「韓国は『生まれるべきでなかった国なのか』」という話

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

本ブログで書いてきた韓国左派(いわゆる「進歩派」)の考え方の一つに、『大韓民国は失敗作だ』とするものがあります。もともとは民族単位で南北ともに一つの国を作るべきだったのに、米国+李承晩のせいで南半分だけの「国家単位」でスタートしてしまった。だから、大韓民国は失敗作だ、というのです。国旗や国歌に抵抗感を示すのも、そもためです。

それと似たような表現を、実に久しぶりに韓国マスコミの記事から読むことができたので、紹介します。「文在寅大統領は『生まれるべきでなかった国』の大統領なのか」という、イメージ的にどこか本ブログっぽい題です(笑

以下、朝鮮日報から部分引用してみます。

 

 

(PCの場合、ここから「続きを読む」の後になります)

<・・(※左派勢力は、ペク・ソンヨプ氏が)1943年2月から45年1月まで間島特設隊に勤務しながら独立軍を討伐したと非難する。事実と異なる非難である。 1943年満州はそのような世界ではなかった。

現政権の中枢であるNL系列(※民族解放派民衆運動家たち)が1980年代「百戦百勝の常勝将軍」と教えられた金日成は、1940年10月23日、ソ連に逃げた。1942年、そこで金正日を産んだ。 1943年にも満州に討伐する独立軍が残っていたなら、1940年に満州を離脱した金日成は、臆病者だったに違いない。

 

大統領の沈黙に敷かれた意味を推測することはできる。大統領は昨年、海軍士官学校の卒業式で「海軍は軍の中で、日本軍出身ではなく、私たちの力で作った最初の軍隊だ」と言った。陸軍と空軍には正統性がないという意味だ。大統領が知っているかは不確かだが、進歩勢力の次の段階の論理は、「だから、大韓民国は生まれるべきではなかった国だ」というものである。大韓民国大統領が、このような論理に承服しているわけではないと、信じたい・・>

https://news.v.daum.net/v/20200717230952031

 

信じたい(意訳:信じてない)信じたい(チラチラ)信じたい(信 辞退)、といったところでしょうか。

この「大韓民国は失敗作」理屈だと、「じゃ、北半分も失敗作だろうが」になりますが、そんなことは誰も言いません。ここがまた、いかにも韓国らしいところでして。

なぜそれを誰も言わないのか?究極的には「言ってはならない」からですが(笑)、この考え方が韓国の民衆に『効いた』のは、韓国社会の『極端な二分論』にも理由があります。「韓国が生まれるべきでなかったのだ。だから北朝鮮が生まれるべきだったに決まっているだろう」として納得できたわけです。0と1しか無い世界だから、0が悪なら1は善なのです。韓国ですから。もともとこの『韓国は失敗作。正統性のある北朝鮮で民族国家を作ろうぜ』は、戦後の韓国では『下』の立場だった人たちを中心に広がった思想なので、『韓国なんか間違っている』という主張にハマりやすかったのかもしれません。

 

こんな話になると、いつも「反日は左派の陰謀」とする話がつきまといますが・・私はそんな見方には同意しません。反日は韓国の総意として存在してきたものであり、右か左かの問題ではありません。安保観が違うだけ。

日韓関係の破壊が『国家』としての大韓民国の立場を大いに揺るがすことであり、右派より左派が積極的なのは事実です。しかし、すでに70年代から北朝鮮の『反日は迂回的な反米になる』戦術はありました。しかし、そこまでわかっていてこの有様だから、現状を右のせいだとか左のせいだとかは言えないでしょう。今回のペクソンヨプ氏の件で見られる、『親日だからダメだとか言ってるけど、迂回的に反米・親北と繋がっている』心理も、まさにその一面であります。

もし文大統領及びその後継者が「韓国は生まれるべきでない国だ」という考えを持っているなら、次の段階は「どうすれば、連邦制『統一』に見せかけて、韓国を解体するのか」ということになりますが・・現状、まだそれは非現実的です。15年前よりはずっと現実的になりましたが、まだです。鍵となるのは、やはり在韓米軍の存在でしょうか。

 

 

 

※昨日から、「拙著のご紹介」がアフィリンク・楽天ブックスとなりました。急に設定を変えて申し訳ございません。

拙著のご紹介♨

以下、拙著のリンクは楽天ブックスリンク(アフィ)となります。リンク先は違いますが、すべてDL版(電子書籍)もございます。

・新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

「高文脈文化」日本の行間 ~韓国人による日韓比較論~ [ シンシアリー ]

価格:1,650円
(2020/7/17 18:06時点)
感想(0件)

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか 韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2020/7/17 18:10時点)
感想(0件)

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (147)

“「韓国は『生まれるべきでなかった国なのか』」という話” への111件の返信

  1. 日本や韓国の戦後体制の根源を探ると、
    アメリカの左巻き連中に行き当たる。
    (その先はソ連あたりかと思うけど)
    戦争中に多くの人が亡くなったが、
    彼らは他人を盾にしてまんまと生き残っていた。(流石第四列の男達)
    そして、終戦後に相対的に数を増した彼らの妄想を実現すべく日本や韓国に働きかけていた結果だ。
    彼らはヤバい現場には行かず、教育やメディアといった間接部門を押さえてその影響を広げていったわけだ。
    尤も、韓国においては朝鮮人の素質も有ってか激烈な反応しているけど・・・

  2. 世界をウリかナムか、上位者か下位者か、と二分する思考過程が二元論的な世界観に繋がってるんでしょうね

  3. 韓国にとって、反日が総意でありますが、それは、勢力の左右を超越した共通言語ってことで、「正解国家」の北朝鮮との共通言語でもあるわけですね。

    でも、それを外の世界にまで強制して、告げ口外交するから理解出来ないのですが
    韓国の立場において、北朝鮮は外国でなくて、身内だろ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。