韓国紙「条約を論拠とするのは楽観論だ!」

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

世界日報が、『基本条約で賠償問題は終わったとする日本の態度は、楽観論にすぎない』とする主張を展開しました。記事によると、日本のフジTVネットワークが『韓国は(日韓関係の現状が分かっていないという意味で)楽観的すぎる』と報道した、とのことでして。その表現に対する反論(?)になります。

以下、部分引用してみます。

<韓国最高裁の徴用工強制動員賠償判決に日本企業の韓国内の資産の強制売却の手続きが進んでいる中、日本のマスコミが「賠償責任がない」と従来の立場を繰り返しながら、問題の原因を韓国にあるとし「韓日関係が崩壊」に至っているという主張を展開した。メディア報道によると、日本政府のある関係者は「韓日関係が根本的に崩れる意味を、韓国政府は理解していないのではないか」は嘆いたという・・

 

(PCの場合、ここから「続きを読む』の後になります)

・・徴用工判決後、国内の日本企業の資産売却は韓日関係を崩すことなのに、これを韓国政府は理解しておらず、強硬な立場をとるという嘆きである。メディアもこの点を指摘して、韓日関係が崩壊する危険性を適切に判断しているのかどうかは、疑問だとした。日本企業の資産売却が現実化すると、日韓関係がさらに悪化するという日本政府の立場を繰り返すものである。

 

韓国が1965年、日本と再び国交を結んだ協定で請求権の3億ドルと経済借款2億ドルの支援を受ける代わりに、植民地支配の被害に対するすべての賠償を放棄することを約束したのは事実だ。日本に強制徴用、徴兵、慰安婦にされた被害者が日本企業や政府を相手に被害賠償を要求すると、日本は韓日協定(※基本条約)ですべての賠償はもう済んでいると主張している。

ただし、徴用過程で多数の不法行為が発生し、これに対する賠償責任が韓日請求権協定に含まれていなかったとする韓国最高裁判決を尊重し、受け入れる必要がある。韓国の裁判所の判決を過去の協定で済んだことだと主張し、無視することこそ、楽観ではないだろうかと疑わずにはいられない(ソース:世界日報 外部リンクです)>

 

慰安婦合意のことで「『解決』と書かれた合意を破棄することが解決の始まりだ」とする記事を紹介したばかりです(一つ前のエントリー)。今度は、解決と書かれた国家間条約を論拠とするのは『楽観すぎる』、と。

この件もまた、何度も何度も出てきたことですが、韓国で「ウリ(私たち)」の連帯意識の根幹とされる「情(ジョン)」は、「法」の反対概念です。徹底的な「私」の集団を守るためのものであり、それは「公(社会)」の反対概念でもあるわけです。ウリがナム(この場合、ウリ以外のすべて)より上でなければならないのと同じく、情は法より上でなければならなりません。だから、最高の情は、仲間の違法をかばうことです。この点、『なぜ韓国人は借りた金を返さないのか』でも重点的に論じました。

韓国は、必要な時だけ、善悪論を「情」のように使い、日本にも似たような対応を要求します。条約よりもっと大事なことがあるだろうが、と。「韓国に対する愛情はないのか」とでもいいましょうか。

言い換えれば、法、すなわち基本条約は、韓国の情アタックの天敵です。だからこそ条約による「最終的に解決」主張は韓国にとってもっとも聞きたくない言葉であり、韓国人がこの日本の主張に同意するのは、『最悪の薄情者』、韓国というウリを裏切った者でしかないわけです。パミョパミョ(破墓)にしてやんよ、になります。

 

 

 

まだまだ気の早い話ですが、次の本はまた元のテーマに戻って、『反日 異常事態(仮)』という題になりそうです。新型コロナ関連で韓国で盛り上がっている内容がメインとなります。特に、「『日本人でごめんなさい』と言え」など、いままでなら公然と出てくることはなかったはずの表現(普通、韓国はここまでハッキリ言いません。責任回避が難しくなるので)が増えていることなど、今までの反日とは違う、明らかに日本を見下す社会雰囲気と、その矛盾点、そしてそこから「韓国の言う『国格』こそ、韓国と中国の価値観を共有している証拠」など、関連した様々な考察をしていきます。後で正式に紹介致します。(・∀・)ノ

拙著のご紹介♨

以下、拙著のリンクは楽天ブックスリンク(アフィ)となります。リンク先は違いますが、すべてDL版(電子書籍)もございます。

・新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

「高文脈文化」日本の行間 ~韓国人による日韓比較論~ [ シンシアリー ]

価格:1,650円
(2020/7/17 18:06時点)
感想(0件)

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか 韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2020/7/17 18:10時点)
感想(0件)

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5