「被害者にこれ以上の2次被害がないように願う」と釈明した。

ソウル市行政副市長を務めたユン議員は13日、社会関係網サービス(SNS)に「非情な政界が、被害者の2次被害をは気にせずに、政治での得失を考えながらハイエナのように執拗に食い下がりそうだ」としながら、このように述べた。ユン議員はパク市長と親しい「パク・ウォンスン系」に分類される。

ユン議員はパク市長の死について「me too告訴の真偽に関する政界の論争と、その過程で被害者に発生するであろう2次加害などを防止するために、彼は死として答えた」と主張した・・

 

・・それとともに「故人が死を選んだ意志は、『me tooと関連した疑惑で告訴されたという事実だけでも恥ずかしく、謝罪する。告訴の内容の真偽攻防を通じて被害者に2次加害を加えないでください』というものではないだろうか」と語った・・>

https://news.v.daum.net/v/20200714084722883

なんかいろいろ言っているけど、結局は「セクハラが本当かどうか、これ以上調べるな」としか言っていません。ちなみにこの人、被害者(秘書)の記者会見とセクハラ情況説明などを「ソウル市で勤務したことあるから分かるけど、どっか不自然だ」と話すなど、自分で秘書の主張に疑惑を示したりしました。いまになって「秘書を守るために死んだ!もう調べるな!」とは、驚きです。これが、「ウリ」というものです。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (120)

“「ウリ」の恐ろしさ・・『パク市長は自殺で秘書を守ろうとしたのだ』” への43件の返信

  1. 恥知らずにもほどがある発言を繰り返す、共にセクハラ党が大統領と議会の圧倒的多数を握り、「慰安婦ガー」と騒ぎまくる国。
    「隣国だから友好を」はあり得ません。
    現在の断交状態の永続化を!
    それにしても日本のマスゴミは、全く伝えませんね。
    これがアメリカだったら、どんなことになるか。

  2. でも、被害者の女性は法廷に立って欲しかったと、この議員の屁理屈を否定しましたね。しかしこんな議員が当選する韓国っていったい何なんでしょうね。

  3. 公訴取りやめって言ってたけど、民事訴訟で慰謝料請求の時に困るんじゃないのかな?
    日本なら被疑者死亡の上で書類送検でしょう?
    民事訴訟にも証拠として使えるけど、捜査終了したら証拠はどうなるんだろうね。自分自身で証拠で犯罪証明しなくてはいけないんだろうな。

    1. 韓国に、日本の国賠法みたいなのがあるのか知らんけど、こゆのでイケないのかなw

      国家賠償法 抜粋
      第一条 国又は公共団体の公権力の行使に当る公務員が、その職務を行うについて、故意又は過失によつて違法に他人に損害を加えたときは、国又は公共団体が、これを賠償する責に任ずる。
      2 前項の場合において、公務員に故意又は重大な過失があつたときは、国又は公共団体は、その公務員に対して求償権を有する。

      民法上も、死者に賠償責任を求めることはできないでしょ。
      死によって「人」でなくなり、権利も義務も行使できないわけで。

      この辺、実務者(専門家)でないのであくまで素人考えですけどね。

  4. セクハラした→被害者が告訴→被害者を守るために自殺?
    ちょっと何を言っているかわからない
    振り出しの「セクハラ」さえなければ二次被害も何もないが?
    こんなのと外交で話し合うなんて無理

    1. 絶望的に意思疎通が不可能な相手です。まず価値観が共有されていない。次に論理が破綻している。常に自分勝手な理屈。己に都合のいい結論ありき。牽強付会で我田引水。さらにその臆面のなさ。

      セクハラがなければはおっしゃる通りで、そもそも「性獣すけべ市長」がサイコロを振り出さなければこんなアガリの双六そのものがなかったはず。

      うず高く積まれた書類の中で、執務に励む姿の市長が外から見えるよう、市長室にはわざわざ窓まで作らせておきながら、その奥には隠れ寝室がしつらえてあり、そこに秘書を呼び込んであれやこれやの「美闘士(me too)」してたわけで、思い描くダニおぞましい偽善者です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。