威勢がいいのは1月まで? 「NO JAPAN」、1~6月の金額ベースでは大した成果無し

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国では「逆らう奴は土着倭寇」ほぼ確定の、「NO JAPAN(日本製品不買運動)。韓国社会、特にネットではある種の国是のように威勢がいいですが、金額ベースで見た場合、大した成果は無かったというデータがありました。

特定の企業の売上を圧迫し、韓国人職員を減らす効果はあったかもしれないけど、今年1~6月(NO JAPANは去年7月から始まりました)の日本からの輸入額の減少は、日本以外の国からの輸入額減少と大差が無い、というのです。

以下、土着倭寇(違う)・聯合ニュースの記事から部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<今年上半期の日本製品の輸入減少が、他の地域と同様のレベルまで落ち着いたことが分かった。15日、関税庁が発表した「6月の月間輸出入現況確定値」によると、今年1〜6月の日本からの輸入額は220.0億ドル(約26兆4000億ウォン)で、昨年の同期間より24.1億ドル、9.9%減少した。この減少率は、全体の輸入減少率(9.0%減少)とほぼ同じ水準である・・>

https://news.v.daum.net/v/20200715102730975

 

記事内容をまとめると、こうなります。

・去年は、日本産の輸入額の減少率が12.9%。全体の輸入額の減少率が6.0%で、NO JAPANが始まった去年7月だったことを考えると、この時期は明らかに日本からの輸入が減っていた。今年1月にも、日本からの輸入額はが前年同月より21.8%も減少していた。

・しかし、今年2月になってから減少率が前年同月比で1.0%減少に落ち着き、3月にはむしろ1.9%の増加となった。1~6月で見ると、日本からの輸入額減少は9.9%。他の国も含めての全体の減少率は9%で、かなり落ち着いたことになる

 

あくまで記事のデータだけで見ると、威勢がよかったのは今年1月までだった・・ということになります。輸出管理を厳格化した品目があることも考えてみると、たしかに金額ベースではNO JAPANは『何も積んでいない荷車がうるさい(音はうるさいのに中身は大したことない)』だったと言えるでしょう。

日本企業の皆さんがNO JAPANを見る視点は、物が売れたかどうかだけではなく、「韓国は、こんなものが国家規模で起こる社会である」という側面ではないでしょうか。個人的にも、その方がもっと大事なことだと思っています。

とはいえ、1年近くも韓国が官民ともに日本不買凄い!日本不買凄い!とあれだけ騒いできたことを考えると・・なんというか・・・これを表現するための、すごく適切な単語があったような・・ああ、あれだ、そうそう、『まるでK防疫のようです』。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (155)

“威勢がいいのは1月まで? 「NO JAPAN」、1~6月の金額ベースでは大した成果無し” への57件の返信

  1. 今回のNO JAPANは官民挙げてのキャンペーンでしたからね。これまでは業者団体が日本製品不買運動を呼びかけたものの、政府との連携はなかったため、かけ声だけで終わっていました。ところが今回は、不買運動を呼びかけた団体の前代表が青瓦台の秘書をやっているのです。これはどうみても青瓦台の意思があったとみられます。ですから呼びかけが始まるや.共に民主党が首長の自治体がNO JAPANに呼応し、戦犯シールやNO JAPANの旗や垂れ幕まで公共物に掲げられ、学校でも日本製文房具追放運動まで行われることに。これに異を唱えると「土着倭寇」「親日派」と周りから批判される。みんな付和雷同するほかないのですよね。
    まあ、戦略物資3品目の輸出管理を厳格化しただけで文大統領が非常事態宣言を出した段階で、NO JAPANとリンクしていたのだと思います。

    今年度の日本からの輸入状況が元に戻っているというのは、やはり日本からの輸入がないとやっていけないという韓国の現実の反映だと思います。とくに韓国の輸出産業は日本製の生産設備や基本素材がないとどうにもできない。
    韓国のネット民たちは、アメリカ製やドイツ製に代替すればいいなんてお気楽なことを言っていますが、それほど単純な問題ではないのですよね。

コメントは受け付けていません。