韓国外交部、習近平氏の年内訪韓を進めると明言

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国のカン・ギョンファ外交部長官が、習近平主席の年内訪韓を進めることを「原則」とし、中国側も共感していると話しました。ただ、新型コロナ問題もあるので、具体的な日付はまだ未定だ、とも。以下、ファイナンシャルニュースの記事、部分引用してみます。

<カン・ギョンファ外交部長官は22日、国会対政府質問で習近平・中国国家主席の訪韓を、「今年内」という原則に基づいて推進していると述べた。カン長官は「新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の状況を見ながら適正な時期に推進するという立場を持っている」とし「具体的な日付けを決めているわけではない」と述べた・・

 

(PCの場合、ここから「続きを読む』の後になります)

・・最近、米・中の葛藤局面の中で、両国が韓国に選択を強要していることについて、カン長官は「多方面から圧力が上昇している」とし「択一ではなく拡大協力という原則に、官民外交戦略調整委員会を作り、これを支援するための組織も作った」と述べた(ソース:ファイナンシャルニュース、外部リンクです)>

 

6月末、国連人権理事会にて、キューバなど53カ国が中国の香港保安法を支持する声明を出し、イギリス、米国、日本など自由民主主義陣営の27カ国が反対する声明を出しました。中国は数で勝ったと勝利宣言したとのことですが(by朝鮮日報)、これは勝ち負けというよりは、『旗の色を示す』ものだったと見るべきでしょう。韓国は、どちらにも参加していません。

昨日は、ヒューストンにある中国領事館に、米国政府からの閉鎖要請があったとのニュースが流れました。中国領事館側は庭でなにかの文書を慌てて燃やし、消防車が出動したりした、とも。これは秘密文書を燃やしたものだ、と言われています(by聯合ニュース).

なんでこんなタイミングで「習近平氏の訪韓は今年内」という話が、長官の口から、しかも国会で出てきたのか。本当にそこまで「立ち位置」に関する自覚が無いのか・・

 

ここからはクモリ星人の邪推ですので、笑いどころです。ひょっとして、『いまだ。日本より先に韓国に来るようにしよう』とでも考えているのではないでしょうか。最近、日本では、自民党から習近平氏の訪日中止を要請する決議案が提出されたり、香港保安法・尖閣諸島関連で中国との対立が目立つなど、習近平氏の訪日そのものが事実上キャンセルされたのではないか、少なくとも年内は無理だ、という流れになっています。だから、「いまだ!国会で長官が言っておけば中国にも届くだろう」と・・・いや、邪推です、邪推。

 

 

 

拙著のご紹介♨

以下、拙著のリンクは楽天ブックスリンク(アフィ)となります。リンク先は違いますが、すべてDL版(電子書籍)もございます。

・新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

「高文脈文化」日本の行間 ~韓国人による日韓比較論~ [ シンシアリー ]

価格:1,650円
(2020/7/17 18:06時点)
感想(0件)

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか 韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2020/7/17 18:10時点)
感想(0件)

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5