三菱重工、スタンス変えず・・韓国の裁判で「違法行為の証拠など無い」

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

例の「K(強制)動員」とやらで損害賠償を請求された三菱重工。約1年間、裁判に出席しませんでしたが、昨日(23日)は裁判に訴訟代理人を立てました。

1年ぶりということで、韓国内の一角では三菱重工側の態度に微妙な変化があるのではないか、という予想もありましたが、幸いなことに、スタンスに差は無かったようです。

以下、ハンギョレ新聞から部分引用します。

<日本戦犯企業三菱重工業が1年ぶりに強制動員被害者たちの慰謝料請求訴訟裁判に出席したが、責任を回避し、遺族の怒りを買った。

 

(PCの場合、ここから「続きを読む』の後になります)

23日、光州地裁民事14部は日本の強制動員被害者12人が三菱重工業を相手に提起した損害賠償請求訴訟の裁判を開いた。昨年4月に被害者が訴訟を提起した後、同年10月から今年5月まで4回裁判の期日が決まったが、三菱がすべて欠席し裁判が行われてなかった。光州地裁は、被告側代理人がいない状態で裁判を進行する欠席裁判を予告し、三菱が一歩遅れて訴訟代理人を選任、今回の裁判が開かれることとなった。

三菱側の法律代理人として選任されたキム・ヨンチュル弁護士は「強制徴用当事者が亡くなった状況で、遺族の原告が損害賠償を請求することができる権限を持っているのかどうかを考えないといけない。不法行為の証拠がなく、1965年の韓日協定で個人の請求権も消滅し、請求権も時効で消滅した」と主張した・・(ソース記事:ハンギョレ新聞、外部リンクです)>

 

裁判の後、被害者(?)側の人は「お金がほしいわけではない。おじいさんのハン(恨)を晴らしたい」と話しました。さぁ、どうでしょう。私は、韓国の言う「恨」も「情」も、結局は「欲(ヨク)」すなわち物欲の現れにすぎないと思っていますが。

 

 

 

拙著のご紹介♨

以下、拙著のリンクは楽天ブックスリンク(アフィ)となります。リンク先は違いますが、すべてDL版(電子書籍)もございます。

・新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

「高文脈文化」日本の行間 ~韓国人による日韓比較論~ [ シンシアリー ]

価格:1,650円
(2020/7/17 18:06時点)
感想(0件)

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか 韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2020/7/17 18:10時点)
感想(0件)

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5