(※追記しました)北朝鮮、開城を完全封鎖?「南側からコロナ患者が入ってきた」

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

別のネタにする予定でしたが、韓国側から大きく報道されて速報だけでもいくつも上がってきて、本件で更新します。

急に北朝鮮が『南側(韓国)から新型コロナ患者が越北(韓国から北朝鮮に渡ること)してきた』とし、非常事態を宣言しました。ソウル新聞の記事によると、開城(ケソン)を封鎖したそうです。開城は南北交流が活発だった場所で、開城工業団地があり、南北事務所もある・・あった場所です。

以下、ソウル新聞の「北朝鮮『コロナ疑い患者越北』・・開城完全封鎖」という記事から部分引用してみます。

 

(PCの場合、ここから「続きを読む』の後になります)

<北朝鮮、金正恩委員長は26日、労働党中央委員会政治局の緊急拡大会議を緊急招集してコロナ19と疑われる脱北者が開城を介して越北したことに応じての措置として、国家非常防疫体系を「最大の緊急体制」に転換することにしたと朝鮮中央通信が26日報道した。

中央通信は「開城市で悪性ウィルス(コロナ19)に感染したと思われる越南(※韓国への)逃走者が、3年ぶりに不法に境界線を越え、7月19日帰郷する緊急事件が発生した」と伝えた。

 

3年前に韓国に来た脱北者が去る7月19日、軍事境界線を越えて開城から北朝鮮に入ろ、彼はコロナ19が疑われる患者という主張なであり、確認が必要な部分である。

通信は「彼を徹底的に隔離、過去5日間、開城市で彼と接触したすべての対象と開城市経由者を徹底的に調査掌握して検診・隔離措置している」とした・・(ソース記事:ソウル新聞、外部リンクです)>

 

 

越北そのものが嘘なのか、事実なのか(韓国側が把握できないでいるだけなのか)はまだ分かりませんし、記事本文にもありますが確認が必要な部分です。

しかし、この措置で考えられるのは、いくつかあります。大げさではあるが本当に防疫のための措置である可能性、なにかの理由で該当地域の住民たちに対する監視および統制を急に強化する必要があった可能性、実は新型コロナが結構流行っていて、それを韓国のせいにするための策、などなどです。また、場所が開城となると、文政府が必死に主張していた『韓米ワーキンググループを介さない南北交流』とやらも、しばらくはダメになりました。

 

※追記※ 『コロナ疑い』の越北者とは、3年前に脱北して韓国に来た20代男性A氏だったことが分かりました。同じ脱北者女性に対する性犯罪の疑いで、被疑者の立場だったそうです。男性の知人が『Aが越北したと思われる』と警察に知らせたにもかかわらず、韓国の警察は相手せず。彼の越北には、韓国軍も北朝鮮軍も気づかなかったことになります。

 

 

最近、本ブログ、拙著の広告関連でアマゾンと楽天の間で落ち着きのない姿を見せています。本当に申し訳ありません。最終的にどうするかはもう少し後で決まることになりそうですが、せめて今までより読みやすい配置にできるよう、頑張ります。

拙著のご紹介

以下、拙著のリンクはアマゾン(アフィ)リンクとなります。リンク先でDL版(電子書籍)も選択できます。

・現在、最新刊は<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論(2020年5月31日)>です。私なりの『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。他のシンシアリーの拙著については、リンク先の内容紹介、または本ブログの書籍紹介ページをご覧ください。ニューコリアは、私の書いた本ではありませんが、ブログを立ち上げるきっかけになった本です。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5