韓国・文化体育観光部長官「日本は約束を破って嘘をついている。中国と連帯する」

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

文化体育観光部長官が、いわゆる軍艦島関連で、ブルームバーグに「日本は嘘をついている」「日本は約束を破った」「アジア各国と連帯していく」と話しました。端島の件だけでなく、他の件でも連帯していく、とも。

アジア各国といっても、あるとしても中国じゃないのか?と思いましたが、記事の最後に「中国のことだと思われる」と素直に書いてありました(笑

まず、『事実と異なると把握している』や『私たちとは認識が違う』ではなく、『嘘』『約束を破った』などをビシッと話しているところが、尋常ではありません。以下、ニュース1の記事、部分引用してみます。

 

(PCの場合、ここから「続きを読む』の後になります)

<パク・ヤンウ文化体育観光部長官が、日本植民地時代の強制徴用などに関する日本政府の度重なる歴史歪曲に対抗し、他のアジア諸国との共同対応を模索すると発表した。パク長官は24日、米国ブルームバーグ通信とのインタビューで、日本の長崎県端島、別名「軍艦島」関連の歴史歪曲と約束破棄問題について、「日本が歴史歪曲を続ければ、韓国は他のアジア諸国と一緒に対応する。(日本と関連した)他の問題も同じ」と述べた・・

 

・・パク長官は今回のインタビューで、「(日本は)朝鮮人がまるで自発的に仕事をしたように、その過程で強制性はなかったかのように端島の状況を描写している」とし「これは明白な嘘だ。深刻な歴史歪曲であり、日本は当初の約束を破った」と繰り返し批判した。

パク長官は「日本が端島で行われた人権侵害を公然と認めない限り、国際社会の批判を避けることができないだろう」とし「私たちは、今後も継続してこの問題について議論する。私たちは、この問題が今後、日本との交流にも影響を与えると思う」と語った。

また、彼は「私たちは(日本との関係で)今、私たち(韓国)と同じような状況に置かれた他の国々も当然助ける(※文章が不自然ですが、とりあえず直訳しました。『~とも共助する』のほうがいいのでは?)」とし、他の国々との連帯の意思も再度明らかにした。

ブルームバーグは「パク長官は連帯対象国を具体的に言及しなかったが、中国が長い間、日本の過去の歴史問題について批判的な声を出してきた」とし、韓中両国の連帯の可能性を予想した(ソース:ニュース1、外部リンクです)>

 

 

中国としては、端島のことはどうでもいいと思いつつ、韓国が中国側に引き寄せるために「そうだよねーそうだよねー」と応じてくれるかもしれません。でも、中国は嘘においても、ちゃんと得失を考えて動くところがあり、そこが韓国との差でもあります。それが、いままで韓国が「アジア各国(中国)と連帯する」と何度も言いながら、うまくいかなかった大きな理由でもあります。

とはいえ、長官自ら「嘘」「約束を破った」と言いたい放題。できれば、日本政府も(できれば同じブルームバーグあたりに)反論ぐらい載せてほしいものです。

 

 

 

拙著のご紹介♨

以下、拙著のリンクは楽天ブックスリンク(アフィ)となります。リンク先は違いますが、すべてDL版(電子書籍)もございます。

・新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

「高文脈文化」日本の行間 ~韓国人による日韓比較論~ [ シンシアリー ]

価格:1,650円
(2020/7/17 18:06時点)
感想(0件)

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか 韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2020/7/17 18:10時点)
感想(0件)

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5